【2017】皐月賞の回顧

【2017】皐月賞の回顧です。

牝馬による皐月賞制覇の偉業は達成されませんでしたが、出走したことで非常に盛り上がった一戦となりました。

それにしても勝ち時計がコースレコードタイという驚きの高速馬場でしたね。内を通った馬と先行していた馬以外はほぼチャンスが無かったレースとなってしまいました。

何回レース前に戻ったとしても、私にはこのレースを当てる予想は出来ない、まさに完敗でした。

先週の馬券では、土曜日に11番人気の人気薄が好走してくれたおかげで十分プラスに。

日曜日は記事に書かなかったレースで、阪神9R2着のノーブルルージュが好走したので半分ほどは回収。こちらも11番人気の穴馬だったので記事にしとけよって話ですね。

日曜の記事にしたレースは大外れですし|д゚)

阪神9Rに関しては相手馬がほとんど分からなかったので、記事にするとそっけなくなり過ぎるかなと思ったのもあります。

今後は気になる馬のリストでも作ってみようかな…需要があるのか分かりませんけど(‘ω’)

スポンサーリンク

皐月賞の回顧

勝ったのは昨年に続きディープインパクト産駒のアルアイン、流石クラシック最強血統ディープインパクトの底力です。

勝負所で反応が今一つでしたが、ペルシアンナイトのタックルにも怯まずに直線に入ってからもしぶとく伸び続け、ペルシアンナイトを僅かに抑え込みました。

これで5戦4勝と、唯一敗れたレースにしても重馬場で不利もあったレースということで、まだ底を見せていないとも言えそうです。

しかし過去上がり最速で勝ったのは新馬戦だけで、王道のディープ産駒というタイプでは無いでしょう。

ダービーではもっと切れるディープ産駒が上位に来る可能性は高いと思います。

ペルシアンナイトは内々を上手く立ち回り、最後までロスのほとんどない競馬でしたがあと一歩及ばず。

正直ハービンジャー産駒がここでこれだけ走るとは思いもしませんでした。やはりこの馬を簡単に退けたソウルスターリングのレベルも相当なのでしょうね。

終わってみれば池江厩舎のワンツー、池江調教師は「ローテーションで馬は変わる」と発言されているので、まさにそれを証明した皐月賞でした。

2頭とも1600~1800mだけしか走らせていないですからね。今後も高速馬場の皐月賞ではこのようなローテーションを重視する必要がありそうです。

今回はかなり展開的にも上手く噛み合った部分がありそうで、ダービーでも人気するようならあまり信頼はしたくないと考えています。

ダンビュライトの3着にはかなり驚きました。

ルーラーシップ産駒はあまりゴミゴミしたレースには向かないと思っていたので、中山他頭数の重賞で上位に来るとは…

ただしこちらもやはり展開面で大きなアドバンテージがあったことは間違いなく、今後の課題評価は危険でしょう。

ファンディーナは直線入口では手応えも良く、ぶっちぎりまであるのか?!と一瞬思いましたが伸びず。やはりこれまでとは一変した流れが影響したように思います。

ラスト200m辺りで内のアルアイン、外のダンビュライトに挟まれる形になった後に走る気を無くしたようにも見えなくはないです。

はっきりとした原因は分かりませんが、これまでのパフォーマンスを見る限り完全な力負けとは思えないので、この敗戦を糧にしてダービーに挑戦して欲しいですね。

レイデオロは後方にいた馬が軒並み外に出していく時に、ひたすら内を回ってロスを抑え、流石ルメールと思わせる好騎乗でした。

今年初戦ということを踏まえると当然ダービーではかなり人気を集めそうですが、内を通った分の5着とも言えそうで、評価的には難しいです。

スワーヴリチャードは通った位置を考えると、今回一番強い競馬をしたのではないでしょうか。

完全に外からの追い込みは厳しい馬場状態でしたし、ダービーでも有力馬として考えてよさそうです。

ただし、鞍上込みでこのような競馬になりやすい点は考慮しておきたい。ダービーでも内枠先行有利な馬場になりやすいですから、外枠から追い込みに賭けるようなら今回と同じような結果になる可能性も高そうです。

ダービーでは思い切って先行したら面白いのではないでしょうか…せえへんか。

ウインブライト・カデナ・サトノアレス・アウトライアーズは完全に展開と馬場に泣いた形。

特にサトノアレスは着順こそ悪いですが、上がり最速で0.6差ならダービーで狙ってみたくなります。人気もさらに落とすでしょうしね。

今回も無敗馬が苦汁を味わう結果となりました。

個人的にはファンディーナを上位評価したことに悔いはないですし、歴史的偉業達成の応援をしたい気持ちで馬券を買うのは良いでしょう。

しかしこのようなタイプの人気馬に大金を突っ込む事は絶対にしてはいけないです。むしろ何事も身の丈に合わない大勝負なんかはするもんじゃないです。

牡馬牝馬クラシック初戦が終わり、ともに混戦模様となってきました。

オークス・ダービートライアルからも本番で上位に入れそうな馬が現れるかも知れませんし、1か月後がまた楽しみですね!!

スポンサーリンク
お買い物は楽天市場で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする