【2017】皐月賞②

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

牡馬クラシック第一弾皐月賞の展望です。

昨日は皐月賞の傾向を探っていきましたが、今回はnetkeibaの予想オッズ順に各馬の考察をしていこうと思います。

スポンサーリンク

皐月賞の展望

予想オッズの1番人気はファンディーナ。

父ディープインパクト×母父ヌレイエフ系はミッキークイーンと同配合で、他にもマーティンボロやアルバートドックと言った重賞勝ち馬を輩出している好相性の配合。

3戦3勝全てが全力を出さずも圧勝している世代最強候補。

無敗馬が必ずしも怪物級では無い事は、この数年のクラシックだけでも思い知らされる事実ですが、予想オッズでは3.6倍。

これなら本当の怪物級と信じて単勝に賭けるのもアリと思えるオッズですね。(私はやりませんけど)

馬体重も500kgを超える大型馬で、走るディープ産駒の条件としては文句なし。

過去の傾向からも前走最速上がりで1着のディープ産駒は好走率も高い。

不安点は今まで速いペースを経験していない事と、今の中山がディープ産駒にはあまり合っていない2点でしょう。

2番人気はスワーヴリチャード。

今年の当たり種牡馬ハーツクライ産駒で、近年大活躍の共同通信杯からのローテーション。

2着を外していない堅実な成績ですが、どうにもレースレベルが高かったとは思えない。

ハーツ産駒の牡馬が3歳の早い時期から活躍するイメージもあまり無いので、上位人気で危険そうなのはこの馬かな…と思いますね。

3番人気はカデナ。

父ディープ×母父フレンチデピュティは昨年のダービー馬マカヒキと同配合。

なんとなくスケール感を感じないものの、これまで全て上がり最速は能力が無ければ不可能。

弥生賞1番人気1着、前走上がり最速で1着のディープ産駒と、データ的には買える馬です。

ファンディーナ同様、今の馬場状態をこなせるかどうかがポイントです。

4番人気はレイデオロ。

父キングカメハメハ×母父シンボリクリスエスで2戦続けて中山2000mを楽勝。

臨戦過程があまり順調では無かったようなのが気になりますし、キンカメ産駒も皐月賞と相性が良い訳では無いです。

こちらも鞍上は2年連続桜花賞を断然人気でコケたルメール。悪い流れを引きずるのかどうか。

同舞台で2連勝しているものの、レースレベルが高くなさそうだった事も気になります。

血統・生産牧場・厩舎・騎手ブランドで人気するようなら喜んで消したいと考えています。

5番人気はペルシアンナイト。

父ハービンジャー×母父サンデーサイレンスで、ハービンジャー産駒とは思えない安定感と末脚のキレを持っています。

しかしこれまで3戦連続1600mを走っているローテーションはあまり好感は持てない。

鞍上も先月は神懸っていたものの、ここに来て一休みしているデムーロですし、過剰人気する可能性が高いですね。

アイビーSでのエトルディーニュを物差しにすれば、スワーヴリチャードと互角と見れるかも知れません。

しかしエトルディーニュ自身のレベルに疑問符が付くので、相対的にこの馬も上位評価はしたくないです。

そもそもハービンジャー産駒をクラシックで上位評価なんて出来ない!!

以上です。

上位人気ではディープ産駒の方が期待出来るんじゃないかと言う気がします。

中山の定石では無いですけどね…クラシック最強血統である所以を見せていただきたい。

明日は6番人気以降の馬を見ていきたいと思います。

株式投資のブログを始めました。

株式ですがギャンブル要素が高い売買をするのでは無く、将来に向けての資産形成を誰もが出来る方法で紹介していますので、興味ある方はご覧になってください。

米国株で成り上がる

スポンサーリンク

フォローする

楽天市場