【2017】フローラSの傾向と展望

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2017】フローラSの傾向と展望です。

オークスへ向けて事実上勝負になるステップはこのレースがラスト。

賞金を持っている馬のステップレースなのか、権利を取るための勝負駆けなのかを見極めることが重要になりそうです。

過去の傾向

過去10年、人気馬は安定して好走馬を出しています。

しかし単勝50倍を超えるような大穴も複数好走しているので、一筋縄ではいかない難解なレースと言えそうです。

このレースも内枠が有利になりやすく、穴馬はほぼ内枠から出ています。

力のある馬であれば外から差すことも可能ですが、馬券的妙味でいえば狙いは内枠ですね。

血統的にはディープとTサンデー系の2強

特にTサンデー系×母父欧州型ノーザンダンサー系orロベルト系が優秀です。

父がバリバリのスタミナタイプという馬ではスピード負けしてしまうので、狙いはサンデー系中心が良いでしょう。

前走500万下条件だった馬が優秀な成績で、レース番組の構造上ほとんどが距離延長馬となりますが、短縮馬はかなり有利なステップの可能性はあります。

短縮馬は過去10年で3頭しかいませんでしたが、うち2頭が好走、しかも1頭は18番人気の超人気薄でした。

条件戦で2着以下だった馬でも好走しているので、実績だけで判断はしない方が良いでしょう。ただし前走10着以下に負けているような馬ではさすがに厳しいです。

前走OPクラス以上だった馬全体では回収率は悪いです。

特に後方からの競馬をしていた馬の成績が悪く、3角で出走馬の1/2頭より後ろだった馬で馬券になったのは31頭中3頭だけ。

その3頭は前走上がり最速という共通点がありました。

全体として延長馬が多いですが、前走1800mだった馬を中心に狙うのが良いでしょう。

1600mからの延長では馬に大きな負担が掛かる、3歳牝馬にとって東京の2000mはタフなのでしょうね。

フローラSの展望

それではnetkeibaの予想オッズ順に考察していきます。

1番人気はフローレスマジック。

父ディープ×母父ストームバード系で、重賞で2戦続けて好走。桜花賞には出走せず、オークスに照準を絞ったローテーションになります。

ラキシスやサトノアラジンの兄弟で、素質は上位ですし、それなりの力はあるでしょう。

しかしマイルしか経験が無いことを踏まえると絶対視するのは危険。血統ブランドで過剰に人気しそうですしね。

賞金的にまだ出走が確定的ではない…かな。調べても分からなかったのでなんとも言えませんが、出走権を確保出来るレベルの仕上げはするでしょう。

単勝期待値は高くないが、ムリに嫌うのも難しいという扱いでしょうか。

2番人気はホウオウパフューム。

父Tサンデー系×母父キングマンボ系で、前走は中山2000mの条件戦を勝利。

後方からの競馬が多いのはあまり良い材料ではないです。

過去のレースレベルにも疑問ですし、やや人気先行かと。

3番人気はディーパワンサ。

父Lサンデー系×母父レッドゴッド系で、前走はフラワーCで人気を裏切る6着敗退。

父ディープブリランテは現状短距離、中でも1400mの成績がダントツで優秀。

根幹距離<非根幹距離なので、瞬発力よりパワーと持続力で押し切るレースに向いている可能性が高く、このレースの適性とは少し違うと見ています。

4番人気はアドマイヤローザ。

父ハービンジャー×母父ヴァイスリージェント系で、前走はエルフィンSで2着。

祖母はアドマイヤグルーヴという良血で、実績以上に人気しやすいタイプでしょう。

前走マイルからの参戦はプラスでは無く、人気なら軽視する方向で考えています。

5番人気はタガノアスワド。

父Dサンデー系×母父ヌレイエフ系で、前走は完全に勝ちパターンだったところ、ファンディーナの鬼脚に屈します。

血統的にはあまりピンと来ませんが、ローテーション的には上位人気の中では好感出来る。

逃げた経験しかないことは不安ですし、本命には出来ませんが相手には買っておきたい。

ここからは6番人気以下で気になる馬をピックアップ。

ビルズトレジャーは果敢に牡馬相手の重賞にチャレンジ。大きく崩れたわけでもなく良い経験を積んだのではないでしょうか。

母父エルコンドルパサーはスタミナの塊で、タフな条件もこなせる可能性十分。

ムーンザムーンは距離短縮馬。

血統的には不安がありますが、人気と枠次第では狙ってみるのも面白そう。

モズカッチャンは前走1800mで好位から押し切り。

パッと見の時計は平凡ですが、当時は時計がかかる馬場で、同日の古馬1000万下条件よりも速く、レベルが低いわけでは無いでしょう。

ハービンジャー産駒の中山→東京というのが個人的には狙いづらいですが、これも人気と枠次第ですね。

ヤマカツグレースもハービンジャー産駒ですが、ローテーション的には悪くない。

ある程度人気はしそうですが、上位人気が微妙なのでこの馬も候補に入りそうです。

以上です。

株式投資のブログを始めました。

株式ですがギャンブル要素が高い売買をするのでは無く、将来に向けての資産形成を誰もが出来る方法で紹介していますので、興味ある方はご覧になってください。

米国株で成り上がる

スポンサーリンク

フォローする