【2017】マイラーズCの傾向と展望

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2017】マイラーズCの傾向と展望です。

京都競馬場では高速馬場の内・前有利な状況が多いですが、今年も同じような狙いで通用するのでしょうか。

年明けの開催では例年よりは差しが利きやすい馬場だったと思うので、しっかり状態を把握する必要がありそうです。

過去の傾向

過去10年、1・2番人気の成績は悪く、代わって3番人気の好走率が高いです。

まぁピンポイントでの人気で考えても意味はないですが、人気馬は近走の成績が良いことがほとんどなので、近走の成績をそのまま鵜呑みにするのは危険ということは言えそうです。

枠で見ると外枠に入った馬の好走例が多く、一見ほんとに内枠有利?と思いそう。

しかし外枠の逃げ・先行馬が活躍しており、差し馬で好走しているのはほとんどが人気馬。その人気馬でも勝ち切れず2・3着が多いことが、内有利の証明と言えるでしょう。

どのレースでもそうですが、内枠が有利というより、内を通る馬が有利ということです。

血統で注目なのはリファールの血を持つ馬。ディープインパクトもリファールの血を持っているので好走馬は多いです。

あとはスピード型のPサンデー系が優秀。

キングマンボ系やミスプロ系などはパワーがある分、軽い高速馬場適性で若干劣るといった感じでしょうか。

好走馬のうち、半数近くが前走で6着以下に負けていた馬というのも特徴的です。

そのなかで勝負にならなそうな人気薄を除いた馬では、前走人気を裏切った馬が巻き返すというケースがほとんど。

前走5番人気以内だった馬ならベタ買いしてもプラスになっています。

前走好走馬で馬券妙味があるのはOP特別に出走していた馬。そのなかでも前走3角で5番手以内と先行してい馬は狙い目です。

別に5番手以内じゃなくても先行力があるタイプを狙いたいですね。

マイラーズCの展望

それではnetkeibaの予想オッズ順に考察していきます。

1番人気はエアスピネル。

父キングカメハメハ×母父サンデーサイレンスで、前走は東京新聞杯で3着。

人気を裏切る形となりましたが、大幅距離短縮後の一戦で、ペースも重賞では考えられないほどのドスローで力負けでは無いです。

現状のマイル戦線では主役となり得る馬で、ここも特に嫌う要素はなく、馬券になる確率は高いでしょう。

2番人気はイスラボニータ。

父Pサンデー系×母父グレイソヴリン系で、長らく勝利からは遠ざかっていますが常に堅実な走りを見せています。

こちらも安定感抜群で、単系では買いたくないですが馬券から外すのは得策ではない。

むしろ単系の2・3着付けで狙うのが正しい付き合い方でしょうか。私はやりませんけど。

3番人気はブラックスピネル。

父ロベルト系×母父ミスプロ系で、前走はいきなりの逃げで超ドスローに持ち込み勝利。

逃げた後にどのようなレースをするのか難しいですが、外枠なら少し怪しいか。

ロベルト系は休み明けが苦手な産駒も多いので、思い切って消すのもアリ…か?

そこまでの不安材料も見付けられないので何とも難しいです。

4番人気はプロディガルサン。

父ディープインパクト×母父ストームバード系で、前走は金鯱賞で0.3差の7着。

差し馬が上位を多く占めたことを考えると、先行して粘ったのは力の証明。

ディープ産駒で母系もスピードタイプなので、京都の高速マイルは良い舞台だと思います。

5番人気はフィエロ。

父ディープインパクト×母父ダンチヒ系で、前走は初のスプリント戦で追い込むも5着まで。

この馬も堅実に最後は伸びる馬で、消す要素を探すのは難しい。

近走は人気がやや落ち気味なので、展開が向くことに期待して買うのもアリではないでしょうか。

ここからは6番人気以下で気になる馬をピックアップ。

ヤングマンパワーは前走2番人気で6着と人気を裏切る形に。

究極のスローだったので、瞬発力勝負では分が悪い当馬にとっては展開不向きでした。過去の傾向的に狙えるのはこの馬でしょう。

以上です。

マイラーズCは上位馬が強そうです。無理に馬券を買う必要も無いですし、他のレースを狙いたいですね

株式投資のブログを始めました。

株式ですがギャンブル要素が高い売買をするのでは無く、将来に向けての資産形成を誰もが出来る方法で紹介していますので、興味ある方はご覧になってください。

米国株で成り上がる

スポンサーリンク

フォローする