【予想】エリザベス女王杯・福島記念

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エリザベス女王杯と福島記念の予想です。

武蔵野ステークスは◎と注目馬のワンツー。

3着アキトクレッセント…買えねえよ!!

わざわざ本命馬が好走したときに謎の伏兵が走るのは勘弁してもらいたいです。

エリザベス女王杯

【予想】

◎10 ミッキークイーン
〇5 モズカッチャン
▲16 ヴィブロス
△7.13.17

本命は能力なら牝馬No1候補のミッキークイーン。

展望ではC評価としましたが、推定6番人気ということで休み明けのリスクよりもリターンが上回り、B評価へ格上げとします。

強豪牡馬との対戦となった有馬・宝塚記念でも好走しているように、能力面なら間違いなくトップクラスです。

枠も極端すぎず、状態面さえまともなら最有力候補でしょう。

対抗は注目馬モズカッチャン。

前走は最も強い競馬をしての3着で、上手くハマったディアドラを逆転する可能性は高いと思います。

内枠に入ったのもプラスで、G1請負人のデムーロが本気を出すことでしょう。

やや時計が掛かり気味な馬場もプラスです。

三番手はヴィブロス。

特に嫌う要素がなく、好走確率はかなり高いと見て展望ではA評価としましたが、外過ぎるのが少しだけ気掛かりです。

大崩れする可能性は考えにくいですが、勝ち切れる可能性も下がったと思いますのでB評価へ格下げ。

まぁ余程の不利がない限り、3着までには来るんじゃないでしょうか。

以下、上記以外の評価と短評です。

1 クインズミラーグロ:C

前走はそれまでの好走ストレスもあり、人気を大きく裏切る敗戦。

今回はストレス薄れますが、極端な内有利馬場で恵まれないと厳しそう。

2 ハッピーユニバンス:D

前走が初重賞出走で、鮮度は高い。

後方一気の極端な脚質なので、ハマれば怖いがハマる可能性は高くないと見ます。

3 トーセンビクトリー:C

多少のストレスの懸念と、能力的な面からも内枠で相当恵まれないと厳しい。

4 クロコスミア:C

前走逃げて好走のストレスは心配。

展開ハマれば好走の可能性は十分あるので、オッズ次第では抑えることも考慮したい。

6 リスグラシュー:C

乗り替わりは能力的に一枚落ちる可能性を示唆。

脚質的にも外を回す可能性高く、あまり魅力は感じない。

7 クイーンズリング:注

昨年覇者で非根幹距離適性は言わずもがな。

昨年よりリズムは良くないので、推定5番人気で軸にまでするのはリスクが上回ると判断。

リピーターはそれでも走りますけど。

8 タッチングスピーチ:D

一昨年の3着馬。

その年ほどタフな馬場にはならないでしょうし、リズムも悪く復調の可能性は低い。

9 デンコウアンジュ:D

東京で買え。

11 ディアドラ:D

前走は鞍上の手腕によるところが大きい。

鮮度は高く鞍上が岩田なので内を突く可能性も考えられますが、前走のストレスとリスクを天秤にかけるとリスクが上回る。

12 スマートレイアー:C

前走長距離G2を追い込んで激走したストレスは大きい。

近年になって急に強くなったわけでもなく、過去このレースでも負けていることから今年浮上できるかと言われると…?

13 ジュールポレール:C

鮮度は高く、ヴィクトリアマイルでも好走したことで能力的な裏付けも十分。

母父エリシオで馬場が渋るのも問題なく、人気を考慮すれば妙味は十分。

14 ウキヨノカゼ:D

プラス要素は初距離の鮮度のみで厳しい。

15 マキシマムドパリ:D

ストレス面は心配なし。

外枠はマイナスで買える要素には乏しい。

17 ルージュバック:C

クイーンズリングと同父で、非根幹距離も同じく抜群に高い。

外枠自体はマイナスにはならないタイプも、馬場状態から外差しが届くかどうかが焦点に。

推定3番人気も考慮して、展望のB評価からC評価へ格下げ。

18 エテルナミノル:D

エンパイアメーカー産駒を芝G1で買うのは私には無理です。

福島記念

【予想】

◎7 フェルメッツァ
〇16 サンマルティン
△4.9.12.14

本命は母父グレイソヴリン系のフェルメッツァ。

前走好走のストレスはありますが、間隔も空いていることに加え、他に買いたい馬が見当たらない。

対抗はサンマルティン。

鮮度も高く、ストレスも特に気にする必要はないので好走の可能性は高い。

大外枠でロスがあってもこのメンバーなら何とかなりそう。

あまり購入意欲をそそられるレースではないので、2頭から人気薄が突っ込むのに期待しておきたいと思います。

以上です。

スポンサーリンク

フォローする