【2018】オールカマーの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】オールカマーの予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

評価の定義を見る
スポンサーリンク

オールカマーの短評

()は推定人気です。

1番 アルアイン(3):D

2番 ダンビュライト(2):D

3番 ガンコ(5):A

4番 マイネルミラノ(12):F

5番 ブライトバローズ(11):F

6番 ショウナンバッハ(8):C

7番 レイデオロ(1):B

8番 ゴールドアクター(7):D

9番 ミライヘノツバサ(9):C

10番 ブラックバゴ(6):C

11番 エアアンセム(4):A

12番 マイネルフロスト(10):D

予想

◎:エアアンセム

〇:ガンコ

▲:レイデオロ

一番人気はダービー馬レイデオロ

無難に走ってくる可能性は高そうですが、先週のレイエンダ同様に血統面でドンピシャというわけではなく、能力の違いで好走するイメージです。

ただ、ダービー馬とは言え、あのレースは鞍上の超好騎乗があったのも確かで、後方のままではダービー馬という肩書きはなかった可能性も高いです。(能力があったのはもちろんですが)

正直、他のレースでもこの馬が圧倒的なパフォーマンスを見せた印象はなく、そこまで力が抜けていない気はします。

それでも人気が集中してくれているので、他馬の単勝オッズに妙味が出ているのではないでしょうか。

推定2番人気のダンビュライトは同コースのAJCCを勝っていますが、それも展開が向いた面は大きいです。こちらも大崩れするイメージはないですが、勝ち切れない可能性は十分だと思います。

推定3番人気のアルアインも、このコースが合っているとも思えませんし、上位人気馬は目標が先であることから取りこぼしは十分に考えられます。

本命はエアアンセム

母母父ノーザンテーストは、中山非根幹距離重賞で何度も好走している馬を多く輩出しており、持続力を強化するボールドルーラーの血を父方・母方ともに持つ当馬なら、この舞台を得意としても不思議はありません。

対抗のガンコは同じ中山非根幹距離重賞の日経賞を勝っているように、適性面では問題なし。あっさり巻き返しても良いでしょう。

さすがに上位人気3頭の総崩れは考えにくいですが、3頭のいずれかが勝つ可能性がそれほど高いとも考えていません。

馬券は◎〇の単勝・◎〇→推定上位人気3頭への馬単で楽しもうと思います。

オールカマーの傾向です。

【2018】オールカマーの傾向
今週末に行われるオールカマーの注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 オールカマーの傾向 2...

神戸新聞杯の予想です。

【2018】神戸新聞杯の予想
【2018】神戸新聞杯の予想です。 出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。 神戸新聞杯の短評 ...
スポンサーリンク

フォローする