【2018】青葉賞の予想※追記

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】青葉賞の予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

※2月より定義を改定しました。

人気馬の定義は1~3番人気とします。

A:本命候補

B:好走が期待できる人気馬

C:好走が期待できる人気薄

D:好走の可能性はある馬

E:危険な人気馬

F:馬券対象にならない馬

青葉賞の短評

()は推定人気です。

1番 カフジバンガード(15):D

実績からは少し舐められている印象も、ここでは分が悪そう。

2番 ユウセイフラッシュ(14):F

厳しい。

3番 スズカテイオー(7):F

新馬ではディープインラブに先着しているが、どうもスケール感に欠ける印象。

4番 ダブルフラット(9):D

ステップ的には魅力だが、相手強化・多頭数混戦の内枠で力を出せるかがポイント。

5番 マイネルサリューエ(17):F

厳しい。

6番 ディープインラヴ(5):C

ディープブリランテの全弟で、重賞でやれても不思議はない。前走で体重が減っているのと、陣営が調子一息のようなコメントを出しているのが気になる。

7番 ミッキーポジション(13):F

実力未知数。鞍上が鞍上だけに…逃げるのか?!

8番 オブセッション(1):D

普通に走れば上位争い。普通に走るか分からないので人気では買いづらい。

9番 ゴーフォザサミット(6):C

近2走は物足りない走りだが、多頭数になって真価を発揮できるかどうか。

10番 スーパーフェザー(2):B

2走前はエポカドーロに完敗も、前走はきっちり完勝。ディープ産駒のなかでは最も無難に走りそう。

11番 トラストケンシン(12):F

父ハーツ×母父エルコンドルパサーと重厚な血統。前走は相手強化も少頭数で平凡な走りだったが、多頭数で前進できるか。

12番 ダノンマジェスティ(4):C

好相性の大寒桜賞勝ち馬。信頼はできないが、イチかバチかで頭固定で狙うのも面白いかも。

13番 ノストラダムス(10):A

前走は重賞で8番人気4着と激走したが、2走前が未勝利だったので過小評価だった。血統面からはスタミナ十分で、このレースとも合うはず。

14番 テトラルキア(18):F

厳しい。

15番 エタリオウ(8):C

内枠なら本命候補も、ここまで外に入ると少し苦しいか。

16番 クレディブル(16):F

厳しい。

17番 モンテロッソ(11):F

モンテロッソ産駒は内枠でこそ。ここで惨敗して次走短縮が狙い目。

18番 サトノソルタス(3):E

ストレスなく走れるものの、大外は…さすがに先週の再現は難しいのでは。

予想

◎:ノストラダムス

〇:ディープインラヴ

▲:スーパーフェザー

△:オブセッション

△:ゴーフォザサミット

△:ダノンマジェスティ

難解な一戦です。

本命はハービンジャー産駒のノストラダムスとしましたが、できればある程度の位置に付けてもらいたいところ。

有力どころは来ても来なくても驚かない馬ばかりですが、サトノソルタスは枠の分あっても3着までかなと。

馬券は◎の単複・相手への馬連。オブセッションとの馬連はオッズ次第で抑えるかどうかは考えたいと思います。

追記

明日は平場で全く閃くレースがなく、京都のメインレースだけ狙いたいと思います。

本命は大外のナンチンノン。(推定6番人気)

気分よく前へ行ければしぶといのは証明済みで、面白いのはこの馬は奇数偶数番で成績が極端に変わります。

過去34戦のうち、偶数番だったのが18回・奇数番だったのが16回。そして、馬券になった11回のうち9回は偶数番でした。奇数番の1回も、大外だったので実質的には後入れです。

つまり、実質先入れの奇数番に入ったときは15回中1回しか馬券になっていないのです。また、好走した11回のうち7回は、出走馬の半分より外目の枠に入ったときでした。

ナンチンノンを買うときは、外目の偶数番で楽に前に行けるときに限ります。

今回はアクティブミノルの存在が厄介ですが、久々のダートでスタートで後手を踏む可能性もありますし、鞍上も四位騎手なので無理に逃げようとはしないでしょう。(四位騎手は、2018年でまだ2回しか逃げの手を打っていません)

相手は父米国血統のスマートアヴァロン・テーオーヘリオス・キタサンサジンに絞って勝負。

少頭数なので複勝がどれくらい付くかが読めませんが、安すぎる場合は見送るか馬連・ワイドでの勝負にするかにします。

青葉賞の傾向です。

【2018】青葉賞の傾向
青葉賞の傾向 今週末に行われる青葉賞の傾向です。 注目ポイント 極端な内有利ではありませんが、どちらかと言えば内~中枠が良さそうです。...

モンテロッソ産駒は今後注目です。

ミスプロ系の特徴
大系統ミスプロ系 ミスタープロスペクターは、1970年代にアメリカで生まれ、競走成績はパッとしませんでしたが種牡馬として大成功。 今...
スポンサーリンク

フォローする