【2018】有馬記念の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




早いもので、一年の締めくくり有馬記念がやってきました。

今年は前半戦で(馬券的に)過去にない好調なスタートを切り、中盤~後半にかけて過去にない不調っぷりを絶賛継続中という悲しい1年でした。

今年最後の予想は華々しく散ってやろうと思いますので、読者の皆様は私の買う馬を上手く外して馬券に活かしてくださいませ。

スポンサーリンク

有馬記念の予想

有馬記念のポイントは3つ。

・内枠
・余力
・非根幹距離適性(実績)

これらを重視し、内枠で余力があって非根幹距離実績もある馬を探すと…

◎ モズカッチャン
〇 ミッキースワロー
▲ ミッキーロケット
△ クリンチャー
△ パフォーマプロミス
△ ブラストワンピース
△ レイデオロ

モズカッチャンはこの秋まだ2走目。エリザベス女王杯で勝利実績もあり、内枠でのパフォーマンスも高く、鞍上もG1連勝中のデムーロとくればここは買い。

牝馬が好走するには敷居の高いレースですが、今年の出走馬のレベルは正直それほど高いとは思えず、十分やれる可能性はあると思います。

デムーロが昨年のクリーンズリングのような競馬をしたいと言っていることからも、すでにイメージは思い描いて一発狙う気満々でしょう。

穴候補としてミッキーの2騎を抜擢。

スワローは秋2走目、中山非根幹距離のセントライト記念を制しており、前走のJCは位置取りの時点で勝負にならず、それでも上がり最速で追い上げたのは自力のある証拠です。

あのアーモンドアイよりラスト3Fで速い脚を使ったのは、唯一この馬だけ…と考えると、なんだか強そうな気がしてきます。まぁそんな単純なものではないですけどね。

ロケットは春のグランプリホース、秋も2戦目で余力は十分です。

前走はレイデオロに完敗ですが、非根幹距離になることで逆転に期待したい。なんだかんだで重・不良以外ではG1でも差のない競馬をしており、サトノダイヤモンドが最も強かった時期に神戸新聞杯であわやの場面を作った力は侮れません。

馬券は◎-○▲-印の三連複で勝負。

オジュウチョウサンやサトノダイヤモンドはさすがに厳しいと思いますが、ともに勝てば盛り上がるので、何とか頑張ってもらいたいところです。

危険な人気馬の判断材料をまとめたnote(有料)を作成しました
いつも極・競馬塾をご覧いただきありがとうございます。 今年の9月頃から、新馬・障害戦を除くレースで推定1番人気の取捨をブログで公開してきまし...
スポンサーリンク



フォローする