【2018】アーリントンカップの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】アーリントンカップの予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

※2月より定義を改定しました。

人気馬の定義は1~3番人気とします。

A:本命候補

B:好走が期待できる人気馬

C:好走が期待できる人気薄

D:好走の可能性はある馬

E:危険な人気馬

F:馬券対象にならない馬

スポンサーリンク

アーリントンカップの短評

()は推定人気です。

1番 パクスアメリカーナ(2):E

血統面からは阪神外回りでパフォーマンスを上げるとは考えにくい。前走は派手な位置取りショックで勝ったことも、今回への上積みは少なそう。

2番 インディチャンプ(1):B

前走から頭数増+短縮で内枠は歓迎材料。位置取りは懸念されるが、それを補う脚力はある。

3番 リュウノユキナ(13):F

厳しい。

4番 ラブカンプー(11):C

逃げる可能性高く、展開に恵まれれば粘っても不思議はない。

5番 ピースユニヴァース(7):D

血統的には阪神外回りでパフォーマンスを上げるとは考えづらい。

6番 タワーオブロンドン(3):B

血統的に成長力はなさそうだが、完成度の高さでここは無難にまとめそう。

7番 アリア(9):F

とくに強調材料はない。

8番 イルルーメ(12):F

厳しい。

9番 ウォーターパルフェ(10):F

現時点では厳しい。良くなるのはまだ先か。

10番 エアアルマス(5):D

力はありそうだが、血統的にはここが最適ではない。やや人気先行感もある。

11番 レッドヴェイロン(4):D

前走は少頭数を逃げて圧勝。血統的なポテンシャルはあるが、前走が楽すぎただけにいきなりの重賞はどうか。人気的にも手を出しづらい。

12番 ラセット(8):A

モンテロッソ産駒の特徴から、平坦から坂のあるコースへ変わるのは良い。外枠になったが残念。

13番 ダノンスマッシュ(6):A

ロードカナロア産駒はマイルの成績が抜群に良い。さらに坂のある広いコース、東京・中京・阪神がベスト。内枠より外枠と、今回好走する条件は整った。

人気急落(前走の)戸崎グッジョブ。

予想

◎:ダノンスマッシュ

〇:タワーオブロンドン

▲:インディチャンプ

△:ラセット

ダノンスマッシュはもう少し人気するかと思いましたが、前走の敗戦で推定6番人気まで急落。この時点で本命はすぐに決まりました。

インディチャンプ・タワーオブロンドンのどちらかは上位に来る可能性は高いと思うので、手は広げずにビシっと決めたい。

馬券は◎の単複と、相手への馬連で勝負。

ラブカンプーとのワイドくらいは抑えておいてもいいかな…とは思っています。

スポンサーリンク

フォローする