【2018】カペラステークスの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】カペラステークスの予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

評価の定義を見る
スポンサーリンク

カペラステークスの評価

()は推定人気です。

1番 キタサンミカヅキ(1):D

2番 コパノキッキング(3):E

3番 ヴェンジェンス(9):D

4番 キングズガード(4):D

5番 タテヤマ(13):D

6番 オールドベイリー(5):D

7番 ダノングッド(15):C

8番 ハットラブ(2):D

9番 ネロ(8):C

10番 ノボバカラ(14):F

11番 サイタスリーレッド(11):D

12番 ナンチンノン(12):D

13番 オウケンビリーヴ(6):A

14番 ブラゾンドゥリス(10):C

15番 ウインムート(7):D

16番 ヒカリブランデー(16):F

予想

◎:オウケンビリーヴ

△:ダノングッド

△:ネロ

△:ブラゾンドゥリス

出走表を見た瞬間に「荒れそう」と思ったレースです。

キタサンミカヅキはベテランで多少砂を被っても走れるかも知れませんが、1枠1番はやはり厳しいでしょう。前走は前を追いかけた馬がバテたように、展開も向きました。

コパノキッキングは出脚があまり速くなく、内枠だと先行できずに包まれる可能性が非常に高くなります。とくに前半が速くなるコースで重賞レベルなら尚更。

どちらも1枠がプラスになることはなく、馬券的にはバッサリ切るのが面白いでしょう。

肝心の本命ですが、良馬場ではサンデー系が優勢なこのレース。今年はノボバカラとサイタスリーレッドしかおらず、さすがに厳しそうです。

もう一つの重要なポイントは短縮馬が圧倒的に優勢なこと。そこで本命は外目の短縮馬オウケンビリーヴにします。

父はクロフネ、母父がサンデーサイレンスと芝的要素も持ち合わせており、サンデー系優勢でサンデー系が微妙なら次いでこの馬が有利になってくるのでは。

ラビットランにも先着している実績もあり、牝馬が苦戦気味ということには目を瞑って狙いたいと思います。

相手は正直全然分かりません。

短縮のダノングッドとブラゾンドゥリス、前走厳しいレースになったネロだけ抑えて、馬券は◎単複と印への馬連で勝負。

なお、このブログはWordpressというツールを使って作成していますが、最近大幅に仕様が変更されたため、その使い方を調べるのに時間が掛かりそうです。

今回は今までの仕様で作成していますが、今後いつ使えなくなるか分からないため早急に新仕様を理解する必要がありますので、来週の更新はできないかも知れません。

新仕様はそれくらい大幅に変更されており、正直やめてくれ(*´ω`)って思います。思いのほか早く理解できれば更新しようと思いますので、今後もよろしくお願いいたします。

阪神JFの予想です。

【2018】阪神ジュベナイルフィリーズの予想
【2018】阪神ジュベナイルフィリーズの予想です。 出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。 阪神...
スポンサーリンク

フォローする