【2018】ダービー卿チャレンジトロフィーの展望

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】ダービー卿チャレンジトロフィーの展望です。

出走予定馬を見ている段階から難しそうなイメージでしたが、枠順が決まってしばらく(3秒)考えた結果…

買いたい馬がいないことに気付きました。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

※2月より定義を改定しました。

【2月26日追記】人気馬の定義は1~3番人気とします。

A:本命候補

B:好走が期待できる人気馬

C:好走が期待できる人気薄

D:好走の可能性はある馬

E:危険な人気馬

F:馬券対象にならない馬

ダービー卿CTの短評

1枠1番 アデイインザライフ:

状態まともなら能力は上位。最内枠はマイナスで、タイプ的にはあまり向かなさそう。能力でどこまでやれるか。推定6番人気。

1枠2番 レッドアンシェル:E

多頭数で内枠に入った今回は割引。条件的に前走より良くなることはなく、危険な人気馬となりそう。が、他のメンバーがねぇ…推定2番人気。

2枠3番 キャンベルジュニア:C

昨年2着馬。ここ3戦は格上のレースで苦戦も、相手弱化で前進期待。推定5番人気。

2枠4番 グレーターロンドン:D

内枠微妙も、まともに走れば上位濃厚。が、少頭数向きでまともに走れるかどうか…推定1番人気。

3枠5番 マイネルアウラート:F

厳しい。推定13番人気。

3枠6番 テオドール:F

ハービンジャー産駒の格上げ短縮は買いづらい。推定7番人気。

4枠7番 ゴールドサーベラス:C

鮮度と勢いは一番。脚質的なリスクはあるも、人気を考慮するとギャンブルとしてはアリか。推定10番人気。

4枠8番 ミュゼエイリアン:F

前走同コースを逃げて接戦勝利。ストレス残るタイプで、今回は厳しい。推定11番人気。

5枠9番 ヒーズインラブ:C

相性良い前走条件組も、ハービンジャー産駒の格上げは微妙。敢えて嫌う必要もないが…推定4番人気。

5枠10番 ロジチャリス:F

昨年覇者も、勢いなく降下線。推定9番人気。

6枠11番 ダイワリベラル:F

とくに買える要素はない。推定14番人気。

6枠12番 サンライズメジャー:F

とくに買える要素はない。推定15番人気。

7枠13番 マルターズアポジー:D

逃げる可能性高いが、前走よりテンが速くなることは間違いなく、馬にとっては負担に。粘ってもおかしくはないが、人気で敢えて狙う妙味はない。推定3番人気。

7枠14番 ソルヴェイグ:D

延長ローテはマイナス。逃げの手を打てばチャンスはありそうだが、マルターズアポジーの存在が厄介。推定12番人気。

8枠15番 ストーミーシー:D

とくに強調材料はない。推定8番人気。

8枠16番 クラリティスカイ:F

さすがに狙いづらい。推定16番人気。

予想

人気馬は怪しいものの、人気薄にもこれと言った馬がおらず。

敢えて狙うとすればキャンベルジュニアゴールドサーベラス

しかし、個人的に多頭数で奇数番を本命にするのは避けたいと思っているので、このレースは見送ります。(少頭数なら別です)

奇数番と偶数番は、意外と侮れないものですよ。

競馬は後入れの偶数番が有利である
競馬は後入れの偶数番が有利…と聞いたことがあるでしょうか? 競馬では、奇数番が先にゲートに入り、偶数番は後から入ることになります。 ...
スポンサーリンク

フォローする