【2018】ダイヤモンドステークスの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】ダイヤモンドステークスの予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。※2月より定義を改定しました。

A:本命候補

B:好走が期待できる人気馬

C:好走が期待できる人気薄

D:好走の可能性はある馬

E:危険な人気馬

F:馬券対象にならない馬

ダイヤモンドステークスの短評

1枠1番 リッジマン:C

鮮度的にはメンバー中上位。前走好走のストレスは多少心配も、母系はスタミナ豊富でロスなく進めばチャンスあり。推定6番人気。

2枠2番 ハッピーモーメント:C

母父が欧州型ナスルーラ系であるグレイソヴリン系。ディープ産駒ながらも切れる脚はなく、初のマラソン重賞で一発警戒。推定9番人気。

3枠3番 プレストウィック:E

前走は条件揃ったうえでの好走。立て続けに長距離G2はストレス面で心配。推定4番人気。

3枠4番 ラブラドライト:C

一見軽そうな血統も、母系は重厚。近走は力を発揮しておらず、昨年以上は望み薄も3着以内なら。推定8番人気。

4枠5番 ホウオウドリーム:B

母系は日本ゆかりのメジロ軍団で、スタミナは相当ありそう。やや過剰人気感があるが、格上挑戦で素質開花しても不思議はない。推定2番人気。

4枠6番 ソールインパクト:D

切れないディープも母系がやや貧弱。アルゼンチン共和国杯で好走しているだけに侮れないが、ここではスタミナ不足か。推定5番人気。

5枠7番 リッチーリッチー:C

日本向きではないスタミナ血統はこのレースではプラスだが、父欧州型は苦戦傾向にあるのは不安。推定7番人気。

5枠8番 レジェンドセラー:B

前走は内枠で揉まれたのが敗因か。鮮度は高く、広いコースに代わり一変期待。推定3番人気。

6枠9番 トウシンモンステラ:F

厳しい。推定11番人気。

6枠10番 ダウンザライン:F

母系はスタミナ豊富だがさすがに…推定13番人気。

7枠11番 サイモントルナーレ:F

厳しい。そろそろ引退させてあげたらどうなのか。推定14番人気。

7枠12番 グランアルマダ:F

距離長い。推定10番人気。

8枠13番 トレジャーマップ:D

スタミナの化身、ゴールドシップの全弟。この距離で一変する可能性はあるが…2年前のアルゼンチン共和杯が不満。推定12番人気。

8枠14番 フェイムゲーム:D 

長距離重賞の重鎮。しかし過去に比べても臨戦過程はプラスとは言えず、鮮度的にも人気では買いづらい。推定1番人気。

予想

◎:レジェンドセラー

〇:リッジマン

▲:ホウオウドリーム

△:ハッピーモーメント

△:ラブラドライド

△:リッチーリッチー

フェイムゲームは妙味がないので消し。

馬券は◎-印の馬連と、◎-〇▲-△の三連複で。勝負度合いは低めです。

スポンサーリンク

フォローする