【2018】フェブラリーステークスの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】フェブラリーステークスの予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。※2月より定義を改定しました。

A:本命候補

B:好走が期待できる人気馬

C:好走が期待できる人気薄

D:好走の可能性はある馬

E:危険な人気馬

F:馬券対象にならない馬

スポンサーリンク

フェブラリーステークスの短評

1枠1番 ニシケンモノノフ:D

何気に昨年5着馬。しかし今年はローテ的にも枠的にも昨年よりマイナス面が大きく、今回は厳しいか。推定11番人気。

1枠2番 ケイティブレイブ:C

昨年時より力を付けて能力的には上位陣とも遜色はない。ただ詰まったローテや枠的にやや不安あり。推定5番人気。

2枠3番 ノボバカラ:F

厳しい。推定14番人気。

2枠4番 アウォーディー:C

もどかしいレースが続く。能力的には上位で、初のダートマイル戦が良い方向に向けば一発あっても。推定10番人気。

3枠5番 サウンドトゥルー:D

展開待ちな面もあるが、ハマれば怖い1頭。推定9番人気。

3枠6番 インカンテーション:C

前走は短縮激走後の延長とハードな条件。鮮度面ではイマイチも、血統的にもローテ的にも一発あって不思議はない。推定8番人気。

4枠7番 ララベル:F

厳しい。推定16番人気。

4枠8番 メイショウスミトモ:F

父は当レース最強種牡馬のゴールドアリュールも、相手が悪い。推定13番人気。

5枠9番 キングズガード:D

前走はいつもより少し前目から進むも伸びきれず。決め打ちして展開ハマれば通用してもおかしくはないが…推定15番人気。

5枠10番 テイエムジンソク:B

間隔詰まったローテでストレスが多少気になるものの、鮮度面ではまだまだ上位。この舞台で先行脚質はプラスではないが、格好は付けるか。推定2番人気。

6枠11番 ロンドンタウン:D

特に強調材料なし。推定7番人気。

6枠12番 ノンコノユメ:E

前走は展開の利もあり、2年前に好走歴はあるものの血統面や馬格のなさもそれほど魅力はない。延長ローテもプラスにはならない可能性高く、人気になるなら疑いたい。推定4番人気。

7枠13番 レッツゴードンキ:D

ダートで好走歴もあるが、中央トップレベルとなると疑問。人気はないだけに狙うのもギャンブルとしてはアリかも知れないが、見送りで。推千絵12番人気。

7枠14番 ゴールドドリーム:B

前走激走のストレスは心配だが、それ以外に嫌う要素が見当たらない。推定1番人気。

8枠15番 ベストウォーリア:D

以前ほどの安定感はなく、好走には展開の助けが欲しい。推定6番人気。

8枠16番 サンライズノヴァ:B

鮮度面ではトップクラスで血統面でも文句はないが、延長ローテで凡走しているのは不安。鞍上も大舞台でやや心許ないが、普通に走れば上位争い。推定3番人気。

予想

◎:インカンテーション

〇:サンライズノヴァ

▲:ゴールドドリーム

△:アウォーディー

△:テイエムジンソク

消せる馬が少なく難解な一戦。馬券的な妙味で本命はインカンテーションとしますが、あまり張り切って買いたいレースでもありません。

スポンサーリンク

フォローする