【2018】フローラステークスの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】フローラステークスの予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

※2月より定義を改定しました。

人気馬の定義は1~3番人気とします。

A:本命候補

B:好走が期待できる人気馬

C:好走が期待できる人気薄

D:好走の可能性はある馬

E:危険な人気馬

F:馬券対象にならない馬

フローラステークスの短評

()は推定人気です。

1番 サラキア(4):C

2番 オスカールビー(10):A

3番 ウスベニノキミ(7):D

4番 サトノワルキューレ(1):B

5番 ノーブルカリナン(9):D

6番 ファストライフ(12):D

7番 デュッセルドルフ(13):F

8番 ラブラブラブ(8):F

9番 ハイヒール(16):F

10番 オハナ(3):D

11番 カーサデルシエロ(11):F

12番 レッドベルローズ(2):B

13番 ヴェロニカグレース(6):C

14番 ディアジラソル(15):F

15番 パイオニアバイオ(14):F

16番 ノームコア(5):C

予想

◎:オスカールビー

〇:レッドベルローズ

▲:サトノワルキューレ

△:サラキア

△:オハナ

△:ヴェロニカグレース

時間の都合で短評は省略します。

フローラステークスはマイルまでの実績よりマイル以上に実績のあるタイプを狙いたいです。

本命のオスカールビーはスタミナ型のハーツクライ産駒で、桜花賞戦線には適性のなかった馬。

未勝利を多頭数の厳しい流れを押し切った後、前走は少頭数で阪神外回りコースでは力を出し切れないパターンと見ていいでしょう。

相手強化・内枠で3歳牝馬初の2000m重賞のタフな条件で、大幅なパフォーマンス上昇に期待。

ディープ産駒が切るに切れない馬が多く、とりあえず相手には買っておく方が良さそう。ハービンジャー産駒なら一角崩しもありえるかも知れません。

◎が絡めば馬連は高配当に期待できるので、馬券は◎の単複・馬連で勝負。

フローラステークスの傾向です。

【2018】フローラステークスの傾向
フローラステークスの傾向 今週末に行われるフローラステークスの傾向です。 注目ポイント 開幕週で行われるため、基本的には内枠有利です。...
スポンサーリンク

フォローする