【2018】函館2歳Sの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】函館2歳Sの予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

評価の定義を見る
スポンサーリンク

函館2歳Sの評価

()は推定人気です。

1番 ラブリーリッキー(9):F

2番 ガイセン(14):F

3番 スズカカナロア(6):D

4番 トーセンオパール(5):A

5番 カルリーノ(3):B

6番 アスターペガサス(2):B

7番 イチゴミルフィーユ(12):A

8番 エムティアン(8):D

9番 ロードワンダー(10):C

10番 ラブミーファイン(13):F

11番 ナンヨーイザヨイ(1):E

12番 ラブリロンリロンス(13):F

13番 レコードチェイサー(16):F

14番 ヒストリコ(15):F

15番 ホールドユアハンド(4):D

16番 二ヴィアン(11):D

予想

◎:イチゴミルフィーユ

〇:アスターペガサス

▲:トーセンオパール

△:カルリーノ

△:ロードワンダー

好走馬の多くが今後大きな活躍をすることがないレース、それだけ現時点での完成度勝負が問われるということでしょう。

完成度を計るには血統を見るのが手っ取り早い。とにかく米国血統を中心に狙うことが重要です。

本命は父米国型ノーザンダンサー系のイチゴミルフィーユ。(推定12番人気)

新馬の時計は平凡ですが、最後までラップが落ちていないので余力は十分残ったままの快勝です。1.2戦のパフォーマンスで力差を見抜くのは難しいですし、人気薄を積極的に狙いたい。

推定2番人気のアスターペガサスは血統面からも嫌う要素はなし、3番人気のカルリーノは母父がスプリントの名血サクラバクシンオー。内枠も有利で、消しづらいですね。

推定1番人気は好時計で新馬を解消したナンヨーイザヨイですが、開幕直後のパフォーマンスが最終週で発揮できるかどうかは未知数。血統面では向いていないので、あっさり沈んでもおかしくなさそう。

他には内枠を中心に、父米国型のトーセンオパール・サンデー系の中でも完成度高いキンシャサ産駒のロードワンダーも注目。手を広げるには予想材料が少なすぎるので、絞って買う方が良いレースでしょう。

前売りで◎の複勝に30万ほどブッコんだ人がいるようで、現時点で複勝が3番人気となっていますが今後落ち着いていくのは間違いないので、馬券は◎の単複・相手への馬連で勝負です。

中京記念の予想です。

【2018】中京記念の予想
【2018】中京記念の予想です。 出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。 中京記念の評価 ()...
スポンサーリンク

フォローする