【2018】阪急杯の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】阪急杯の予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。※2月より定義を改定しました。

A:本命候補

B:好走が期待できる人気馬

C:好走が期待できる人気薄

D:好走の可能性はある馬

E:危険な人気馬

F:馬券対象にならない馬

スポンサーリンク

阪急杯の短評

1枠1番 ニシノラッシュ:D

前走は馬場も味方に付けての快勝。土曜を見る限り、開幕週とは言え京都ほど内が圧倒的に有利かは微妙で、鮮度の高さでどこまで通用するか。推定11番人気。

1枠2番 シュウジ:C

この馬はよく分かりません。阪神カップを制したように、コース適性はあるので気分次第か。人気薄なら妙味はある。推定7番人気。

2枠3番 ミッキーラブソング:F

昨年は差し決着を先行して6着、一昨年は僅差の4着と、この舞台では案外走っている。とはいえ、馬券になるかと言われるとさすがに厳しそう。推定15番人気。

2枠4番 ペイシャフェリシタ:A

2走前が準OPで鮮度は高い。前走は前が楽過ぎた上に少頭数の軽い競馬。今度は多頭数混戦の重賞でハーツ産駒の底力が発揮できるチャンス。内をロスなく立ち回れば、上位争いも可能とみます。推定12番人気。

3枠5番 コスモドーム:F

ここでは荷が重い。推定18番人気。

3枠6番 レッドファルクス:D

前走は上位が大外を通った馬に対して、やや馬場の真ん中を通って伸びきれず。しかし着差は僅かで力負けとは言い難いものの、さすがに多少の衰えは考慮したい。

短縮はプラスで、好走確率は高いと思うが目標が次である以上、全幅の信頼はおけない。推定2番人気。

4枠7番 ムーンクレスト:C

着順こそ見栄えしないが、ここ3戦は枠の不利・展開の不利と敗因が明確。それでも着差はあまりないように、重賞で通用するだけの力はある。推定10番人気。

4枠8番 ヒルノデイバロー:D

昨年の2着馬。その後、京王杯SC4着・スワンS2着と1400m重賞では連続好走。追い込み一辺倒ではなくなってきたことで侮れないが、さすがに少し人気してきたので本命にはしづらい。推定5番人気。

5枠9番 マイネルバールマン:F

厳しい。推定13番人気。

5枠10番 ユキノアイオロス:F

厳しい。推定17番人気。

6枠11番 コロマンデル:F

血統的には芝もこなしておかしくないが、さすがに厳しい。推定16番人気。

6枠12番 ディバインコード:D

前走は瞬発力の差で後れを取った形だが、少なからず内有利な馬場の恩恵は受けていた。条件的には好転しそうだが、思いのほか評価されそう。推定4番人気。

7枠13番 ダイアナヘイロー:D

前走の敗因が不明。休み明けがあまり得意でないにしろ、さすがに負け過ぎ。今回は人気落ちしそうなので、オッズ次第では抑えておく方が無難か。推定9番人気。

7枠14番 モーニン:D

前走は芝でも走れることを証明したが、上位とは少し差がある印象。穴人気しそうで食指は動かない。推定6番人気。

7枠15番 カラクレナイ:B

平坦京都より坂のある阪神の方が向く。前2走は恵まれない展開でも上位争いしているように、条件が好転すれば頭まである。推定3番人気。

8枠16番 アポロノシンザン:C

前走は展開不利で見直せるも、ニシノラッシュとの比較で上位争いできるレベルなのかどうか疑問。むしろニシノラッシュの方が血統的には成長力はありそうで…後入れの偶数番はプラス材料。推定8番人気。

8枠17番 モズアスコット:D

前走は思った以上に善戦したが、さすがに人気先行感が否めない。血統的にもそれほど強調できず、大外枠でロスがあると取りこぼしても不思議はない。推定1番人気。

8枠18番 タイムトリップ:F

厳しい。推定14番人気。

予想

◎:ペイシャフェリシタ

〇:カラクレナイ

▲:ムーンクレスト

△:レッドファルクス

バッサリ切れる馬が少なく、難解な一戦。

土曜日の小倉最終Rで◎アポロリュウセイが激走してくれて、今週はプラスが確定しているので無理に勝負はせず、ハマればラッキー程度に参戦します。収支は長期的に考えるべきとはいえ、土曜日に当たると気分が楽です。

馬券は◎の単複と◎▲-〇△へ馬連・ワイドで勝負。

スポンサーリンク

フォローする