【2018】阪神大賞典の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】阪神大賞典の予想です。

レースの傾向はこちらの記事をご覧下さい。

【2018】阪神大賞典の傾向
阪神大賞典の傾向 今週末に行われる阪神大賞典の傾向です。 血統 過去10年、最も馬券対象を出しているのが母父マイバブー系という異色のレ...

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。※2月より定義を改定しました。

【2月26日追記】人気馬の定義は1~3番人気とします。

A:本命候補

B:好走が期待できる人気馬

C:好走が期待できる人気薄

D:好走の可能性はある馬

E:危険な人気馬

F:馬券対象にならない馬

阪神大賞典の短評

1枠1番 トミケンスラーヴァ:F

2走前に3000mで好走しているが、血統的にこの距離は厳しい。推定9番人気。

2枠2番 スーパーマックス:F

厳しい。推定11番人気。

3枠3番 シホウ:F

この距離は長い。推定6番人気。

4枠4番 カレンミロティック:F

舞台は合うが、遠征後は精彩を欠く。推定5番人気。

5枠5番 コウエイワンマン:F

厳しい。推定10番人気。

6枠6番 サトノクロニクル:C

血統的には最も向きそう。同じ距離の菊花賞は大敗したが、馬場的にノーカウントでいい。推定4番人気。

6枠7番 レインボーライン:E

実績は上位だが、条件的に今回は向かない可能性が高い。人気なら嫌って妙味あり。推定3番人気。

7枠8番 クリンチャー:D

疲労との勝負。人気を考えると、全幅の信頼は置けない。推定1番人気。

7枠9番 ムイトオブリガード:F

厳しい。推定8番人気。

8枠10番 アルバート:B

とくに強調材料はないが、他のメンバーと比較すると普通に走りそう。推定2番人気。

8枠11番 ヤマカツライデン:A

逃げ濃厚で、一発あるならこの馬。大逃げでもすれば面白い。推定7番人気。

予想

◎:ヤマカツライデン

〇:サトノクロニクル

▲:アルバート

クリンチャーは馬券になる可能性は捨てきれず、馬券は◎の単複・○▲との馬連で勝負。

同じようなことを言って、土曜日はタイムフライヤーが大凡走しましたが…

相変わらず重賞がさっぱりなので、勝負度合いは低めです。

スポンサーリンク

フォローする