【2018】ホープフルSの見解と有馬記念の振り返り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ2018年最後の競馬です。

まぁ今年が終わるからといってどうなるわけでもないですが、来年のクラシック候補が出走するホープフルSについて少しだけ触れておきます。

スポンサーリンク

ホープフルSの見解

圧倒的1番人気は名牝シーザリオの仔サートゥルナーリア。

新馬が0.2秒差、前走が0.3秒差と着差こそ少ないですが、前走は持ったままの楽勝でどこまで走るのかという期待を持たせてくれます。

ただ、2走ともスローペースで時計は平凡。今年は頭数が少ないですが、これまでよりは厳しい流れになる可能性は高いでしょう。

そうなったときに戸惑うかどうかはやってみなければ分かりませんが、この圧倒的人気で買うにはリスクが高すぎます。

もしかしたら本当に強くここも圧勝するかもしれませんが、それで2倍を切るリターンを得たところで、果たして馬券的に効率的なのか…?

私にはそうは思えないので、少なくともサートゥルナーリアを頭に置く馬券は買えませんね。

サートゥルナーリアが飛ぶことも若干期待しつつ、狙う馬を探します。

先週の中山芝は外差しが目立つようになりましたが、タフな馬場になっていることを考えると、力のある血統を狙いたいところ。

中山重賞といえばロベルト系・キングマンボ系がよく走りますが、サンデー系なら中山芝を得意としていた父を持つ馬が良さそうです。

ということで、狙いは父父が皐月賞馬ネオユニヴァース・父も皐月賞馬ヴィクトワールピサのブレイキングドーン…

ではなく、同じ父を持つヒルノダカールです。母父もスタミナ抜群のメジロマックイーンというのもプラス材料でしょう。

新馬では来年のクラシック候補になりそうなラヴズオンリーユーを相手に3着と敗れはしましたが、2着馬も次走で勝ち上がり一定のレベルには達しているはず。もしかしたら、後々に伝説の新馬戦と呼ばれているかも…(多分ない)

正直、勝つのはサートゥルナーリア・ニシノデイジー・ブレイキングドーンのいずれかかなと思いますが、オッズ的に少しは単勝も買っておきたいです。

有馬記念の振り返り

年末のグランプリを制したのは3歳馬ブラストワンピースでした。重賞2勝しただけの馬が3番人気で、しかもきっちり勝つのですからファンの目は肥えていますね。

さすがに外々を回したレイデオロのロスは大きかったです。早々に手が動いて進んでいかなかったときには「あ、飛んだ」と思いましたが、そこからあわや差し切るかという勢い。

これまでのレース振りからはあまり強さを感じなかったのですが、なんだかんだで強い馬です。余計にJCでアーモンドアイとの勝負が見たかった…

期待したモズカッチャンは厳しい流れと外差し馬場が向かず、鞍上曰く「距離が長かった」そうなので仕方ないですね。

障害王オジュウチョウサンも4角では一瞬「おぉ?!」という手応えを見せてくれましたが、最後は力及ばず。それでも大健闘と言えるのではないでしょうか。

このようなファンの多い馬が出走するのも、グランプリの醍醐味。非常に面白いレースを見せてもらいました。

どうやら武騎手の騎乗についてオーナーが言ったことが大きな批判を浴びているようですが、個人的にはオーナーがそう思うのは悪いことではないし、批判される筋合いはないと思います。

逃げて欲しかったのかどうかは分かりませんが、逃げればもっと盛り上がったことは間違いないし、見せ場という意味では最高のパフォーマンスになっていたでしょう。

てか、批判しているド素人が「武騎手の騎乗は完璧だった」とか言っていることに違和感を感じますね。完璧な騎乗って…あなた分かるの?…と。

もしかしたら、好スタートからハナを譲らない姿勢を見せればキセキが控えて大逃げの形になり、平地では能力的に劣ると考えられているので無視された結果、何かが起こっていたかもしれません。

大逃げをしてもそうならなかったかもしれませんが、完璧な騎乗なんてのはそもそも有り得るのか…と思います。

競馬で騎乗したこともない人たちが完璧な騎乗だったと言うのはちゃんちゃらオカシイ話で、ただ今回の挑戦で頑張ったオジュウチョウサンを美談で終わらせたいだけなんじゃないの?…という感じがしました。

何より、私はオーナーのコメントを見て武騎手を非難しているという感じは受けませんでしたけどね。心底勝てる気でいたとは思いませんが、一番悔しい思いをしているのもオーナーではないでしょうか。

私としては、社台の運動会といわれる昨今の大舞台で、このような挑戦をしてくれただけでもオーナーは称賛されても良いと思います。馬主は慈善事業じゃないんですから。

調べて驚きましたが、有馬記念だと9着でも900万円ほどの賞金が貰えるようですね。11着以下だと特別出走手当の約50万円しか貰えないので、武騎手はある意味で最高の騎乗だったのかもしれません。笑

強い馬が海外レースへ挑戦するのも仕方ないですが、来年はもっと国内で強い馬がガチンコ対決してワクワクさせてもらいたいです。

スポンサーリンク

フォローする