【2018】キーンランドカップの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】キーンランドカップの予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

評価の定義を見る
スポンサーリンク

キーンランドカップの短評

()は推定人気です。

1番 クリーンファンキー(12):F

2番 スターオブペルシャ(8):C

3番 ヒルノデイバロー(7):D

4番 ペイシャフェリシタ(14):C

5番 ムーンクエイク(3):D

6番 レッツゴードンキ(2):B

7番 ダノンスマッシュ(4):C

8番 デアレガーロ(6):C

9番 ティーハーフ(15):F

10番 キングハート(11):C

11番 ナックビーナス(1):D

12番 トゥラベスーラ(9):A

13番 キャンベルジュニア(5):C

14番 タマモブリリアン(13):D

15番 ユキノアイオロス(16):F

16番 オールインワン(10):F

予想

◎:トゥラベスーラ

〇:レッツゴードンキ

▲:デアレガーロ

△:スターオブペルシャ

△:ペイシャフェリシタ

△:ダノンスマッシュ

△:キングハート

△:キャンベルジュニア

推定1番人気はナックビーナスですが、戦績通りに突き抜けるものがなく1200m続きで鮮度的にもイマイチです。せいぜい3~5着辺りでは。これで勝つようなら、鞍上の腕に脱帽ですね。

推定2番人気のレッツゴードンキは得意の内枠を引き、詰まることがなければ力を発揮してきそう。キャリアはあれど、ナックビーナスとは違って色んな条件を走っているので、飽きることもないでしょう。

推定3番人気のムーンクエイクは扱いが難しい。条件的には悪いとは思いませんが、前走が短縮で差しに回るショック。

今回もさらに前半のペースが上がる可能性もあり、位置取りが後方になり過ぎるとリスクが高まります。人気薄なら狙ってみたいですが、人気なら食指は動きませんね。

本命はトゥラベスーラです。

前走は、後に古馬を相手にも奮闘しているラブカンプーと同着。しかも、完全に前が有利な馬場で後方から同着まで持ってきたのは力の証明です。抜けた馬がいないメンバー構成なら、初重賞でいきなり通用しても驚けません。

馬券は◎の単複、馬連で安い配当と高すぎる配当を除いて4.8.13を相手に勝負です。

新潟2歳Sの評価

馬券購入は見送りますが、各馬の評価だけ載せておきます。

1番 エンパイアシュアー(11):D

2番 エルモンストロ(4):C

3番 オーパキャマラード(9):C

4番 エイシンゾーン(5):D

5番 ロードアクア(7):D

6番 ケイデンスコール(1):B

7番 エイカイキャロル(6):D

8番 スティルネス(8):F

9番 アンブロークン(2):E

10番 ヤサカリベルテ(10):F

11番 ジョディー(3):B

スポンサーリンク

フォローする