【2018】京成杯オータムハンデの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】京成杯オータムハンデの予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

評価の定義を見る
スポンサーリンク

京成杯オータムハンデの短評

()は推定人気です。

1番 ミュゼエイリアン(15):C

2番 ロジクライ(1):D

3番 トーセンデューク(10):F

4番 トウショウドラフタ(12):F

5番 ロードクエスト(4):C

6番 ショウナンアンセム(13):C

7番 ヒーズインラヴ(5):A

8番 ダイワリベラル(14):F

9番 ヤングマンパワー(14):F

10番 ミッキーグローリー(2):B

11番 ストーミーシー(8):D

12番 ウインガニオン(11):F

13番 ゴールドサーベラス(6):A

14番 ワントゥワン(3):E

15番 ベステンダンク(9):F

予想

◎:ゴールドサーベラス

〇:ミッキーグローリー

▲:ロードクエスト

△:ヒーズインラヴ

△:ミュゼエイリアン

△:ショウナンアンセム

土曜日の中山は差し馬の活躍が目立ちましたが、気分よく行けば逃げた馬も残れる馬場状態。改修後の傾向通り、基本的にはやや差し有利と感じます。時計も速く、サンデーの血を持っている方が有利になりそうです。(ほとんどの馬が持っていますが)

本命は父が中山に強いロベルト系で、サンデーの血も合わせ持つゴールドサーベラス

前走は延長で初の2000mに加え、終始外々を回るロスもあり直線で失速。やはり得意としているマイル戦の方が合うのかも知れません。

近走は後方一手だった馬が久しぶりに先行したことで、今回短縮と伴って良い方向に出る可能性も十分。外目の揉まれない枠も良いし、得意の舞台で鮮やかな末脚に期待します。

対抗はミッキーグローリー

長期休養明けだった1戦を除いて、全て馬券に絡んでいる素質馬です。ここで好走しているディープ産駒は母系に欧州のスタミナ血統を持ち、ミッキーグローリーは母父リファール系・母母父グレイソヴリン系。

余程前が詰まるロスなどがない限り、無難に走ってきそうな気がします。

三番手はロードクエスト

1昨年の覇者で、適性は言わずもがな。近走は先行していますが、ここは後方待機策で末脚を活かして欲しい。先行すると微妙な気もします。

相手弱化で前進見込めるヒーズインラヴは、サンデーの血を持たない分本命にはしませんでしたが、春の同舞台重賞を勝っているだけに軽視は出来ません。

大穴の楽しみとして、短縮で一変期待のミュゼエイリアン、前走厳しい流れから楽逃げ出来れば面白そうなショウナンアンセムを相手にチョイス。

人気のロジクライは特別嫌う要素もありませんが、外差しが決まる展開になれば枠・脚質面で不利になる分を割引。それでも自力で残る可能性は有りそうですが、鞍上も中山の成績がパッとしないので人気なら消しておきます。

ワントゥワンはディープ産駒でも母系がややスピード寄りの血統で、自身も1600mまでしか実績がなく、ここで好走しているディープ産駒とは少しタイプが違う感じです。乗り替わりもプラスとは思えませんし、今回は危険な人気馬っぽいですね。

馬券は◎の単複、ヒーズインラヴまでの馬連、ミュゼエイリアン・ショウナンアンセムとのワイドを抑えに勝負です。

セントウルSの予想です。

【2018】セントウルステークスの予想
【2018】セントウルステークスの予想です。 出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。 セントウル...
スポンサーリンク

フォローする