【2018】神戸新聞杯の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】神戸新聞杯の予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

評価の定義を見る
スポンサーリンク

神戸新聞杯の短評

()は推定人気です。

1番 ゴーフォザミット(4):A

2番 エタリオウ(3):D

3番 ワグネリアン(1):B

4番 ステイフーリッシュ(5):C

5番 タイムフライヤー(8):D

6番 メイショウテッコン(6):C

7番 ビッグスモーキー(10):F

8番 エポカドーロ(2):D

9番 アドマイヤアルバ(7):A

10番 ハーベストムーン(9):F

予想

◎:アドマイヤアルバ

〇:ワグネリアン

▲:ゴーフォザサミット

△:ステイフーリッシュ

△:メイショウテッコン

ダービー馬のワグネリアンが推定1番人気。

これまで速い上がりも駆使していますし、ディープ産駒のクラシック級もこのレースでは走ります。叩き台であることと、乗り替わりがどこまで影響あるかですが、それなりに格好は付けるでしょう。

皐月賞馬のエポカドーロが推定2番人気。

こちらは少し疑っています。クラシックは2戦とも展開が向いたと見ていて、一定の能力があるのは認めますが、逆に展開が向かなかったときは他馬との力差はそれほどないんじゃないかと。

少頭数で流れも緩くなりそうな今回ですが、上がり勝負となれば頭数が少ない方が後方から差してくる馬も捌きやすく、ダービー以上に差を詰められる可能性も。

むしろ、逆転までされると考えておきたいですね。

推定3番人気が、前残りのダービーで後方から4着まで食い込んだエタリオウ

堅実に走っていますが、前走は4角で内を通れて直線もほぼロスなく走れた結果であって、スムーズではなかったゴーフォザサミットやアドマイヤアルバとの差はほとんどないはずです。

それでいて鞍上人気も加わった今回のオッズは過剰人気とも言えるのではないでしょうか。

本命はダービーで大外ぶん回し&進路もなくなったアドマイヤアルバです。

ダービーでの上がりは最速をマークし、メンバーレベルも高かった京都新聞杯で2着。ハーツ産駒の成長力を加味すると、勝ち切れないキャラを脱して頭まで期待出来ると思います。

対抗は無難にワグネリアンで、三番手には青葉賞でエタリオウに完勝しているゴーフォザサミット。エタリオウに比べ、人気がなさすぎですね。青葉賞同様の延長ローテで期待。

京都新聞杯でアドマイヤアルバを破ったステイフーリッシュは、G1から少頭数への格下げとなった共同通信杯で凡走しているのが気になるので、4番手評価に。

もし前残りの展開となったときは、メイショウテッコンも侮れないと思います。

馬券は◎▲の単勝・◎▲-〇への馬連・〇-◎▲-印の三連複で勝負です。

神戸新聞杯の傾向です。

【2018】神戸新聞杯の傾向
今週末に行われる神戸新聞杯の注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 神戸新聞杯の傾向 240...

オールカマーの予想です。

【2018】オールカマーの予想
【2018】オールカマーの予想です。 出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。 オールカマーの短評...
スポンサーリンク

フォローする