【2018】京都大賞典の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】京都大賞典の予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

評価の定義を見る
スポンサーリンク

京都大賞典の短評

()は推定人気です。

1番 モンドインテロ(9):F

2番 サトノダイヤモンド(2):D

3番 ブレスジャーニー(7):A

4番 レッドジェノヴァ(6):C

5番 アルバート(4):D

6番 ケントオー(8):F

7番 プラチナムバレット(10):A

8番 シュヴァルグラン(1):B

9番 スマートレイアー(3):D

10番 サンエイゴールド(11):F

11番 ウインテンダネス(5):D

予想

◎:ブレスジャーニー

〇:シュヴァルグラン

▲:プラチナムバレット

△:レッドジェノヴァ

△:サトノダイヤモンド

△:アルバート

△:スマートレイアー

推定1番人気のシュヴァルグランは、叩き台という点以外に嫌う要素はなさそうです。今年もまだ2走のみなので、それほど消耗していることもないでしょう。

推定2番人気のサトノダイヤモンドは、ここで好走出来ないと復活するチャンスがないのでは…と思うくらい条件的には絶好ですが、人気の立場では積極的には買いづらい。

推定3番人気のスマートレイアーは、昨年の当レース制覇以降、牡馬の一線級と走ってきたローテで昨年より消耗している可能性が考えられます。

他に何が走るねん…という印象ですが、本命は内枠のブレスジャーニー

前に行くにも差すにも、内でロスなく運べる馬が波乱を演出しているレースで、内目で速い脚を使えるのがこの馬くらいしか見当たりません。

バトルプラン産駒が京都芝長距離のG2…?とは思いますが、母父は当レースに相性の良いグレイソヴリン系と似た性質のタニノギムレットということで、一発に期待。

プラチナムバレットにも期待したいですが、出来れば逃げてもらいたいですね。

真ん中外寄りの枠なので、控えたらちょっと厳しくなりそうな気がする分、本命には出来ませんでした。能力的には重賞でやれてもおかしくはないはずです。(すでに重賞勝ち馬ですが)

実績馬は勢いに欠ける馬が多く、連勝中のレッドジェノヴァの勢いにも注意はしておきたいところです。ウインテンダネスは内枠なら抑えたいですが、大外では持ち味が活きないのでは。

馬券は◎▲-◎〇▲-印の三連複で、サトノダイヤモンド以降は配当が付く目のみにして買いたいと思います。

京都大賞典の傾向です。

【2018】京都大賞典の傾向
今週末に行われる京都大賞典の注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 京都大賞典の傾向 伝統の...

スポンサーリンク

フォローする