【2018】京都新聞杯の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】京都新聞杯の予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

※2月より定義を改定しました。

人気馬の定義は1~3番人気とします。

A:本命候補

B:好走が期待できる人気馬

C:好走が期待できる人気薄

D:好走の可能性はある馬

E:危険な人気馬

F:馬券対象にならない馬

スポンサーリンク

京都新聞杯の短評

()は推定人気です。

1番 フランツ(3):D

前走は2馬身差で勝っているとはいえ、レースを見ても額面通りには受け取れない。2走前は直線で早々に離脱。馬体が減り続けているのも不安。後方からとなれば、最内のメリットも薄れるかも。

2番 グローリーウェイズ(4):C

前走はディープ産駒が全く走れなかった馬場状態で2着。メンバーレベルは微妙で信頼はしきれない。

3番 レノヴァール(6):A

延長を先行する位置取りショックで面白そうな1頭。足が遅いタイプはこのレース向きでもある。

4番 リシュブール(7):C

前走はユーキャンスマイルに完敗の形も、短縮後の1戦で見直す余地はあり。日本屈指の名血揃いで重賞への格上げでその素質を開花させるか。こちらも先行して面白い。

5番 タニノフランケル(9):D

鈍足馬が向くレースとはいえ、そのなかでもスピードが足りないイメージ。

6番 メイショウテッコン(10):A

注目のマンカフェ産駒。前走はスタートで躓いて後方からとなり、本来の先行策なら青葉賞2着馬とも差のない競馬をしていたことからも一変して不思議はない。

7番 ケイティクレバー(2):B

前走から相手弱化は好材料。陣営のコメントや鞍上から察するに、今回も逃げる可能性が低そうだが…

8番 アドマイヤアルバ(11):A

勝ち味に遅いが、このレースにはむしろ向いている。少頭数ばかりのレースから相手強化の多頭数になって大幅にパフォーマンスを上げる可能性も。

9番 ロードアクシス(17):F

意外と堅実に走っているが、なんか違う気がする…

10番 レイエスプランドル(8):D

ハービンジャー産駒で前走より流れが速くなる可能性が高い格上げ戦ではやや厳しいか。

11番 アルムフォルツァ(14):D

戦績的には面白そうだが、ワンパンチ欠ける印象。

12番 ユーキャンスマイル(13):A

前走は短縮好走後の1戦で、瞬発力の差も響いた格好。枠も良く、先行する位置取りショックで面白い1頭。

13番 ステイフーリッシュ(1):E

前走はストレスの影響による敗戦と取れるが、前走よりそれほど相手強化というわけでもなく、延長・外枠はあまり良い条件とは思えない。

14番 アールスター(12):F

厳しい。

15番 シャルドネゴールド(5):C

前走が予想外の凡走だが、戦ってきた相手を考えるとここでも上位。外枠で前に壁が作れないと掛かる心配があるが…

16番 ダブルシャープ(15):F

厳しい。

17番 インターセクション(16):F

厳しい。

予想

◎:アドマイヤアルバ

〇:ケイティクレバー

▲:メイショウテッコン

△:レノヴァール

△:リシュブール

△:ユーキャンスマイル

△:シャルドネゴールド

最近は買いたい馬が見当たらず難しいレースが多かったですが、このレースは買いたい馬が多くて難しい。

迷いましたが本命はハーツ産駒のアドマイヤアルバ。

このレースでハーツ産駒はあまり良績がありませんが、そもそも500万下で勝てていない馬ばかりが出走しているので適性よりもレベル的な問題があります。

まぁ晩成傾向があることも影響はしていそうですが、鞍上も4月以降に絶好調な岩田騎手で、おそらく好位からレースを進めてくれるでしょう。

逃げるのはメイショウテッコンではないかと予想しています。前に行く意識が強い騎手なので、2走前逃げて前走逃げらなかったことから逃げれば一変の可能性も。

人気ではケイティクレバーが最も無難に走りそうですが、控える可能性が高いと見ているのでそれがどう出るかですね。

相手が絞り切れませんが、評価している馬で◎から馬連が万馬券となるところを抑えておきたいと思います。

京都新聞杯の傾向です。

【2018】京都新聞杯の傾向
京都新聞杯の傾向 今週末に行われる京都新聞杯の傾向です。 注目ポイント 比較的人気馬が堅実に走りやすいレース。過去10年で1~3番人気...

競馬は逃げ馬ではなく、”今回逃げる馬”が圧倒的に有利です。

競馬の絶対的法則「逃げた馬・先行した馬が絶対有利」
競馬は逃げ馬を買えば儲かる。 この格言には、少しだけ誤りがあります。 何が違うのか、みなさんはお分かりでしょうか? なぜ競馬は...

2017年に逃げる意識が強かった騎手のデータです。

【2017年度版】逃げ選択率の高い騎手
ここでは、騎手ごとに騎乗数と逃げた回数をまとめました。 競馬では逃げた馬が圧倒的に有利な事実があります。 どの馬が逃げるかは分か...
スポンサーリンク

フォローする