【2018】中山牝馬ステークスの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】中山牝馬ステークスの予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。※2月より定義を改定しました。【2月26日追記】人気馬の定義は1~3番人気とします。

A:本命候補

B:好走が期待できる人気馬

C:好走が期待できる人気薄

D:好走の可能性はある馬

E:危険な人気馬

F:馬券対象にならない馬

中山牝馬ステークスの短評

1枠1番 エテルナミノル:D

前走好走のストレスあるなかで最内枠はどうか。推定5番人気。

2枠2番 トーセンビクトリー:D

昨年より鮮度は劣るが、特異なコースで好走経験はそれだけでプラス。昨年より鮮度なく、近走のストレスがあると内枠はマズいか。鞍上の手腕に期待。推定6番人気。

3枠3番 バンゴール:F

重賞では一枚足りなさそう。推定13番人気。

3枠4番 マキシマムドパリ:B

引退レース。中距離重賞が続いているストレスはあるものの、少し間隔空いて疲労は少なく、好走する確率は十分。推定1番人気。

4枠5番 キンショーユキヒメ:C

前走は大幅な馬体増と、スタートで後手を踏んだことでリズムを崩した。能力的には重賞でも通用。前走は18頭立てを3角6番手なので、差しに回っても短縮ショッカーに近い効果はある…かも。先行すれば逆ショッカー。推定8番人気。

4枠6番 フロンテアクイーン:B

休み明け得意で、特に嫌う要素はない。推定2番人気。

5枠7番 エンジェルフェイス:A

前走は短縮で逃げられず。今回延長で逃げれば怖い存在だが、間隔詰まって疲労面がどうか。推定7番人気。

5枠8番 ゲッカコウ:A

前走は先行できず、今回逆ショッカーとなる可能性は高い。もっと内なら良かったが、中枠も悪くはない。推定9番人気。

6枠9番 シャルール:C

前走は復活を感じさせる走り。延長を得意としていそうな戦績だが、一発の可能性はありそう。推定11番人気。

6枠10番 レイホーロマンス:D

まだ鮮度は高いが、前走が初重賞・短縮の位置取りショックと激走要素が豊富だっただけに、前走ほど推せる要素はないが、人気はなさそうなので抑えても。推定10番人気。

7枠11番 ワンブレスアウェイ:C

微妙な枠。短縮はプラスで好走しても不思議はないが、ちょっと人気先行感がある。推定4番人気。

7枠12番 ブラックオニキス:F

厳しい。推定12番人気。

8枠13番 オートクレール:F

ここではワンパンチ足りない。推定14番人気。

8枠14番 カワキタエンカ:E

能力的には十分やれそうだが、逃げ続きなので今回逃げても大きなメリットはなく、人気では買いづらい。

今回逃げれずに凡走し、次走逃げて巻き返すパターンに期待。推定3番人気。

予想

◎:ゲッカコウ

〇:フロンテアクイーン

▲:エンジェルフェイス

△:マキシマムドパリ

△:キンショーユキヒメ

△:シャルール

現在は重馬場発表ですが、極端にパフォーマンスを落としそうなタイプはいないようにも思います。

馬券は◎の単複と馬連、▲からオッズ次第で抑え馬券も検討しています。

スポンサーリンク

フォローする