【2018】中山金杯の予想・◎レアリスタ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】中山金杯の予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

A:好走率・回収率が高いと思う馬

B:回収率が高いと思う馬

C:好走する可能性はあっても、回収率は平凡と思う馬

D:回収率が低いと思う馬

E:能力足りず、馬券対象にならない馬

スポンサーリンク

中山金杯の短評

1枠1番 ウインブライト:C

父ステイゴールドで中山実績も十分。前走同距離重賞勝ちのストレス不安も、相手関係を考えると好走しても。推定2番人気。

1枠2番 レアリスタ:B

父ステイゴールドで兄弟にネオリアリズム・リアルインパクト。重賞でも通用するポテンシャルはある。

延長ローテも重賞への格上げでタフになれば相殺され、内枠・相手強化で激走に期待。推定8番人気。

2枠3番 トーセンマタコイヤ:C

7歳ながら初重賞のディープ産駒。内枠微妙も人気を考えると抑えても。推定11番人気。

2枠4番 アウトライアーズ:D

父は中山巧者ネオユニヴァースの血を引くヴィクトワールピサ。当馬も中山で高パフォーマンスを見せるも、近走の負けっぷりから一変はどうか。推定6番人気。

3枠5番 デニムアンドルビー:C

前走久々の馬券圏内も、展開に左右され安定感なし。外を回らないと持ち味が活きず、今回も展開待ち。推定9番人気。

3枠6番 セダブリランテス:B

過去短縮馬の成績は良くないが、調べると勝負にならない馬か前走で激走していた馬が多く、短縮自体が悪い要素は見当たらず。

母父ロベルト系は中山重賞で相性良く、能力的にもここでは上位。推定1番人気。

4枠7番 ブラックバゴ:D

前走重馬場を人気薄で追い込んで快勝。反動がある可能性は高く、血統面では向くと思うが人気を考慮すると買いたくはない。推定4番人気。

4枠8番 パリカラノテガミ:E

厳しい。推定17番人気。

5枠9番 ダイワキャグニー:C

延長ローテで力が発揮できるかがポイント。すんなり内に潜り込めればいいが、枠的にも微妙なところ。推定3番人気。

5枠10番 タイセイサミット:D

前走は久々・延長で苦しい状況で見直せるも、血統面で特に強調できるものなく、枠も微妙。推定13番人気。

6枠11番 ストレンジクウォーク:B

父サドラーズウェルズ系は相性良し。中山実績も豊富で、穴候補としては面白い。推定12番人気。

6枠12番 フェルメッツァ:C

父ディープながら母父トニービンの影響強いB級ディープ。同距離重賞続きはマイナスも、鞍上は中山で心強い。推定7番人気。

7枠13番 ジョルジュサンク:D

血統面では悪くないが、枠が良くない。推定15番人気。

7枠14番 マイネルミラノ:D

楽逃げできれば怖いが読めない。ウインブライトのアシストか?推定10番人気。

8枠15番 ショウナンマルシェ:D

母父ロベルトはプラスも、重賞格上げでどうか。父マンハッタンカフェは昇級でイマイチ。推定16番人気。

8枠16番 ケントオー:E

大きく崩れないものの、パンチに欠ける。今回も推し材料特になし。推定14番人気。

8枠17番 カデナ:D

前走は度外視できるが、ダービー・神戸新聞杯がだらしない。走ってもおかしくはないが、現状は過剰人気か。推定5番人気。

予想

◎:レアリスタ

〇:セダブリランテス

▲:ストレンジクウォーク

スポンサーリンク

フォローする