【2018】ニュージーランドトロフィーの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】ニュージーランドトロフィーの予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

※2月より定義を改定しました。

【2月26日追記】人気馬の定義は1~3番人気とします。

A:本命候補

B:好走が期待できる人気馬

C:好走が期待できる人気薄

D:好走の可能性はある馬

E:危険な人気馬

F:馬券対象にならない馬

スポンサーリンク

ニュージーランドトロフィーの短評

1枠1番 コスモイグナーツ:F

厳しい。推定12番人気。

2枠2番 デルタバローズ:A

短縮内枠は好材料。実力が未知数だけに、人気がないなら。推定8番人気。

2枠3番 ゴールドギア:F

実力不足か。推定11番人気。

3枠4番 アイスフィヨルド:F

強調材料がない。推定9番人気。

3枠5番 カツジ:D

前走凡走でストレスないが、血統的に向くイメージはない。推定2番人気。

4枠6番 カシアス:A

少頭数を逃げて好走後に、多頭数への変更はどうか。血統面は高評価。推定7番人気。

4枠7番 エントシャイデン:F

条件戦を逃げて格上げの延長は苦しそう。推定10番人気。

5枠8番 ラムセスバローズ:A

多少ストレスの心配あるも、枠的にも悪くないところでチャンスはある。推定5番人気。

5枠9番 イサチルルンルン:C

前走はストレスある状態での内枠は厳しかった。延長はマイナスも、ストレス薄れ怖さはある。推定14番人気。

6枠10番 ファストアプローチ:E

少頭数から多頭数はマイナスか。血統面からはどうにも推しづらい。推定3番人気。

6枠11番 カイザーメランジェ:F

厳しい。(と言うより分からん)推定15番人気。

7枠12番 リョーノテソーロ:C

もう少し内が良かったが、血統面からは好走しても不思議はない。推定4番人気。

7枠13番 ペイシャルアス:F

現状、ストロングリターン産駒は多頭数より少頭数・内枠より外枠が好走パターン。格上げも歓迎とは言えないのでは。推定13番人気。

8枠14番 ケイアイノーテック:D

あまり買いたくはならないが、揉まれない外枠で力は出しやすくなった。ただし、内が有利になりやすい点ではプラスとは言えない。能力でどこまで。推定1番人気。

8枠15番 アンブロジオ:C

内枠なら狙いたかったが、よりによって大外枠…どうしよう。推定6番人気。

予想

◎:デルタバローズ

〇:カシアス

▲:ラムセスバローズ

△:イサチルルンルン

△:リョーノテソーロ

△:アンブロジオ

混戦模様の荒れる重賞。

思い切ってぶん回していきます。

父サンデー系がディープ産駒とキンシャサ産駒しかいない、最近にしては珍しいメンバー構成。

サンデー系以外でよく馬券に絡むのは、父米国型タイプです。

本命は新馬圧勝から次走延長ローテで凡走したデルタバローズ

正直、力関係は全く分かりませんが、短縮で内枠に変わる今回、キャリア1戦の身で重賞3番人気に推された素質が開花しても不思議はありません。

爆穴を出しているダンチヒ系の血を持っているのも心強いですね。

対抗はカシアス

Pサンデー系の好走馬が多く、とくにフジキセキ産駒は6頭中3頭が馬券になっています。その血を継ぐキンシャサ産駒も悪くないはず。母父もダンチヒ系です。

三番手はラムセスバローズ

前走同コースでややストレスがありそうですが、中枠なら我慢できるか。それなりに人気はするようなので、本命にするにはリスクが高いと判断しました。

推定1.2番人気のディープ産駒は舞台が合わない可能性が高いと思うので、来たら仕方ないと割り切ります。

ファストアプローチは…来ないでしょ?

馬券は◎の単複・相手への馬連で勝負。

スポンサーリンク

フォローする