【2018】桜花賞の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】桜花賞の予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

※2月より定義を改定しました。

人気馬の定義は1~3番人気とします。

A:本命候補

B:好走が期待できる人気馬

C:好走が期待できる人気薄

D:好走の可能性はある馬

E:危険な人気馬

F:馬券対象にならない馬

スポンサーリンク

桜花賞の短評

()は推定人気です。

1番 ラッキーライラック(1):B

敵はプレッシャーのみ。

2番 アマルフィコースト(16):D

順調ならワンチャンスありそうだが…

3番 リバティハイツ(7):F

前走鮮やかな勝利も、今回は求められる資質が違う。

4番 アンコールプリュ(9):D

前走より条件は好転しそうだが…ディープ産駒ならとりあえず抑えておくべきか。

5番 レッドサクヤ(13):A

ここまで戦ってきたレベルは疑問符も、本番で覚醒するか。人気急落で妙味ある。

6番 スカーレットカラー(15):F

逆転できる要素は見当たらない。

7番 トーセンブレス(11):D

上積みは微妙だが、好勝負できるチャンスはある。

8番 ハーレムライン(12):F

厳しい。

9番 リリーノーブル(3):B

ラッキーライラックとの実力差は明らかになるも、競馬は何が起こるか分からない。好勝負は必至。

10番 アンヴァル(14):F

厳しい。

11番 コーディエライト(17):F

近2走は崩れすぎ。

12番 デルニエオール(10):D

来るとは思わないが、血統の底力は怖い。

13番 アーモンドアイ(2):D

未知数。実績のないローテ、関東馬、それでいて人気なら、基本は軽視するのがセオリーか。

14番 レッドレグナント(8):F

いくらデムーロでも…無理やろ?

15番 プリモシーン(5):A

スケール的に、ラッキーライラックを倒すならこの馬かと思わなくもないが…鞍上戸崎ぃィ…

16番 フィニフティ(4):A

若干のストレスのなか、好枠に入りチャンス。着(拾い)永がどう乗るか。

17番 マウレア(6):D

明らかに前走が余計な一戦と見られているのか、推定6番人気と実績からは人気急落。ストレスきついが、人気が落ちるなら抑えておいてもいいかも知れない。

18番 ツヅミモン(18):F

アーモンドアイの2着後、2番人気で大敗、そして推定18番人気…アーモンドアイの実力は如何に?!

予想

◎:レッドサクヤ

〇:ラッキーライラック

▲:リリーノーブル

△:プリモシーン

△:フィニフティ

鬼門と言われる1枠に入ったラッキーライラックですが、1枠(1.2番)が過去20年で馬券になったのは1頭のみ。

しかし、そのうち17頭は6番人気以下の人気薄だったことは、あまり意識されていないのではないでしょうか。

つまり、数字ほど最内が不利になる可能性は低いかも知れないということです。

もちろん、内で包まれるリスクはありますが、大阪杯のようにドスローにならなければ、どこかで動ける可能性は高いでしょう。

阪神牝馬ステークスではドスローだった影響もあるでしょうが、内がしっかり残っているところを見ると、ダノンプレミアムのように力づくで押し切るシーンも十分考えられます。

むしろ、阪神牝馬ステークスでは外が伸びあぐねていたようにも見えますが、果たして…

それでもこのオッズで大勝負するのは、あまりにリスクは大きいですけどね。

本命はプリモシーンで行きたいところですが、鞍上が信用できないので(あまり騎手を考慮しない私が言うのは相当です)人気を考慮してレッドサクヤにします。

当てに行っても仕方ないので、ディープ産駒の底力を信じて。

王道路線組なのか、異端ローテ組なのか、見応えあるレースに期待しましょう。

スポンサーリンク

フォローする