【2018】ラジオNIKKEI賞の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】ラジオNIKKEI賞の予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

評価の定義を見る
スポンサーリンク

ラジオNIKKEI賞の短評

()は推定人気です。

1番 ロードアクシス(10):A

昨年9番人気で3着に好走したロードリベラルと同じ父・枠・生産者。福島好走歴があることも同じ。

こ、これはサインか?!

2番 メイショウテッコン(3):D

逃げればしぶといが、今回は同型がいるので逃げられるかどうか。前走は走りやすい条件で、今回上積みはあまり見込めない。

3番 キューグレーダー(6):D

前走が短縮で出遅れから追い込んで快勝。血統的には延長が苦手な可能性高く、スタートも心配。

4番 マイハートビート(11):F

兄にサトノラーゼン・サトノクロニクル。父がゼンノロブロイに代わり、より鈍足なタイプ。ゼンノロブロイが当コースで相性が良いだけに、好走するならそれ頼みか。

5番 ケイティクレバー(7):C

以前の鞍上に戻り、今回は強引に逃げる可能性も。そうなるとしぶといのは戦績が示す通りで、思った以上に人気も落ちているので面白い1頭。

6番 フィエールマン(1):E

前走が派手な勝ちっぷりだったが、スタートが悪くこれまでのレースレベルも高くはない。無敗のディープ産駒と明らかに売れすぎるタイプで、ここは嫌って勝負したい。

7番 キボウノダイチ(8):D

前走は有利な流れで楽逃げできたが、今回は同じようには行かない可能性が高い。短縮は得意で、それが良い方向に出れば。

8番 エイムアンドエンド(4):C

母が福島巧者で、東京より小回りの方が向く可能性がないとは言えない。前走はレースレベルが疑問も、展開向けば走れる力があるということは証明。

9番 マルターズルーメン(13):F

厳しい。

10番 イェッツト(2):D

相手強化・短縮は好材料も、外枠はマイナス。人気を考えると積極的には買いたくない。

11番 シセイヒテン(12):C

地味な血統も、延長をこなせそうなイメージはある。正直よく分からないが、これだけ人気がないなら抑えておきたい。

12番 ロードライト(9):F

厳しい。

13番 グレンガリー(5):A

兄弟に福島重賞勝ちのミトラがおり、自身も福島で好走歴あり。血統的に外枠は問題ないが、コース形態的に外枠は不利。すんなり先行したい。

予想

◎:ロードアクシス

〇:グレンガリー

▲:ケイティクレバー

△:エイムアンドエンド

△:シセイヒテン

本命は昨年3着馬と似たパターンのロードアクシス。

前走こそ大敗していますが、それまでの走りからそれが実力でないことは明白です。むしろ、印象が悪くなって人気が落ちるなら好都合。

今回は短縮になるので、一変の可能性ありと見ます。

対抗のグレンガリーは切れる脚がないタイプで、前走以上のパフォーマンスが見込めます。大外が問題ですが、先行できれば上位に来る可能性は高いのではないでしょうか。

三番手はケイティクレバー。

今回はこの馬が逃げると予想して、粘りこみに期待します。鞍上はここで結果を出して、大舞台でも継続騎乗ができるようにと意気込んでいるでしょう。

人気のフィエールマンはどれだけ強いのか、私には見抜けません。新馬の2着以下で勝ち上がったのは僅か2頭で、前走の2着馬も500万下で大敗を繰り返している馬。

お世辞にもレベルが高いレースだったとは思えず、スタートにも難がある馬を過信するのは危険過ぎます。とはいえ、昨年のセダブリランテスと同厩舎、ここもあっさり突破する素質馬なのかも知れません。

馬券は◎の単複・印への馬連と、〇から印への馬連も抑えておきます。

CBC賞の評価

CBC賞は狙いたい馬がいないので、評価だけ載せて見送ります。

トーキングドラム(11):F

トウショウピスト(10):C

レーヴムーン(15):F

コウエイタケル(12):F

グレイトチャーター(14):F

アクティブミノル(7):C

ダイメイプリンセス(6):C

アレスバローズ(4):D

セカンドテーブル(9):C

ナガラフラワー(5):F

スノードラゴン(13):F

ダイメイフジ(1):B

ナリタスターワン(17):F

フミノムーン(16):C

ワンスインナムーン(8):C

ペイシャフェリシタ(2):E

トシザキミ(18):F

アサクサゲンキ(3):B

今年の成績をまとめました。

上半期の重賞&本命馬成績
宝塚記念が終わり、2018年の競馬も上半期が終了したので、ブログで公開している重賞予想と、それ以外の勝負レースの本命馬の成績をまとめました。...

ラジオNIKKEI賞の傾向です。

【2018】ラジオNIKKEI賞の傾向
今週末に行われるラジオNIKKEI賞の注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 ラジオNIKKE...

CBC賞の傾向です。

【2018】CBC賞の傾向
今週末に行われるCBC賞の注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 CBC賞の傾向 開催時期が...
スポンサーリンク

フォローする