2018年の振り返り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今年最後のG1ホープフルSは、良血サートゥルナーリアの完勝でした。

G1としてはかなりのスローで、正直見応えという点ではあまりありませんでしたが、サートゥルナーリアの強さは際立っていましたね。

厳しい流れになったときにどうなるかは未知数ですが、来年のクラシック候補として大いに楽しみです。

2018年の最大の衝撃は、やはりアーモンドアイでしょうね。

桜花賞で十分強さは感じましたが、まさか古馬相手でもあれほどのパフォーマンスを見せるとは思いませんでした。

他には福永騎手が悲願のダービー制覇や、外国人騎手が勝ちまくり、ルメール騎手の年間最多勝記録・G1勝利記録の更新など、色々と話題のある年でした。

が、個人的にはJC後の記事にも書いたように、もっと国内で強い馬同士が走るレースを見たいと思っているので、以前ほどG1でもワクワクするレースが多くなかったのが正直なところです。

ノーザンの使い分けが良いかどうかは別として、象徴的だったのはやはりレイデオロがJCをパスしたことでしょう。

昔の藤沢厩舎は天皇賞からJC・有馬と三連戦で結果を残していたのに、オールカマーから始動してJCをパス…というのは残念としか言いようがないです。しかも、JCにはアーモンドアイが出走していたわけですから。

世界へ挑戦する馬も増え、それを楽しみにしている人も多くいるとは思いますし、それこそどちらが良いのかは一概に言えませんけどね。

2019年はもっと心をくすぐってくれるレースが増えることに期待したいです。

スポンサーリンク

馬券の振り返り

さて、個人的な今年の競馬成績ですが、後半から自分でも驚くくらいの失速をして最後まで調子が戻らず、非常に悔しい思いをした1年でした。

今年の本命馬の成績はこちらです。

単勝回収率は平均程度、複勝回収率は平均を大きく下回る結果となりました。

基本的に穴狙いとはいえ、これまでは複勝率は大体25%程度に落ち着いていたのですが、今年は酷かったですね…

しかも、前半はこれまでにないくらい調子が良かっただけに、余計に後半の酷さは精神的に参りました。

ちなみに、こちらが月別の成績。

6月以降が酷すぎて笑えないレベルです。同じ人が予想してるのかというくらいの落差ですね。笑

こんな予想レベルのヤツが一丁前にブログで気取ってんじゃねーよと言われそうですが、これでも昨年は僅かながら単複ともに回収率100%超えだったんですよ。

どうやら私は夏場と12月の予想はしないほうが良いみたいです。笑

今年の成績が酷すぎて、2017年と累計での成績も単複回収率が100%を下回りました。

それでも一応は平均よりはマシであり、券種と相手選びによっては馬券収支もプラスにすることはできるレベル。ただ、私は本命馬選びよりも相手選びがさらに下手なのが困りものです。

単複は馬単・ワイドで代用することで回収率を上げられると記事に書いてはいるものの、それには資金が必要なので自分で実践するのがなかなか難しいところ。

また、基本的に前日か朝一に馬券を購入するので、細かい資金配分もできないのは厳しいですね。

まぁ競馬の成績は一年単位では計れないとは思いますが、今の私の実力はこの程度だと受け止め、改善していく必要はありそうです。

2019年は基本に返り、単複勝負で1頭の馬をより真剣に見ていきたいと思います。

ただ、2019年は競馬に割ける時間が減る可能性もあるので、どれくらいの頻度で更新できるかは正直分かりません。

実は、趣味でインドカレーを作っているのですが、2019年の春頃から昼の時間帯だけお店をやろうと計画しているからです。

現在は月に2回だけ、京都の上賀茂神社近くでやっていますので、興味のある方はぜひお越しください。割と本格的なカレーを作ってます。(宣伝)

ご訪問頂きありがとうございます。現在、上賀茂御薗橋にある「かみのまち食堂」にて、第二・第四日曜に数量限定でインドカレーイベントを開催させて頂いております。当店メインのバターチキンは最も身体に良い油とも言われる「ギー」を使用し、トマトの酸味・

最後は思いっきり宣伝となりましたが、2019年も極・競馬塾をよろしくお願い致します。

スポンサーリンク



フォローする