【2018】ローズステークスの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】ローズステークスの予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

評価の定義を見る
スポンサーリンク

ローズステークスの短評

()は推定人気です。

1番 レッドランディーニ(14):A

2番 ウスベニノキミ(12):F

3番 スカーレットカラー(11):F

4番 ラテュロス(10):D

5番 サラキア(2):B

6番 オールフォーラヴ(4):D

7番 センテリュオ(8):A

8番 サトノワルキューレ(1):D

9番 アンコールプリュ(15):D

10番 フィニフティ(9):D

11番 トーセンブレス(5):C

12番 ゴージャスランチ(7):C

13番 カンタービレ(3):E

14番 ウラヌスチャーム(6):C

15番 レオコックブルー(13):F

予想

◎:センテリュオ

〇:サラキア

▲:レッドランディーニ

△:トーセンブレス

出走馬15頭中10頭がディープ産駒という凄まじい光景です。今年は春のクラシック主役級が前哨戦に出走しないという、いつもとは違うケースになりました。

ローズSはとにかく上がり上位馬が馬券になるレースで、近走で速い上がりを使っている馬が圧倒的に有利です。

本命はディープ産駒の良血馬センテリュオ

実績では物足りませんが、全兄に同舞台のチャレンジCを制したトーセンスターダムがおり、相手強化で素質の片鱗を見せてくれることに期待。

推定8番人気ながら、やけに前売り段階では売れているのが気になりますが…

対抗はサラキア

フローラSでは外からスムーズに加速できたサトノワルキューレに対し、こちらは内で常に進路を探りながらの不完全燃焼。

まともなら勝っていたのではないかと思わせる内容です。前走も一捲りで古馬相手に圧勝。能力的には一番なのでは…

三番手に大穴レッドランディーニ

条件戦でくすぶっていますが、チューリップ賞ではサラキアと差のない競馬、2走前は前有利な流れで力負けではない、前走は…ちょっと物足りない内容でしたが、ここまで人気がないなら狙ってみたいですね。

サトノワルキューレはデムーロが2000mでも短いと言っており、賞金的にも足りているため取りこぼしても不思議はありません。

カンタービレは切れる脚のないディープ産駒で、この舞台では切れるディープ産駒に後れを取りそう。賞金も足りるでしょうから、5着くらいになってもらいましょう。

ローズSの傾向です。

【2018】ローズステークスの傾向
今週末に行われるローズステークスの注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 ローズステークスの傾...
スポンサーリンク

フォローする