【2018】皐月賞の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】皐月賞の予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

※2月より定義を改定しました。

人気馬の定義は1~3番人気とします。

A:本命候補

B:好走が期待できる人気馬

C:好走が期待できる人気薄

D:好走の可能性はある馬

E:危険な人気馬

F:馬券対象にならない馬

スポンサーリンク

皐月賞の短評

()は推定人気です。

1番 タイムフライヤー(6):A

少頭数大外の前走からは確実に条件好転。馬場が悪化すれば母父の底力も一層活きる。

2番 ワグネリアン(1):D

雨はあまり気にならないが、臨戦過程・鞍上ひっくるめて勝つイメージは湧かない。

3番 ジャンダルム(4):C

力はあるが、クラシックで通用する血統なのかどうか…

4番 スリーヘリオス(16):F

厳しい。

5番 キタノコマンドール(3):E

力関係は未知数だが、未知数を人気で買うにはリスクが高い。

6番 アイトーン(13):D

強引にでも逃げれば粘りこむ可能性は多少あるかも…

7番 エポカドーロ(5):D

調教師が多少強引にでも逃げる指示を出しているそうだが…鞍上は大一番でそんなことをできるのか?

8番 ケイティクレバー(11):D

相手強化の多頭数でパフォーマンスを上げるとは考えにくいが、逃げればしぶとい可能性はある。

9番 オウケンムーン(7):C

何とも評価に困る1頭。人気は手ごろなので、相手候補には抑えておきたい。

10番 ジェネラーレウーノ(10):A

同コースが続くストレスも、休み明けで相殺できるかどうか。どうも、あの馬のイメージとダブる…

11番 マイネルファンロン(14):C

戦績からは一枚足りないが、血統面・馬場補正で上昇するチャンスはある。

12番 グレイル(8):A

タイムフライヤーと同様、前走より条件好転。

13番 ダブルシャープ(13):F

厳しい。

14番 サンリヴァル(9):C

自力勝負では少し厳しそうだが、馬場悪化で上昇のチャンス。

15番 ステルヴィオ(2):D

実力上位は誰が見ても明白だが、ロードカナロア産駒が中山2000mをこなせるか。

16番 ジュンヴァルロ(15):F

厳しい。

予想

◎:ジェネラーレウーノ

〇:タイムフライヤー

▲:グレイル

△:マイネルファンロン

△:サンリヴァル

ダノンプレミアムが抜けて大混戦ムードとなった皐月賞。雨予報も出ており、混戦ムードに拍車がかかります。

逃げ宣言をしているのがアイトーン・エポカドーロ・ケイティクレバー陣営。

しかし、戸崎・浜中騎手が強引にペースを引き上げるレースを作るとは考えにくく、案外あっさりアイトーンがペースを握る可能性があるんじゃないかと思います。

まぁ、私はあまり展開を考慮してもよく分からないので、普段通りの予想をするのみです。

本命はジェネラーレウーノ

京成杯のレベルが疑問視されていますが、前後半1.8秒差の前傾ラップを2番手から押し切ったのは力が抜けていた証とも言えます。最後はまだ余裕も見えました。

3番手だったサクステッドは短縮苦手な血統で次走好走し、4番手だったエイムアンドエンド・デルタバローズはその後重賞で激走しています。

成長力を加味すると、まだまだレースレベル云々を言うのは早計かも知れません。

血統面では根幹距離より非根幹距離に向きそうですが、馬場が悪化しそうな中山のロベルト系は怖い。

3着くらいはあってもおかしくないでしょう。

対抗はタイムフライヤー

正直、本命にしようかと思っていましたが、Mの法則で予想する人は大半がこの馬を本命にしそうな気がしたので、敢えて逆を突いてみました。(何の逆かは分かりませんが)

前走はハーツ産駒が凡走して納得の条件で、上昇する可能性は高い。

しかし、ハーツ産駒が皐月賞で好走するのか?という疑問も、実は若干持っています。

要は…分かりません。

三番手はグレイル

評価の理由はタイムフライヤーと同じで、枠の分だけタイムフライヤーを上に取りました。

要は、分かりません。

推定上位人気3頭には印を回していませんが、自信を持っては消せないですね。

私は単複・馬連を軸に買っているので、来ても3着くらいかなぁという意味で印を回していないだけです。

まぁ、オッズも混戦で人気馬との組み合わせでもそこそこ付きますから、無理に嫌う必要はないとは思いますが…

記事作成時点ではキタノコマンドールとの馬連が結構ついてます。

どうする!?俺!!

今のところ、◎の単複・○▲との馬連・△とのワイドで勝負を考えています。

ロードカナロア産駒の特徴です。

ロードカナロア産駒の特徴を考察※2018年4/8更新
初年度産駒アーモンドアイが、鮮烈な末脚で桜花賞を制しました。 昨年の秋に、ロードカナロアの特徴を一度まとめてみましたが、それから半年ほ...

皐月賞の傾向です。

【2018】皐月賞の傾向
皐月賞の傾向 今週末に行われる皐月賞の傾向です。 大本命ダノンプレミアムの回避は残念ですが、馬券的には俄然面白くなりました。 注目...
スポンサーリンク

フォローする