【2018】スプリンターズSの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】スプリンターズSの予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

評価の定義を見る
スポンサーリンク

スプリンターズSの短評

()は推定人気です。

1番 ラインスピリット(13):F

近走は安定していますが、G1でどうこうのレベルではない(はず)

2番 ヒルノデイバロー(14):D

重馬場は悪くなく、前走の凡走でストレスもないですが、やはりG1では…

3番 ワンスインナムーン(7):C

昨年と同ローテ。

短縮は◎も、昨年より鮮度はなく良くて3着では…と思います。

4番 スノードラゴン(15):F

人間で言えば…60歳くらい?

まだまだ若者に混じって健闘してますが、そろそろ定年退職でしょう(?)

5番 アレスバローズ(5):C

初G1挑戦のディープ産駒。舞台適性は正直疑わしいですが、勢いで通用しても。

近2走は評価せず、後出しで評価して大凡走する悪寒…

6番 ダイメイプリンセス(11):A

穴血統キングヘイロー産駒。

初G1挑戦で鮮度的にはメンバー中トップクラス。

7番 キャンベルジュニア(10):C

今回で1200mが2度目の鮮度馬。

格上げで頑張る気はしませんが、母父はスプリント大国の名血。前走は休み明けマイナス体重の割によく走った方で、馬体が回復していればチャンスあっても。

8番 ファインニードル(2):D

昨年と同ローテで昨年は惨敗。

昨年より余裕のあるローテはプラスで、昨年より鮮度が落ちているのはマイナス。差し引き±ゼロで…それなりに走りそう?

9番 ラブカンプー(12):D

当レース鬼門のサクラバクシンオー系。

夏の疲れも心配で、さすがに厳しそう。

10番 レッツゴードンキ(4):C

内で脚を溜めたいタイプで、枠が微妙。うまく内に潜り込めるかどうか。キャリアは重ねているものの、多彩なレース質を経験している分まだ頑張れる可能性はありますね。

11番 セイウンコウセイ(6):D

一時の勢いはなく、前走は逃げたことで久々の勝利。地力は高くても前走より楽に感じる要素は見当たりませんが、人気もあまりないので取捨が難しいところです。

12番 ナックビーナス(1):D

前走があまりに鮮やか過ぎて、今回それ以上のパフォーマンスを発揮するとは思えません。1200m続きのローテもG1を勝つには好ましくないでしょう。

13番 ティーハーフ(16):F

買える要素はないです。

来たら雨の影響による事故と諦める。

14番 ラッキーバブルズ(9):C

外国馬はよく分かりませんが、血統的には悪くなく、短縮ローテもプラス。

人気がないなら抑えはしておきたいですね。

15番 ムーンクエイク(8):C

前走は初の1200m戦のペースに戸惑ったのでしょうか。

枠は残念ですが、初G1挑戦で距離鮮度も高く、すんなり先行出来るようなら怖い1頭。

16番 レッドファルクス(3):E

3連覇かかるレースも、充実期は過ぎた感は否めず、厳しい戦いになりそう。

予想

◎:ダイメイプリンセス

〇:ムーンクエイク

▲:アレスバローズ

△:ワンスインナムーン

△:キャンベルジュニア

△:レッツゴードンキ

△:ラッキーバブルズ

雨の影響でどのような馬場になるのか全く分からないうえ、ほとんどの馬にチャンスがありそうな超難解なレースです。

土曜を見る限り、中山芝では短縮馬の激走が目立ちました。

2R…ムスティッカ → 12番人気3着(単勝270倍!!)

7R…プレシャスブルー → 6番人気3着(唯一の短縮馬!!)

11R…キャプテンベリー → 9番人気2着(単勝買ってたので悶絶!!)

11R…ウインフェニックス → 11番人気3着(単勝160倍!!)

雨の影響で体力の要るタフな馬場になっていると考えられ、明日も同様の傾向になるのではないでしょうか。(雨が降り過ぎて関係なくなるという可能性も…)

と言いながらも、本命は短縮馬ではないダイメイプリンセスです。

父キングヘイローの産駒は、改修前とは言え当レースで穴馬券を演出したこともあり、1200mで何度も激走している穴血統。

父・母父ともに短縮が得意で延長を苦手とする傾向があり、そんな血統馬が前走延長で2着と好走したのは今が充実期であると考えられます。

また、改修後の好走馬の多くはニジンスキーの血を持つ(と亀谷氏が言ってた)ため、母父ダンスインザダークにニジンスキーの血が入っているのも好材料。

重賞で2連続好走の反動があるかも知れませんが、出走馬の多くが何かしら問題を抱えているなら、人気薄で狙う価値は十分あるでしょう。

対抗も同距離馬ですが、初G1挑戦のムーンクエイク。

前走後、ルメール騎手が「1200mは忙しすぎマスッ!!1400mがベスト」とコメントしていますが、それでもここを使ってくる理由は果たして?!

普通なら、距離実績のある富士SやスワンSを使ってマイルCSを目指せば良いと思いますが、ここを選んだ理由はそれなりに自信があるからではないでしょうか。

「ルメール空いているし、好走すりゃラッキーでとりあえず出走させとくか。」で出走してたら諦めます。

三番手は血統的に1200mを走る理由が分からないアレスバローズ。まぁ血統だけで全てを語れるわけではないので…

連勝のストレスがあるはずなので、もう少し外目の枠が良かったですが、メンバー中トップクラスの勢いで何とかしてくる可能性も。

ディープ産駒ながら1200mなので、思ったほど人気にならないのが逆に狙い目なのかも知れません。

正直、自信は全然ありません。

いつもは予想段階では当たる気が満々で外れまくってますから、こういう時に当たってくれてもええんやで。

スプリンターズSの傾向です。

【2018】スプリンターズステークスの傾向
今週末に行われるスプリンターズステークスの注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 スプリンター...
スポンサーリンク

フォローする