【2018】ステイヤーズステークスの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】ステイヤーズステークスの予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

評価の定義を見る
スポンサーリンク

ステイヤーズステークスの短評

()は推定人気です。

1番 アルバート(1):D

2番 ヴォージュ(3):D

3番 モンドインテロ(6):D

4番 コウキチョウサン(7):C

5番 トウシンモンステラ(12):F

6番 カレンラストショー(10):C

7番 ララエクラテール(5):C

8番 マサハヤダイヤ(11):F

9番 ネイチャーレット(14):F

10番 マイネルミラノ(9):F

11番 リッジマン(2):B

12番 アドマイヤエイカン(4):C

13番 メドウラーク(8):F

14番 アルター(13):F

予想

◎:コウキチョウサン

〇:リッジマン

▲:ララエクラテール

△:アルバート

△:ヴォージュ

△:カレンラストショー

△:アドマイヤエイカン

アルバートの4連覇がかかるレース、JRAで同一重賞を4連覇した馬は未だにいないことから、そんなに簡単なことではありません。

前走は展開のアヤもありましたが、やはり多少なりとも力は衰えてきた気はします。特殊すぎるレースですから、好走する可能性は大いに有り得そうですが、「勝ち切る」という点では逆らってみるのが面白いのではないでしょうか。

また、長距離は騎手の経験も重要な要素になります。

その点、アルバートはこれまでムーアで3連覇していますが、今年はモレイラ。腕は一流でも、これだけの長距離の経験はほとんどないはずです。

周りの騎手が意地を見せて駆け引きをしてくれれば、馬券外になることも有り得ると見ています。このレースでそんな駆け引きが行われるかどうかが問題ですが…

ということで、過去の傾向から条件戦でも勝ち切れない「スタミナを秘めていそうな馬」からコウキチョウサンを本命に抜擢。

兄は障害王オジュウチョウサンで、父はステイゴールド・母父シンボリクリスエス・母母父ミルジョージとスタミナの塊のような血統。

内枠に入ったのもプラスですし、鞍上も長距離で信頼できる腕を持っています。

対抗には母系の影響で長距離適性が高くなっているリッジマン。

ダイヤモンドSで2着の実績からも、スタミナに不安はありません。鞍上も長距離実績のある蛯名騎手なので問題なし。

三番手も条件戦でくすぶっているララエクラテール。

母父はボールドルーラー系ですが、母の母方血統が重厚で、スタミナは問題ないでしょう。推定5番人気と思ったより人気しているのと、鞍上がやや信用できない分は割引。

ヴォージュは血統的にマイナスとは思いませんが、推定3番人気で買いたい馬ではありません。アドマイヤエイカンは母系がやや軽めなことと、外枠の分マイナス評価。血統的にスタミナ豊富で一発の可能性がありそうなのは、カレンラストショーでしょうか。

馬券は◎の単複メインで、後はどうするか考え中です。

ステイヤーズステークスの傾向です。

【2018】ステイヤーズステークスの傾向
今週末に行われるステイヤーズステークスの注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 ステイヤーズス...

チャンピオンズカップの傾向です。

【2018】チャンピオンズカップの傾向
今週末に行われるチャンピオンズカップの注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 チャンピオンズカ...
スポンサーリンク

フォローする