【2018】セントライト記念の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】セントライト記念の予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

評価の定義を見る
スポンサーリンク

セントライト記念の短評

()は推定人気です。

1番 ギベオン(4):D

2番 グレイル(6):D

3番 ショウナンラーゼン(15):F

4番 ジェネラーレウーノ(5):A

5番 コズミックフォース(3):D

6番 ゼーゲン(8):C

7番 ブレステイキング(2):E

8番 メイショウロセツ(10):F

9番 タニノフランケル(7):C

10番 トラストケンシン(11):F

11番 ケイティクレバー(14):D

12番 レイエスプランドル(12):D

13番 ダブルフラット(9):C

14番 オウケンムーン(13):D

15番 レイエンダ(1):B

予想

◎:ジェネラーレウーノ

〇:タニノフランケル

▲:レイエンダ

△:ゼーゲン

△:ダブルフラット

ダービー馬の弟レイエンダが圧倒的1番人気。

前走は古馬相手の1000万下を持ったままで楽勝しています。中盤が緩かったとは言え、ほとんど追われることなく加速し続けた内容は重賞でも十分やれる印象。

ただ、前走よりペースが厳しくなる可能性が高く、大外枠でロスがあると勝ち切れるまではどうか…という感じです。

あっさり通過するようなら先々が楽しみですし、馬券的には勝たない方向で考えたいですね。

本命はジェネラーレウーノ

中山なら世代屈指の適性を誇るのは証明済みです。問題は先を見据えた仕上げなのかどうか。

逃げ宣言をしているようですが、ケイティクレバーも簡単には譲らないでしょうし、タフな展開になる可能性も高そうです。

この馬に関しては、緩いレースよりも締まった流れで力を発揮出来るタイプなので、それはそれで問題ないでしょう。

推定5番人気ですが、レイエンダを除く上位4頭がかなり拮抗した人気となりそうですね。

対抗は名牝ウオッカの仔、タニノフランケル

この馬もスローにはしたくないはずで、ジェネラーレウーノ同様に締まった流れに向くタイプです。ハイペースでも前が残る流れになれば、本命とセットで雪崩れ込んでもおかしくないでしょう。

ディープ産駒からは母系が重厚なゼーゲンに期待。

位置取りに不安がありますが、タフな流れならディープ産駒のなかでこの馬が最も向くと思います。

非根幹距離で4戦4連対のダブルフラットも侮れません。

ブレステイキングが推定2番人気となっていますが、正直なぜこれほど人気になるのか不思議です。ダービー3着馬のコズミックフォースと接戦を演じたからでしょうか。

個人的にはコズミックフォースのパフォーマンスにもあまり強さを感じていないので、過剰人気している気がします。

もちろん、私の見立てが見当外れで、2頭とも世代屈指の実力馬だとしたら…最近の酷い予想っぷりからすると、その可能性が高い気もします(*´ω`)

セントライト記念の傾向です。

【2018】セントライト記念の傾向
今週末に行われるセントライト記念の注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 セントライト記念の傾...
スポンサーリンク

フォローする