【2018】秋華賞の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】秋華賞の予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

評価の定義を見る
スポンサーリンク

秋華賞の短評

()は推定人気です。

1番 ラテュロス(10):D

強調材料なし。

2番 カンタービレ(3):E

オークス以外崩れていませんが、あまり強さを感じません。重賞勝ちの2戦もともに緩い流れで、激戦になったときに踏ん張れる気がしないですね。

3番 スカーレットカラー(13):取り消し

出走取消

4番 ランドネ(8):D

今回は前が厳しくなりそうで、自分のペースで走るのは難しいはず。

5番 サラキア(6):C

大物感はありませんが、同世代の牝馬相手ならそれなりに走るでしょう。

6番 パイオニアバイオ(9):D

勝ち上がるまでに時間を要しましたが、秋華賞2着の母に父母父トニービンの底力が加われば好勝負できても不思議はありません。

7番 ラッキーライラック(2):D

内回りを上手く立ち回ることがアーモンドアイ逆転の最後の手段。問題は予定外のぶっつけと鞍上交代の影響で、馬券外に沈む可能性も考慮したいです。

8番 トーセンブレス(12):A

前走はフケの影響があったとのこと。世代屈指の末脚を持ち、アーモンドアイが先行勢を潰したときは最後に突っ込んでくるのはこの馬である可能性も高いでしょう。

9番 サトノガーネット(14):F

さすがに…ちょっと…買えない。

10番 オールフォーラヴ(15):A

小回り重賞で活躍した母の特徴を受け継いでいれば、ここでパフォーマンスを上げても。ちょっと人気急落し過ぎな感はあります。

11番 アーモンドアイ(1):B

敢えて粗を探すなら…スタートで後手を踏み、思いのほか流れが落ち着き、リカバリーしきれずに外々を回って届かず…とか?

12番 オスカールビー(17):F

前走は相手が弱かった。どこまでのレベルかはちょっと分からないですね。

13番 ミッキーチャーム(4):D

ゆくゆくは重賞で走りそうですが、ここで4番人気ではちょっと買いづらい。

14番 ゴージャスランチ(11):A

最初は評価していませんでしたが、秋華賞らしいスピードの持続力勝負に最も向いていそうな血統構成です。

15番 ハーレムライン(16):F

能力的に足りなさそう。

16番 プリモシーン(5):C

古馬相手に重賞を勝ったのは評価出来ます。スタートが課題ですが、ハマれば上位に来てもおかしくはありません。

17番 サヤカチャン(18):F

…厳しい。

16番 ダンサール(7):C

今回は差しに回る可能性が高く、ハマれば怖い1頭です。ただ大外枠はちょっと厳しいかな…

予想

◎:ゴージャスランチ

〇:アーモンドアイ

▲:トーセンブレス

☆:オールフォーラヴ

△:サラキア

△:パイオニアバイオ

△:プリモシーン

△:ダンサール

ジェンティルドンナやブエナビスタ級でも苦しんだ京都2000mの舞台。アーモンドアイも能力的には抜けていても、展開のアヤで苦しむ可能性がないとは言い切れないでしょう。

それでも3着を外す可能性は限りなく低いと思いますし、ここはアーモンドアイが来ても高配当になる買い方を狙ってみたいですね。

ということで、馬券は◎▲☆-〇-印の三連複で万馬券狙い。なぜか現時点でサラキア-ゴージャスランチの目がかなり売れていますが…何かあるのか?!

馬券が当たらないなら、せめてラッキーライラックが抜けだしてアーモンドアイを最後まで苦しめる見応えあるレースが見たいですね。

土曜日の危険な人気馬は、10頭(1頭取消)中8頭が消える我ながら見事な判断でしたが、明日の危険な人気馬リストは時間の都合上お休みとさせていただきます。

なお、馬券には全く活かせなかった模様…(*´ω`)

スポンサーリンク

フォローする