【2018】高松宮記念の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】高松宮記念の予想です。

今回は時間の都合により、予想だけ先に挙げておきます。

各馬の短評は時間があれば追記したいと思います。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

※2月より定義を改定しました。

【2月26日追記】人気馬の定義は1~3番人気とします。

A:本命候補

B:好走が期待できる人気馬

C:好走が期待できる人気薄

D:好走の可能性はある馬

E:危険な人気馬

F:馬券対象にならない馬

予想

◎:シャイニングレイ

△:レッツゴードンキ

△:ファインニードル

△:ダイアナヘイロー

△:ダンスディレクター

△:キングハート

大混戦で何が来るか全然検討が付きません。

土曜は外差しが優勢かと思いきや、最終レースでは外が全く来なかったのが気になりますが、本命はシャイニングレイ

確たる本命馬不在と見ていて、出走馬の中で最も生涯鮮度の高い当馬に期待します。

一応、短縮で差しに回る位置取りショックになる可能性は高いので、中団やや前程度で運べれば。

もしくは最後方くらいでイチかバチかくらいの勝負をしてもらいたい。

中途半端な位置だと馬場的に厳しくなるかも知れません。

レッドファルクスに印を回していませんが、不安要素としては鮮度の低下と脚質面。

まぁ他の馬もあまり推せる要素のある馬がいないので、実力で3着くらいには来る可能性は高いと思いますが、連対まではできない方に賭けたい。

3~5着あたりでは…という予想です。

レッツゴードンキは鮮度面では劣りますが、別路線組ということである程度の位置を取れれば好走のチャンスか。

後方すぎると間に合わない可能性が上がりそうです。

ファインニードルは反動に弱いタイプの可能性がありますが、多少間隔が空いたこと、メンバー中鮮度面では優位にあることから抑えに。

ダイアナヘイローも前走人気薄で逃げて好走と、明らかに危険なにおいしかしませんが、鮮度面では上位。

今回人気なら嫌いたいですが、全然人気しないので抑えます。

ダンスディレクターは短縮で差しに回る位置取りショックが濃厚。

鮮度面はイマイチですが、メンバー的に走る可能性はありそう。

配当も付きそうなので抑えておきます。

馬券は◎の単複・相手への馬連で勝負。

各馬の評価(M3)・推定人気(M4)を載せておきます。

スポンサーリンク

フォローする