【2018】宝塚記念の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】宝塚記念の予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

評価の定義を見る
スポンサーリンク

宝塚記念の短評

()は推定人気です。

1番 ステファノス(11):D

前哨戦を取りこぼして本番でパフォーマンスを上げるタイプも、適性という点ではあまり魅力はない。

2番 ノーブルマーズ(13):A

前走より3kg増は楽ではないが、再び相手強化・内枠で激走あっても。

3番 サトノダイヤモンド(1):E

ディープ産駒の牡馬で早くから活躍し、その後低迷した馬が復活した例は少ない。心情的にはここで復活して、秋の古馬戦線を盛り上げてもらいたいが…

4番 ミッキーロケット(8):F

前走は道中ほぼ最内を通れたことが大きい。キンカメ産駒もこのレースに向いているとは言えず、善戦止まりか。

5番 ストロングタイタン(10):F

重賞制覇の勢いは怖いが、どうにも血統面で通用するイメージが湧かない。

6番 アルバート(14):D

父が芝G1で通用するイメージが湧かないが、通用するとしたら非根幹距離のここか。展開ハマってスタミナが活かせる流れになれば。

7番 パフォーマプロミス(4):C

いかにも過ぎて逆に買いづらいが、今年のメンバーなら最も勢いもあり無視はできない。

8番 ダンビュライト(9):A

根幹距離G1で善戦止まり、非根幹距離は2戦とも馬券内と宝塚記念で好走しそうなタイプではある。

9番 サトノクラウン(6):C

昨年のJC・有馬記念は天皇賞(秋)のダメージを引きずったか。前走は展開向かずで、どこまで状態が回復しているかがポイント。

10番 ヴィブロス(5):D

好相性のディープ牝馬、当レース激走のヴィルシーナの妹ということで前売り段階でやや売れ気味も、自身がエリ女・中山記念でパフォーマンスを落とし気味なところから、非根幹距離適性がどうか。(ドバイDFは勝ってるけど)

11番 サイモンラムセス(16):D

常識的には厳しいが、ここ2戦で急に圧勝を続けたのは不気味。この年齢からなぜこうなるのか…解明できる人の意見を聞きたい。

12番 タツゴウゲキ(15):D

重賞を連勝したように、能力の裏付けはある。父は当レース覇者で、血統面で不気味な感じがする。

13番 ワーザー(3):B

近年で外国馬が馬券になるのは非根幹距離のG1ばかり。その点で注意はしたいが、初物が(推定)3番人気では軸にはしづらい。

14番 スマートレイアー(12):D

推せる要素はとくにない。鞍上変わって積極策を取り、展開ハマればもしかするかも…

15番 ゼーヴィント(7):A

前走は直線で致命的な不利があり、内容は悲観するものではない。ディープ牡馬でも初G1なら5歳でも衰えはないはず。一発狙う鞍上の手腕に期待。

16番 キセキ(2):D

前走があまりにも不甲斐ない内容で、極悪馬場の菊花賞を勝ち切ったダメージが残っているのかも。とはいえ、デムーロがこちらに乗るのは能力的に期待しているからだと思うと…怖い。

予想

◎:ノーブルマーズ

〇:ゼーヴィント

▲:ダンビュライト

△:パフォーマプロミス

△:サトノクラウン

△:ワーザー

実績的にはサトノダイヤモンドが抜けているものの、精神面での不安は拭えません。

正直、何が来てもおかしくないメンバー構成でもあり、それなら人気馬が来ない方に張って買うのが筋でしょう。

ということで、本命はゼーヴィント

ディープ産駒の牡馬が燃え尽きやすいことが理由で古馬になって活躍できないなら、まだG1で消耗していないこの馬には当て嵌まりません。

切れより持続力をウリにするタイプなので、G1なら非根幹距離の方が合うのではないでしょうか。先行すれば粘りこむ可能性は十分です。

対抗はノーブルマーズ

もう完全に雨は上がりましたが、土曜は差しづらい馬場であった感じなので先行する馬にチャンスがあると思っています。

短縮で多少下がるかも知れませんが、乗り慣れた鞍上なら5番手前後には付けるはず。

このレースでジャングルポケット産駒には実績はありませんが、母系は底力溢れる血統でG1で通用してもおかしくはない。

強調材料に欠ける馬が多いので、実績は気にせず振り回してみます。

三番手はダンビュライト

最も宝塚記念好走馬のイメージと合致しますが、海外を一戦挟んだのが気になります。

ルーラーシップ産駒が小回りでパフォーマンスを上げるのかも疑問ですが、AJCCや皐月賞でも好走しているのでそこは気にしなくてもいいのかな…とは思います。

サトノダイヤモンドは1番人気とはいえ、割れた人気になっているので敢えて狙ってみるのも悪くないかも知れません。

現時点で単勝が4.7倍ですが、本来の実力からすればバーゲンセールという可能性もあります。…私は買いませんけど。

G1の前哨戦かなという感もあるやや寂しいメンバー構成ですが、馬券的には難解で面白そうですね。

宝塚記念の傾向です。

【2018】宝塚記念の傾向
今週末に行われる宝塚記念の注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 宝塚記念の傾向 近年は8枠...
スポンサーリンク

フォローする