【2018】天皇賞(秋)の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】天皇賞(秋)の予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

評価の定義を見る
スポンサーリンク

天皇賞(秋)の評価

()は推定人気です。

1番 ステファノス(10):D

2番 ブラックムーン(12):F

3番 ヴィブロス(6):A

4番 レイデオロ(2):D

5番 スワーヴリチャード(1):B

6番 マカヒキ(3):B

7番 アルアイン(5):D

8番 ダンビュライト(9):D

9番 サングレーザー(4):A

10番 キセキ(7):C

11番 ミッキーロケット(8):D

12番 サクラアンプルール(11):D

13番 アクションスター(13):F

予想

◎:ヴィブロス

〇:スワーヴリチャード

▲:サングレーザー

△:マカヒキ

△:キセキ

東京芝は高速馬場で速い上がりが出やすい状態、差しも決まります。明日のメンバーではスロー濃厚で、もしかしたらG1とは思えないドスローまであるかも知れません。

という前提で考えると、速い上がりを使える馬を中心に狙いたい。

本命は紅一点ヴィブロス。

秋華賞で見せた切れ味はさすが良血馬で、ドバイでも2年連続好走しているように能力的にはヒケを取りません。

近走の凡走はいずれも非根幹距離で、とくに阪神・中山で凡走していても気にする必要はないでしょう。逆に、東京の根幹距離での瞬発力勝負に適性がある可能性が高まります。

前走でも掛かり気味だったように、距離は短くなる方が良いのは間違いなく、強敵相手でも好勝負を期待します。

対抗はスワーヴリチャード。

高速上がり勝負にも実績があり、先が控えているとはいえ逆らいようがありません。土曜にデムーロが久々の重賞制覇を果たし、勢いに乗ると止まらなくなる怖さもありますね。

三番手はサングレーザー。

完全に本格化して、上がり勝負ならまとめて差し切る可能性も十分。人馬ともに初G1制覇のチャンスでしょう。

相手は瞬発力勝負に向くマカヒキ・キセキ。

レイデオロは抜群に切れるという印象はなく、究極の瞬発力勝負になると分が悪いのでは…と見ました。それでもある程度速い脚は使えるので、ドスローでも後続を封じ込める可能性も。

まぁ配当的に買っても仕方ないので、前者になることを期待して消しとします。

馬券は◎-○▲-印の三連複・◎-○▲の馬連・ワイドで勝負です。

天皇賞(秋)の傾向です。

【2018】天皇賞(秋)の傾向
今週末に行われる天皇賞(秋)の注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 天皇賞(秋)の傾向 ス...
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. より:

    昨日は3,4,5着とトホホな結果に…
    シェーングランツが勝つとは予想外でした。
    でも2日続けて藤沢厩舎が勝つ!とは思えないので
    そこも予想に入れて、でも3着くらいにはきそう…
    ということで
    本格化してる落ち着きっぷりを見せている
    サングレーザーを軸に!
    なんだかんだ今回は堅そうと見てます。

    ◎サングレーザー
    ○スワーヴリチャード
    ▲マカヒキ
    △レイデオロ
    ✕ダンビュライト

    サングレーザーを軸一頭マルチで
    ○▲△✕に流して買おうと思います!

    • hide より:

      こんばんは!
      ◎の連続好走お見事です!
      スワーヴリチャードはスタートでマカヒキにタックルされた影響が大きかったのでしょうか…
      予想した流れとは違い、後半のロングスパート戦となってレイデオロにはおあつらえ向きでした。
      藤沢厩舎にルメールに、勢いというのは凄いですね。