【2018】東京優駿の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】東京優駿の予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

評価の定義を見る

東京優駿の短評

()は推定人気です。

1番 ダノンプレミアム(1):D

皐月賞に出走していれば高確率で勝ち負けになっていたであろう馬。最高の枠に入り、能力の違いでここも押し切る可能性は十分あるが、馬券的には買いたくない。

2番 タイムフライヤー(15):C

(一応)G1馬にもかかわらず人気下がりすぎでは。前走が予想以上に走らず、体調面で不安はあるが血統的にもここで一変してもおかしくはない。

3番 テーオーエナジー(18):F

記念出走で厳しい。来たら衝撃。

4番 アドマイヤアルバ(13):F

前走はかなり上手く乗られたが、現状では力不足か。

5番 キタノコマンドール(4):C

前走が予想以上の走りっぷり。血統・枠・鞍上どれもバッチリ。

6番 ゴーフォザサミット(10):D

前走走り過ぎたのは疲労に弱いハーツ産駒にとってマイナス。例年通り、青葉賞組は苦戦するのでは。

7番 コズミックフォース(12):F

厳しい。

8番 ブラストワンピース(2):E

底を見せていない怖さはあるが、皐月賞組を差し置いてここまで人気するのは過剰。ルージュバック(と同じ厩舎)と同じく、ここまで厳しいレースをしていないことが裏目に出る可能性も十分にある。

9番 オウケンムーン(17):D

前走が物足りない走りで、血統的にクラシックで…という気はせず、ここでは力が足りない印象。

10番 ステイフーリッシュ(9):D

休み明けを好走した反動が気になる。ステイゴールド産駒らしく、小回りの激戦で狙いたい。

11番 ジャンダルム(16):F

さすがにクラシックでは厳しい血統。

12番 エポカドーロ(6):D

立ち回りの上手さは強みだが、今回は皐月賞のように展開に恵まれる可能性は低い。

13番 グレイル(5):A

前走は出負けして直線でもスムーズに進路が確保できなかったが、直線の脚は目を見張るものがあった。皐月が鬼門のハーツ産駒、東京替わりで大きく前進してもおかしくはない。

14番 エタリオウ(14):F

厳しい。

15番 ステルヴィオ(8):A

前走は後方勢では再先着。これまでの戦績からも、世代トップクラスであることは間違いない。

16番 ジェネラーレウーノ(7):F

前走はこの馬にとって力を発揮できる展開。今回それ以上にパフォーマンスを上げるとは思えない。

17番 ワグネリアン(3):D

皐月よりダービー向きは間違いないが、この枠で人気馬なら冒険できない鞍上がどう乗るか。枠の分、人気は落ちそうなので抑えておくには問題なさそうだが。

18番 サンリヴァル(11):F

前走、展開次第でトップクラスとやりあえることは証明。外枠だが前に行けるので不利は少なくなる可能性はあるが、今回展開が向く可能性は高くなさそう。

予想

◎:ステルヴィオ

〇:グレイル

▲:キタノコマンドール

△:ダノンプレミアム

△:タイムフライヤー

内枠が断然有利とされるダービーですが、力のある馬なら好走することは可能です。

今年はとくに力が足りないと思われる馬が内に多く入っているので、例年より外枠の馬が走る可能性は高いと見ています。

本命は一気に人気落ちしたステルヴィオ

ロードカナロア産駒は広いコース・根幹距離で力を発揮できる馬が多いと見ているので、前走より条件的には向くと思っています。

外枠ですが、そこは大舞台でも勝負を賭ける鞍上の手腕に期待。

ダノンプレミアムには力負けしていますが、今回は順調度で優っています。今回はオッズほどの差はないはずなので、勝ち負けまであると思います。

対抗はハーツ産駒のグレイル

皐月賞とダービーでは、ハーツ産駒の成績は雲泥の差があります。こちらも勝負を賭けることができる鞍上で、大仕事をやってのけても不思議はありません。

三番手はキタノコマンドール

おそらく、前走は何が何でもダービーの出走権を…という感じではなかったはず。そこで権利を取れたことは大きく、内容もトップクラスと遜色ありませんでした。

こちらは枠的にも問題ないですし、鞍上もここは他のG1以上に本気で獲りに来るのではないでしょうか。

ブラストワンピースはやはり厩舎の調整力が不安です。

ハービンジャー産駒もトップレベルでは牝馬の方が活躍している印象があり、大物が出るのかはまだ半信半疑です。

この馬は無敗ですが、無敗というのは馬券的には過剰人気になる要因の一つですし、個人的には魅力を感じません。

この馬を6倍で買えると思うのか、6倍しか付かないと考えるのかですね。

ワグネリアン最大の不安は鞍上ですね。

馬としては前走から条件は確実にプラスになるので、外枠でも好走できる力は十分あるはずです。あとは鞍上がどれだけこの馬の力を引きだせるかでしょう。

ダノンプレミアムが沈めば大波乱まで考えられる今年のダービー。

今年も内枠なのか、外の実力馬が巻き返すのか、楽しみな1戦です。

東京優駿の傾向です。

【2018】東京優駿の傾向
今週末に行われる東京優駿(日本ダービー)の注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 東京優駿の傾...

目黒記念の傾向です。

【2018】目黒記念の傾向
今週末に行われる目黒記念の注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 目黒記念の傾向 タフな東京...
スポンサーリンク

フォローする