【2018】若駒ステークスと中山最終レース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土曜日は重賞がないので、他のレースをサクッと予想しておきます。

若駒ステークスの予想

今開催の京都は圧倒的な逃げ馬天国。逃げる馬さえ買えれば城が立ちます。まぁどの馬が逃げるのかが分からないですが…

それと昨年秋の豪雨の影響か、血統傾向も キングマンボ系が種牡馬問わず走っています。一方、ディープ産駒は2.3着はあるものの勝ち馬は1頭のみ。

馬場が例年より重いのか、キレよりパワー重視で狙うのが吉です。

このレースで人気になりそうなのは1戦1勝の2頭のディープ産駒。少頭数で能力が違えば軽く突破するかも知れませんが、馬場が合わない可能性に賭けてみるのも面白い。

とうことで、買いたい馬は距離延長で前目に付けそうな バイオレントブロー。血統的にもここ3走は高速馬場が合わなそうで、時計の掛かる今の京都の方が合うはず。

相手に血統面から唯一の父キングマンボ系の ウインラナキラ。延長得意のハービンジャー産駒 ケイティクレバー、経験を買って マイハートビートで勝負。

◎ バイオレントブロー
〇 ウインラナキラ
△ ケイティクレバー
△ マイハートビート

◎-印へ馬連・ワイドで勝負。

中山12Rの予想

中山のステイゴールドは血統ファン以外にも知られているかも知れませんが、今や時代はそのステイゴールド産駒のドリームジャーニーの産駒です。

中山2000m以上では驚異的な成績を叩きだしているドリームジャーニー産駒。ステイゴールドほど大物は出ていませんが、得意スポットでは滅法強いのが特徴です。

ここの狙いはもちろんドリームジャーニー産駒の マヤノピナクル。自身も中山で5戦して4回3着以内と好相性。

ドリームジャーニー産駒とは対照的に、このコースを苦手としているディープ産駒のサトノキングダムが人気を吸っているのはオイシイ限りです。

相手が読みづらいですが、まともに走れば クレッシェンドラヴ。相手弱化の外枠でまともに走れるかがポイントですね。

それなら昇級のハーツ産駒 ブルースカイハーツに期待してみるのも面白い。休み明けになりますが、成長力のあるハーツ産駒なら一皮むけてくるかも。

◎ マヤノピナクル
〇 クレッシェンドラヴ
▲ ブルースカイハーツ
△ フォーヴル
△ マイネルクラフト
△ プレイヤーサムソン

馬券はどう買うか決めかねていますが、恐らく◎-〇▲のワイドが来ればガッチリ利益が出るようにして、ボーナスで◎からの馬単狙い…かな。

スポンサーリンク

フォローする