【2018】安田記念の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】安田記念の予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

評価の定義を見る

安田記念の短評

()は推定人気です。

1番 スワーヴリチャード(1):D

初マイル戦も、初○○は人気薄でこそ狙いたい条件で、人気馬を狙うにはリスクが高い。これまで前半緩いレースしか経験がないのも不安材料。

2番 サトノアレス(7):C

この枠なら前走と同じく外へ出すまでのロスがある。外枠なら期待したかったが…高速上がりを使えるのはプラス。

3番 ダッシングブレイズ(14):F

ここじゃない…はず。

4番 アエロリット(4):C

とくに推せる材料も嫌う材料もない。

5番 ペルシアンナイト(2):E

マイルCSはハービンジャー産駒が好走しやすい馬場の助けもあった。今開催のハービンジャー産駒は大苦戦中で、流れが速くなってパフォーマンスが下がる可能性が高い。

6番 レーヌミノル(13):F

マイルCSの内容を考えるともう少しやれていいはずだが…厳しいか。

7番 ウエスタンエクスプレス(12):D

分からん。血統構成はキャンベルジュニアとほぼ同じ。

8番 キャンベルジュニア(10):D

好走するイメージが湧かないが、ロゴタイプのように持続力を活かして粘りこめれば。

9番 レッドファルクス(9):D

過去のリピーターはマイル以上の実績がある馬が多く、当馬にとっては厳しいのでは。

10番 モズアスコット(8):D

短縮で差しに回るショックからの連闘、斤量増、弱い相手から強い相手へと状況は厳しい。ただし、未知の可能性に賭けるオッズとしては妥当か。

11番 リアルスティール(6):A

中距離路線で戦ってきた相手は強く、ここでも勝ち切るチャンスは十分にある。間隔空けて疲れも少なく、適度に流れれば一昨年のように掛かる心配もない。

12番 ヒーズインラヴ(11):F

ハービンジャー産駒で馬場的に厳しい。

13番 ブラックムーン(15):F

厳しい。

14番 リスグラシュー(5):C

疲れが心配だが、適度に人気も落ちているので相手候補には入れてもいい。

15番 サングレーザー(3):B

相性の悪いマイラーズC連対馬も、勢いは抜群でマイルばかり使われているわけでもなく、ここも好走するチャンスはある。揉まれない外枠も良いが、レコード決着の反動は怖い。

16番 ウインガニオン(16):F

厳しい。

予想

◎:リアルスティール

〇:サトノアレス

▲:リスグラシュー

△:アエロリット

土曜の芝はクラシック血統が順当に末脚を繰り出して走っているケースが多く、よほど厳しい流れにならなければ安田記念も末脚の使える馬を狙いたいです。

ディープ産駒は前走で走り過ぎていないタイプが好走しやすく、リアルスティールは一昨年こそドバイで勝った後の参戦でしたが、今年は軽く凡走した後の出走。

それほど使い込まれているわけでもないので、勝ち切るまでは厳しいかも知れませんが馬券内に来る可能性は十分あると思います。

基本的には近走で速い上がりを使っている馬を中心に、サングレーザーは配当的に買っても仕方ないので印は回していません。

時間の都合上、他レースの注目馬の更新はお休みさせていただきます。

安田記念の傾向です。

【2018】安田記念の予想
【2018】安田記念の予想です。 出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。 安田記念の短評 ()...
スポンサーリンク

フォローする