【2018】優駿牝馬の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】優駿牝馬(オークス)の予想です。

出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。

評価の定義を見る
スポンサーリンク

優駿牝馬の短評

()は推定人気です。

1番 リリーノーブル(4):D

ストレスあるなかで最内枠は良くない。

2番 ラッキーライラック(2):B

大幅な距離延長に一抹の不安はあるも、前走は展開面で厳しかったこともあり、着差ほどの力差があるかはまだ分からない。

3番 マウレア(7):D

正攻法では一枚落ちる。

4番 トーセンブレス(8):出走取り消し

5番 カンタービレ(6):C

前走は着差以上に余裕のある勝ちっぷり。2番手グループとの力差はないし、別路線組の魅力はある。

6番 オールフォーラヴ(9):C

前走はHペースを自ら動いて勝ち切る強い内容。相手強化でどこまで通用するか。

7番 トーホウアルテミス(16):F

厳しい。

8番 サトノワルキューレ(3):D

能力の高さは間違いないが、長い距離で後方からのレースが続いているはマイナス材料。鞍上の剛腕でどこまで。

9番 シスターフラッグ(13):F

厳しい。

10番 レッドサクヤ(10):D

前走は予想外の先行策。差していればもっと際どい勝負にはなっていたと思うが、ここで上位争いまでは…

11番 パイオニアバイオ(12):C

鮮度高く、母もクラシック戦線で活躍しており一発の可能性は秘めている。逃げれば面白い。

12番 サヤカチャン(18):F

厳しい。

13番 アーモンドアイ(1):B

前走は圧巻の勝利。同世代との勝負なら、多少の不利は跳ねのけるくらい力が違う気がする。

14番 ランドネ(11):F

厳しい。

15番 ウスベニノキミ(15):F

厳しい。

16番 ウインラナキラ(17):F

厳しい。

17番 ロサグラウカ(5):F

厳しい。

18番 オハナ(14):F

厳しい。

予想

◎:パイオニアバイオ

〇:ラッキーライラック

▲:アーモンドアイ

△:カンタービレ

△:オールフォーラヴ

本当はオールフォーラヴを本命にしようかと思いましたが、例のごとく(?)ありきたりかと思うので止めます。

本命はパイオニアバイオ

前走は未勝利勝ちからの参戦で2着に好走。力がなければできる芸当ではなく、出走馬のなかでも鮮度が高めで面白い1頭です。

逃げても差しても位置取りショックが掛かり、ルーラーシップ産駒は広いコース向きなので再び激走あっても。

ラッキーライラックは今回差しに回れば逆転のチャンスはあると思います。

オルフェーブル産駒で内枠も良いし、同世代では力が違いますね。

アーモンドアイは前走休み明けで好走した反動だけが心配です。

桜花賞ではチューリップ賞を取りこぼした実力馬が巻き返しやすいことを考えると、初戦で走り過ぎた場合の疲労は無視できません。

それを覆すほどの力があるなら、過去の名牝に肩を並べるレベルなのかも知れませんね。

後は可能性があるとすればディープインパクト産駒でしょうか。

サトノワルキューレは位置取りが心配ですし、人気を考えると手を出しづらいところです。

馬券は○▲どちらも圏内に来る可能性が高いと思うので、◎-○▲へのワイドを厚く、△へのワイドを抑え、○▲どちらか飛んだときの保険と配当の跳ねにも期待して複勝も少々。

○▲が来てもワイド・複勝どちらも的中するので、◎さえ来れば十分なリターンが期待できます。

オークスの傾向です。

【2018】優駿牝馬(オークス)の傾向
今週末に行われる優駿牝馬(オークス)の注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 なお、今週は...

ロードカナロア産駒は2400m走れるのか?

ロードカナロア産駒の特徴を考察※2018年4/8更新
初年度産駒アーモンドアイが、鮮烈な末脚で桜花賞を制しました。 昨年の秋に、ロードカナロアの特徴を一度まとめてみましたが、それから半年ほ...

競馬で勝つには資金管理が重要です。

サラリーマンの特性を活かした馬券術(?)を考察
今回は、馬券購入者の大多数を占めるであろう、サラリーマンのための馬券の買い方を考察していきます。 私の友人(サラリーマン)も毎週競馬を...
スポンサーリンク

フォローする