【2019】朝日杯FSの予想

アイキャッチ競馬予想

【2019】朝日杯FSの予想です。

競馬で長期的に勝つためには、目の前のレース結果に一喜一憂してはいけません。

私は11月から馬券が全く当たらなかったのですが、久しぶりにターコイズSで◎▲で馬連・ワイドを的中しました。

予想は上げていませんでしたが、noteで取り上げた注目馬2頭のワンツー。(1頭は未出走)

配当的には安かったですが、久しぶりの的中でホッとしたのが正直なところです。

うっひょーッ!やっと当たったぜぃ!!見たかコノヤローッ!!!

…なんて1ミリも思ってないんだからね!

スポンサーリンク

朝日杯FSの予想

Twitterでも言ったように阪神芝は強烈な内前有利の傾向が出ており、阪神7Rでは◎メイケイハリアーが逃げ切り。馬券は相手が5着だったので外しました…

(土曜阪神メインのジョイフルは…なんやったん?)

ただ、G1レベルとなると決め手のある馬が差してくる可能性もあると考えられます。が、今年は全体的なレベルにも疑問があるので、前残りに決め打ちしてみたいと思います。

逃げるのは恐らくビアンフェ。

マイル経験はありませんが、朝日杯は仕上がりの早いタイプがマイル経験なしでも好走することがあるレース。

ここも馬場を考えると有力な1頭と見ますが、先週の逃げ切りがあるだけに楽逃げできるかどうかは分からない。もっと人気がなければ玉砕覚悟で良いかもしれませんが、推定5番人気では本命にはしづらいですね。

他に内枠で先行できる仕上がりの早そうなタイプは…

と探すと、本命はペールエールになります。

2歳戦で強いダイワメジャー産駒、前走は展開不利のなか力を示す3着。

それほど出脚が早い感じではなさそうですが、血統からも溜めても仕方ないのは間違いないので、ある程度の位置を取りに行くでしょう。

しかしここでデムーロから乗り替わりですか…継続騎乗でええんちゃうの?

対抗は馬場を味方に付けられる可能性が高いビアンフェ。

来年の今頃はスプリント路線を走っているでしょうが、このレースならそういったタイプでも問題なし。

三番手はタイセイビジョン。

差し馬ですが、前が不利になったときのパターンを考えての抜擢。

血統的にはこのローテで結果を出しているのが意味不明ですが、そんなこともあるさ(?)

前走の勝ちっぷりは圧巻で、能力的にはビアンフェより高いのは間違いないでしょうけど、今回は多頭数となる分、展開次第で着順は変わりそう。実際、函館2歳Sではビアンフェが先着していますしね。

◎ ペールエール
〇 ビアンフェ
▲ タイセイビジョン
△ 4.5.12.16

サリオスは枠は良いですがハーツ産駒で母系も欧州的な要素が強く、初の多頭数で圧倒的人気はリスクが高いですね。先週のリアアメリアの再現も有りえます。

レッドベルジュールはディープ産駒ということで抑えますが、配当次第では買いません。

週中はラウダシオンが本命候補でしたが、大外枠に入ったので抑えまで。

コメント