【2019年】ダイワメジャー産駒の成績

ヘッダーロゴ種牡馬データ

【2019年】ダイワメジャー産駒の成績を掲載します。

これらの回収率は単純に競馬ソフトで集計したものなので、今後の回収率を保証するものではないことをご了承ください。

集計期間は2019年・対象馬は単勝オッズ100倍以内の馬です。

スポンサーリンク

ダイワメジャー産駒の成績

まず、昨年の産駒の全体成績です。

ダイワメジャー産駒の成績

芝・ダートともに単勝回収率の低さが目立ちます。

芝に限ると複勝回収率は悪くなく、決め手に欠ける産駒が多いと言えるでしょう。

では、続いて項目別に見ていきます。

枠別(芝)

枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠 6- 6- 7-57/767.90%15.80%25.00%6364
2枠 9- 8-10-50/7711.70%22.10%35.10%105119
3枠 6- 4- 4-61/758.00%13.30%18.70%6855
4枠10- 6-11-61/8811.40%18.20%30.70%9170
5枠 3- 8- 9-54/744.10%14.90%27.00%2777
6枠 5-11- 4-57/776.50%20.80%26.00%5165
7枠11-13-15-47/8612.80%27.90%45.30%75135
8枠 8- 9- 8-69/948.50%18.10%26.60%4779

最内・大外はイマイチなのに、その隣の枠で好成績というのが面白いですね。

イメージ的には内枠が得意だと思っているので、外枠の際はあまりプラス要素としては考えていません。(個人的見解)

枠別(ダート)

枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠 0- 1- 0-25/260.00%3.80%3.80%05
2枠 4- 3- 2-25/3411.80%20.60%26.50%17587
3枠 3- 1- 3-27/348.80%11.80%20.60%5335
4枠 1- 6- 3-35/452.20%15.60%22.20%348
5枠 4- 3- 3-30/4010.00%17.50%25.00%2970
6枠 1- 5- 6-37/492.00%12.20%24.50%8105
7枠 1- 4- 4-22/313.20%16.10%29.00%2584
8枠 3- 5- 4-29/417.30%19.50%29.30%2256

ダートは最内が酷い結果です。5番人気以内も12頭含んでの結果なので、問答無用で消して良いレベルでは?

好走率はやはり外枠のほうが優勢です。

年齢別

年齢着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
2歳 22- 16- 25-114/17712.40%21.50%35.60%6763
3歳 23- 35- 31-190/2798.20%20.80%31.90%4386
4歳  7- 18- 12-143/1803.90%13.90%20.60%4978
5歳 18- 16- 16-169/2198.20%15.50%22.80%7369
6歳  5-  8-  7- 59/ 796.30%16.50%25.30%7097
7歳  0-  0-  1-  7/  80.00%0.00%12.50%018
8歳  0-  0-  1-  4/  50.00%0.00%20.00%0242

早い時期から活躍する産駒が多いですが、人気になりやすいため回収率は悪いです。

人気で消すか、古馬になっても衰えないタイプを人気薄で狙うかというお付き合いになりそうですね。

クラス別(芝)

クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  新馬  8-  5- 10- 37/ 6013.30%21.70%38.30%7075
 未勝利 14- 11- 16- 87/12810.90%19.50%32.00%7484
 500万下 13- 14- 14-100/1419.20%19.10%29.10%8485
1000万下  9- 17-  5-112/1436.30%18.20%21.70%4354
1600万下  5-  7-  4- 49/ 657.70%18.50%24.60%7394
OPEN特別  6-  4-  7- 33/ 5012.00%20.00%34.00%7160
  G3  1-  3-  6- 24/ 342.90%11.80%29.40%40110
  G2  0-  3-  5-  8/ 160.00%18.80%50.00%0310
  G1  2-  1-  1-  6/ 1020.00%30.00%40.00%155147

回収率を押し下げているのは1000万下クラスとOP特別の馬。

繁殖の質は悪くないはずなので、500万下くらいまでは順当に勝ち上がり、1000万下で頭打ちになる産駒が多いのでしょうか。

昨年は重賞での活躍も目立ちましたが、勝ち切れなさは相変わらずですね。

クラス別(ダート)

クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  新馬  1-  1-  1-  9/ 128.30%16.70%25.00%18115
 未勝利  4- 12-  5- 60/ 814.90%19.80%25.90%1248
 500万下  9- 11- 11- 97/1287.00%15.60%24.20%3565
1000万下  2-  4-  6- 43/ 553.60%10.90%21.80%1458
1600万下  1-  0-  1- 10/ 128.30%8.30%16.70%398110
OPEN特別  0-  0-  0-  8/  80.00%0.00%0.00%00
  G3  0-  0-  1-  3/  40.00%0.00%25.00%0302

ダートは基本的に買える材料が乏しい。

芝からダート替わりで人気になる馬も多いですが、絶好の消しポイントとなりそうです。

場所別(芝)

場所着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  札幌  3-  0-  0- 21/ 2412.50%12.50%12.50%5423
  函館  2-  2-  2- 10/ 1612.50%25.00%37.50%5370
  福島  1-  1-  6- 35/ 432.30%4.70%18.60%2560
  新潟  3-  5-  7- 60/ 754.00%10.70%20.00%3059
  東京 11-  8-  9- 65/ 9311.80%20.40%30.10%5963
  中山  6- 11-  9- 51/ 777.80%22.10%33.80%5578
  中京  4-  8-  9- 39/ 606.70%20.00%35.00%29109
  京都 11- 10- 13- 73/10710.30%19.60%31.80%84110
  阪神  9- 18-  9- 63/ 999.10%27.30%36.40%77115
  小倉  8-  2-  4- 39/ 5315.10%18.90%26.40%17276

関東圏と関西圏で顕著な差が出ています。

全体的に関西馬のほうが成績が良い傾向にありますが、関西馬が関東へ遠征しても成績はあまり良くないです。

…なんでや?

場所別(ダート)

場所着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  札幌  1-  0-  0-  6/  714.30%14.30%14.30%2715
  函館  0-  0-  3-  7/ 100.00%0.00%30.00%060
  福島  1-  1-  0- 14/ 166.30%12.50%12.50%1317
  新潟  2-  1-  0- 15/ 1811.10%16.70%16.70%6130
  東京  3-  7-  2- 33/ 456.70%22.20%26.70%2978
  中山  3-  5-  7- 35/ 506.00%16.00%30.00%20100
  中京  2-  4-  2- 26/ 345.90%17.60%23.50%14573
  京都  1-  4-  3- 39/ 472.10%10.60%17.00%1737
  阪神  3-  4-  7- 44/ 585.20%12.10%24.10%1575
  小倉  1-  2-  1- 11/ 156.70%20.00%26.70%5446

見所があるのは中山だけですね。

以上。

距離別(芝)

距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1000m  1-  1-  1- 15/ 185.60%11.10%16.70%1450
1200m 13- 16- 14-117/1608.10%18.10%26.90%5765
1400m 17- 16- 14-112/15910.70%20.80%29.60%7283
1500m  1-  0-  0-  3/  425.00%25.00%25.00%2725
1600m 16- 17- 21- 99/15310.50%21.60%35.30%77101
1800m  8- 12-  8- 64/ 928.70%21.70%30.40%9692
2000m  1-  3-  8- 30/ 422.40%9.50%28.60%16106
2200m  1-  0-  0-  6/  714.30%14.30%14.30%7430
2400m  0-  0-  1-  3/  40.00%0.00%25.00%027
2600m  0-  0-  0-  6/  60.00%0.00%0.00%00
3000m  0-  0-  1-  0/  10.00%0.00%100.00%0820
3200m  0-  0-  0-  1/  10.00%0.00%0.00%00

ダイワメジャー=短距離馬というイメージが強いので、短距離戦では過剰人気になりやすいですが、マイル以上では意外と人気になりづらく、回収率も優秀です。

昨年はイマイチですが、2000m以上のレースでも母父がスタミナ血統ならこなす馬も多く、人気にならないので今後も注目して良いでしょう。

距離別(ダート)

距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1000m  2-  0-  3- 10/ 1513.30%13.30%33.30%6751
1200m  3- 10-  7- 59/ 793.80%16.50%25.30%1362
1300m  1-  0-  0-  5/  616.70%16.70%16.70%6128
1400m  3-  4-  7- 51/ 654.60%10.80%21.50%9386
1600m  1-  5-  1- 12/ 195.30%31.60%36.80%2596
1700m  1-  3-  1- 24/ 293.40%13.80%17.20%731
1800m  6-  6-  6- 57/ 758.00%16.00%24.00%2868
1900m  0-  0-  0-  3/  30.00%0.00%0.00%00
2000m  0-  0-  0-  1/  10.00%0.00%0.00%00
2100m  0-  0-  0-  3/  30.00%0.00%0.00%00
2500m  0-  0-  0-  1/  10.00%0.00%0.00%00

1400m・1600mのみ複勝回収率が標準超え。

でも買いたいとは思わないですね…

馬場状態別

馬場状態着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
芝・ 良 46- 56- 48-366/5168.90%19.80%29.10%6280
芝・稍重  7-  7- 12- 55/ 818.60%17.30%32.10%93102
芝・ 重  3-  2-  6- 21/ 329.40%15.60%34.40%44118
芝・不良  2-  0-  2- 14/ 1811.10%11.10%22.20%8844
ダ・ 良 10- 15- 14-138/1775.60%14.10%22.00%2360
ダ・稍重  3-  9- 11- 55/ 783.80%15.40%29.50%1678
ダ・ 重  3-  0-  0- 25/ 2810.70%10.70%10.70%20352
ダ・不良  1-  4-  0- 12/ 175.90%29.40%29.40%862

ダイワメジャー産駒は以前から、馬場が渋ると成績が上昇する傾向は変わっていません。

要は、瞬発力よりもスピードとパワーでゴリ押しするタイプということです。

コース別(芝)

10回以上の出走があるコースで、複勝回収率の高い10コースです。

コース着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
京都・芝1800外 2- 1- 2- 8/1315.40%23.10%38.50%130187
中京・芝1600 1- 1- 4- 8/147.10%14.30%42.90%12175
小倉・芝1800 2- 1- 1- 7/1118.20%27.30%36.40%326157
京都・芝1600 3- 0- 1- 6/1030.00%30.00%40.00%379138
京都・芝1600外 1- 3- 3-10/175.90%23.50%41.20%37132
阪神・芝1600外 4- 6- 3-24/3710.80%27.00%35.10%86128
新潟・芝1200 0- 2- 2- 7/110.00%18.20%36.40%0124
京都・芝1400外 2- 2- 3-21/287.10%14.30%25.00%69113
阪神・芝1400 3- 4- 3-12/2213.60%31.80%45.50%122111
中京・芝1400 3- 4- 3-17/2711.10%25.90%37.00%60109

上位はマイル以上が多くを占め、明らかに以前より京都の成績が上昇している感があります。

近年、京都は馬場がタフになっているので、ダイワメジャー産駒にも合うようになったのでしょうか。(もう改修されるけど)

阪神は以前から得意コースだったので、引き続き注目です。

11位以降は下記をタップしてご覧ください。

【11位以降を見る】

コース別(ダート)

10回以上の出走があるコースの複勝回収率が高い順です。

コース着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
中京・ダ1400 1- 1- 1- 9/128.30%16.70%25.00%398134
中山・ダ1800 2- 2- 4-18/267.70%15.40%30.80%27133
東京・ダ1600 1- 5- 1-12/195.30%31.60%36.80%2596
東京・ダ1400 1- 2- 1-13/175.90%17.60%23.50%2790
阪神・ダ1400 0- 1- 4-17/220.00%4.50%22.70%088
阪神・ダ1200 2- 2- 2-15/219.50%19.00%28.60%3386
京都・ダ1200 0- 2- 2-10/140.00%14.30%28.60%065
中山・ダ1200 1- 3- 3-17/244.20%16.70%29.20%1364
新潟・ダ1800 2- 1- 0- 7/1020.00%30.00%30.00%11154
中京・ダ1200 0- 3- 0-10/130.00%23.10%23.10%051
阪神・ダ1800 1- 1- 1-11/147.10%14.30%21.40%1245
京都・ダ1400 1- 0- 1-12/147.10%7.10%14.30%5739
福島・ダ1700 1- 1- 0-10/128.30%16.70%16.70%1823
京都・ダ1800 0- 2- 0-16/180.00%11.10%11.10%015

…何も言えねぇ。

母父小系統別(芝)

出走回数が10回以上ある母父の小系統で、複勝回収率の高い10系統です。

母父馬着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
ネイディヴダンサー 1- 3- 1- 6/119.10%36.40%45.50%20171
サドラーズウェルズ 1- 4- 4-29/382.60%13.20%23.70%6137
ストームバード 2- 2- 8-34/464.30%8.70%26.10%15115
ミスプロ10- 8- 7-46/7114.10%25.40%35.20%120103
ニジンスキー 1- 2- 2-14/195.30%15.80%26.30%76102
スターリング 0- 1- 2- 7/100.00%10.00%30.00%0101
リファール 2- 2- 4-21/296.90%13.80%27.60%3787
ダンチヒ 8- 1- 8-19/3622.20%25.00%47.20%13385
ヴァイスリージェント 3- 2- 2-23/3010.00%16.70%23.30%9885
グレイソヴリン 5- 5-11-57/786.40%12.80%26.90%8679

スピード型・スタミナ型どちらも万遍なく…といった感じ。

母父を出すというより、ダイワメジャーの個性が強く出しやすいということでしょうか。

11位以降は下記をタップしてご覧ください。

【11位以降を見る】

母父小系統別(ダート)

出走回数が10回以上ある母父の小系統で、複勝回収率が高い順です。

チェック母父馬着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
ヌレイエフ 1- 2- 0- 9/128.30%25.00%25.00%398153
ニアークティック 2- 3- 3- 6/1414.30%35.70%57.10%36110
フォーティナイナー 3- 3- 0- 6/1225.00%50.00%50.00%13885
キングマンボ 0- 3- 3-14/200.00%15.00%30.00%077
ストームバード 3- 3- 2-19/2711.10%22.20%29.60%4169
ミスプロ 5- 2- 5-40/529.60%13.50%23.10%4165
ヴァイスリージェント 2- 4- 0-25/316.50%19.40%19.40%1954
ダンチヒ 0- 0- 2-13/150.00%0.00%13.30%051
グレイソヴリン 0- 4- 0-12/160.00%25.00%25.00%044
サドラーズウェルズ 1- 0- 1-16/185.60%5.60%11.10%2730
プリンスリーギフト 0- 0- 1- 9/100.00%0.00%10.00%015
ロベルト 0- 0- 1-26/270.00%0.00%3.70%04

やはり最低でも母父はダート血統がないと厳しそうですね。

ロ、ロベルトォ…

前走距離別

前走距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
同距離 35- 54- 46-314/4497.80%19.80%30.10%5178
±200以内 60- 79- 73-549/7617.90%18.30%27.90%6079
±400以内 64- 87- 79-613/8437.60%17.90%27.30%5777
±600以内 64- 87- 81-626/8587.50%17.60%27.00%5677
今回延長 12- 16- 20-152/2006.00%14.00%24.00%6088
今回短縮 18- 17- 16-166/2178.30%16.10%23.50%6668
500m以上延長  0-  0-  1-  6/  70.00%0.00%14.30%0117
500m以上短縮  1-  0-  2- 13/ 166.30%6.30%18.80%4396

芝では延長をこなしていますが、ダートではサッパリ。

ダートは短縮だけ回収率がまともですが、芝は単複ともに回収率は低い。

しかし、芝の短縮が最も勝率が高いという、なんとも不思議な結果が出ています。

短縮が苦手ということはないはずなので、変に嫌う必要はないと思います。

まとめ

ダイワメジャー産駒はパワーがあるものの、芝向きなのでダートではあまり狙いたくはないですね。初ダートで人気しているなら、とりあえず疑ってかかりましょう。

狙い目は人気になりやすい短距離よりも、主流血統に人気が集まるマイル以上のレース。

とくに坂のあるコースを得意とするので、阪神・中京では要注意です。

ここで紹介したデータは2019年だけのものなので、サンプル数としては足りているとは言い切れません。しかし、直近の傾向が馬券に活きるのもまた事実なので、予想の一押しになるようであれば幸いです。

なお、ここでは単勝100倍以下の馬のみを抽出しているので、他のサイト等で掲載されている回収率よりも全体的に高くなっていることには注意してください。

単勝100倍以上には、まったく勝負にならない馬も含まれたり、1頭の激走で回収率が大きく変わることもあるため、データとして分かりづらくなります。

また、最初にも言いましたが、今後の成績を保証するものではないことをご理解のうえ、参考にしていただければと思います。

コメント