【2019年】ディープインパクト産駒の成績

ヘッダーロゴ種牡馬データ

【2019年】のディープインパクト産駒の成績を掲載します。

これらの回収率は単純に競馬ソフトで集計したものなので、今後の回収率を保証するものではないことをご了承ください。

集計期間は2019年・対象馬は単勝オッズ100倍以内の馬です。

スポンサーリンク

ディープインパクト産駒の成績

まず、昨年のディープインパクト産駒の全体成績です。

ディープ産駒の全体成績

芝とダートを比べると、ダートの適性がいかに低いかが分かりますね。当然、なかにはダートで好走する馬もいますが、基本的には人気で過信はしないほうが良いでしょう。

では、続いて項目別に見ていきます。

枠別(芝)

枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠 21- 10- 13-105/14914.10%20.80%29.50%13564
2枠 36- 23- 20-107/18619.40%31.70%42.50%11284
3枠 25- 18- 29-106/17814.00%24.20%40.40%7192
4枠 26- 30- 26-129/21112.30%26.50%38.90%4888
5枠 30- 29- 19-117/19515.40%30.30%40.00%8098
6枠 30- 31- 26-115/20214.90%30.20%43.10%8476
7枠 35- 32- 19-147/23315.00%28.80%36.90%6882
8枠 36- 31- 33-146/24614.60%27.20%40.70%6789

7.8枠での単勝回収率が低いですね。

1枠は単勝回収率が高いですが、複勝回収率が低い。勝率は他と変わらず、連対率・複勝率は低いことから、勝ち切るか飛ぶかという極端な結果になりやすいということでしょう。

枠別(ダート)

枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠 1- 3- 1-11/166.30%25.00%31.30%20137
2枠 1- 1- 1-13/166.30%12.50%18.80%4747
3枠 2- 2- 1-18/238.70%17.40%21.70%2067
4枠 3- 2- 1-16/2213.60%22.70%27.30%10374
5枠 0- 0- 1-25/260.00%0.00%3.80%05
6枠 3- 5- 2-20/3010.00%26.70%33.30%71143
7枠 3- 1- 4-13/2114.30%19.00%38.10%94131
8枠 2- 4- 3-26/355.70%17.10%25.70%1484

ダートでは明らかに外枠が優勢です。

1枠は砂を被るリスクがある反面、距離損がないので好走するケースも増えるといったところでしょうか。扱いが難しいですが、人気なら嫌って人気薄なら抑える…がベストかな?

年齢別

年齢着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
2歳 52- 25- 23- 82/18228.60%42.30%54.90%10191
3歳112- 78- 71-353/61418.20%30.90%42.50%10084
4歳 56- 50- 52-304/46212.10%22.90%34.20%6784
5歳 26- 45- 39-240/3507.40%20.30%31.40%5583
6歳  6- 18- 10- 99/1334.50%18.00%25.60%1781
7歳  2-  4-  3- 29/ 385.30%15.80%23.70%12390
8歳  0-  2-  1-  7/ 100.00%20.00%30.00%0227

芝・ダートまとめていますが、ディープ産駒はやはり2~3歳戦で強いことが分かります。

早い時期から活躍した馬が、その実績から年齢を重ねても人気になりがちですが、4歳以降はパフォーマンスを落としやすくなります。

若いうちにあまり使われてないタイプなら、古馬になっても走るケースは考えられます。また、切れる脚がないタイプも息の長い活躍をすることがありますね。(アルアイン・ダコールなど)

クラス別(芝)

クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  新馬 40-  9- 13- 55/11734.20%41.90%53.00%11280
 未勝利 48- 34- 32-145/25918.50%31.70%44.00%9182
 500万下 62- 63- 54-288/46713.30%26.80%38.30%6986
1000万下 39- 43- 37-189/30812.70%26.60%38.60%6484
1600万下 16- 17- 14- 87/13411.90%24.60%35.10%8680
OPEN特別  7- 10- 11- 40/ 6810.30%25.00%41.20%3696
  G3  9- 14- 12- 77/1128.00%20.50%31.30%3778
  G2 11-  5-  7- 45/ 6816.20%23.50%33.80%12693
  G1  7-  9-  5- 46/ 6710.40%23.90%31.30%200101

G2以上での回収率の高さが素晴らしいですね。G2以上は一流、G3レベルでは人気先行タイプが多くなるということでしょうか。

クラス別(ダート)

クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  新馬  1-  0-  0-  1/  250.00%50.00%50.00%10065
 未勝利  3-  4-  1- 17/ 2512.00%28.00%32.00%32118
 500万下  8-  9-  5- 69/ 918.80%18.70%24.20%4661
1000万下  3-  2-  6- 36/ 476.40%10.60%23.40%6894
1600万下  0-  2-  2- 11/ 150.00%13.30%26.70%0142
OPEN特別  0-  1-  0-  6/  70.00%14.30%14.30%0145
  G3  0-  0-  0-  1/  10.00%0.00%0.00%00
  G2  0-  0-  0-  1/  10.00%0.00%0.00%00
  G1  0-  0-  0-  0/  0

こちらは何とも…

場所別(芝)

場所着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  札幌  10-  10-   5-  39/  6415.60%31.30%39.10%6481
  函館   4-   4-   2-  34/  449.10%18.20%22.70%3244
  福島   9-   5-   8-  40/  6214.50%22.60%35.50%7988
  新潟  22-  19-  12-  74/ 12717.30%32.30%41.70%9790
  東京  46-  34-  35- 181/ 29615.50%27.00%38.90%8576
  中山  34-  23-  16- 120/ 19317.60%29.50%37.80%10288
  中京  15-  15-  19-  95/ 14410.40%20.80%34.00%6269
  京都  43-  41-  44- 150/ 27815.50%30.20%46.00%7494
  阪神  41-  37-  30- 161/ 26915.20%29.00%40.10%8796
  小倉  15-  16-  14-  78/ 12312.20%25.20%36.60%6684

サンプルが少ないとはいえ、函館のみ好走率が突出して悪くなっています。逆に、新潟・中山・京都・阪神は好走率・回収率ともに優秀。

ディープ産駒は中山が苦手…というのは、改修後には当て嵌まらないので認識を改める必要があります。ただし、馬場状態によっては全く走らないときもあるので見極めが大切です。

京都は今年から改修工事が始まり、阪神で代替されることが増えるので注目しておきたいですね。

場所別(ダート)

場所着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  札幌  0-  0-  1-  7/  80.00%0.00%12.50%027
  函館  0-  0-  0-  5/  50.00%0.00%0.00%00
  福島  0-  0-  1- 10/ 110.00%0.00%9.10%092
  新潟  0-  2-  1-  6/  90.00%22.20%33.30%076
  東京  1-  2-  2- 21/ 263.80%11.50%19.20%7163
  中山  3-  1-  0-  7/ 1127.30%36.40%36.40%10460
  中京  1-  3-  3- 20/ 273.70%14.80%25.90%4495
  京都  4-  4-  3- 29/ 4010.00%20.00%27.50%5098
  阪神  4-  6-  3- 25/ 3810.50%26.30%34.20%38139
  小倉  2-  0-  0- 12/ 1414.30%14.30%14.30%5217

ダートの好走は関西圏に集中しています。つまり、ダートは圧倒的に西高東低の図式が成り立っているということ。生産者や教育方針による違いでしょうか。

距離別(芝)

距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1000m   0-   0-   0-   0/   0
1150m   0-   0-   0-   0/   0
1200m  14-  18-   9-  87/ 12810.90%25.00%32.00%6487
1300m   0-   0-   0-   0/   0
1400m   7-  16-  12-  68/ 1036.80%22.30%34.00%2979
1500m   1-   3-   0-   7/  119.10%36.40%36.40%2558
1600m  53-  35-  42- 217/ 34715.30%25.40%37.50%7578
1700m   0-   0-   0-   3/   30.00%0.00%0.00%00
1800m  73-  42-  46- 213/ 37419.50%30.70%43.00%8082
1900m   0-   0-   0-   0/   0
2000m  52-  45-  44- 215/ 35614.60%27.20%39.60%8280
2100m   0-   0-   0-   0/   0
2200m  12-  16-  12-  50/  9013.30%31.10%44.40%124112
2300m   1-   1-   0-   0/   250.00%100.00%100.00%120135
2400m  17-  19-  13-  63/ 11215.20%32.10%43.80%149105
2500m   3-   3-   3-  13/  2213.60%27.30%40.90%38103
2600m   3-   4-   4-  33/  446.80%15.90%25.00%2490
2800m   0-   0-   0-   0/   0
3000m   1-   1-   0-   1/   333.30%66.70%66.70%216190
3200m   1-   1-   0-   0/   250.00%100.00%100.00%140235
3400m   0-   0-   0-   1/   10.00%0.00%0.00%00
3600m   1-   0-   0-   1/   250.00%50.00%50.00%625135

やはり1500m以下では成績がパッとせず、逆に2200m以上になると回収率が高くなっています。

ただし、どの距離でも人気馬は堅実で、各距離の回収率の差はどれだけ穴馬が走っているかによるので、距離が延びるほど穴馬の好走にも期待ができると言えそうです。

距離別(ダート)

距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1000m  0-  0-  0-  2/  20.00%0.00%0.00%00
1150m  0-  0-  0-  0/  0
1200m  1-  3-  1- 11/ 166.30%25.00%31.30%4787
1300m  0-  0-  0-  0/  0
1400m  1-  6-  1- 27/ 352.90%20.00%22.90%8153
1500m  0-  0-  0-  0/  0
1600m  0-  0-  0-  7/  70.00%0.00%0.00%00
1700m  1-  0-  2- 32/ 352.90%2.90%8.60%938
1800m  7-  7-  6- 43/ 6311.10%22.20%31.70%4992
1900m  2-  0-  1-  4/  728.60%28.60%42.90%21774
2000m  0-  1-  1-  4/  60.00%16.70%33.30%061
2100m  1-  1-  2- 10/ 147.10%14.30%28.60%13387
2200m  0-  0-  0-  0/  0
2300m  0-  0-  0-  0/  0
2400m  2-  0-  0-  2/  450.00%50.00%50.00%14060

ダートでも距離は短いより長いほうが良いですが、それ以上に関東馬か関西馬かを注意しておきたい。まぁダートでディープ産駒を本命にする物好きは、なかなかいないでしょうけどね。

ピンポイントで狙い撃てたら気持ちよさそうです。

馬場状態別

馬場状態着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
芝・ 良 196- 169- 154- 753/127215.40%28.70%40.80%8588
芝・稍重  27-  26-  23- 156/ 23211.60%22.80%32.80%4373
芝・ 重  13-   8-   6-  44/  7118.30%29.60%38.00%13486
芝・不良   3-   1-   2-  19/  2512.00%16.00%24.00%6456
ダ・ 良  10-   9-   7-  94/ 1208.30%15.80%21.70%5478
ダ・稍重   4-   7-   4-  35/  508.00%22.00%30.00%29107
ダ・ 重   1-   1-   1-  11/  147.10%14.30%21.40%3465
ダ・不良   0-   1-   2-   2/   50.00%20.00%60.00%0110

芝では重馬場を苦にするというわけではないですが、悪化しすぎると信用できません。荒れる可能性が一気に上がりそうですね。

逆に、ダートでは不良で脚抜きが良くなるのは歓迎…ということでしょう。

コース別(芝)

15回以上の出走があるコースで、複勝回収率の高い10コースです。

コース着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
阪神・芝2400外 3- 7- 3- 8/2114.30%47.60%61.90%153185
阪神・芝1200 1- 4- 2-15/224.50%22.70%31.80%120160
中山・芝2200 3- 4- 1- 8/1618.80%43.80%50.00%140138
京都・芝1600外10- 4- 8-27/4920.40%28.60%44.90%176135
福島・芝1800 5- 1- 3- 9/1827.80%33.30%50.00%173122
中京・芝2200 3- 3- 2-16/2412.50%25.00%33.30%188122
東京・芝1400 2- 4- 3-14/238.70%26.10%39.10%25117
中山・芝200010- 7- 4-32/5318.90%32.10%39.60%127102
阪神・芝2000 6- 5- 6-28/4513.30%24.40%37.80%133102
新潟・芝1800外 6- 3- 5-17/3119.40%29.00%45.20%5898

中山の2200mが得意とか…私の辞書にそんな格言はないぞ。(滝汗)

11位以降は長くなるので、ご覧になりたい方は下記をタップしてご覧ください。

【11位以下を見る】

コース別(ダート)

ダートは出走数が少ないため、割愛します。

母父小系統別(芝)

出走回数が15回以上ある母父の小系統で、複勝回収率の高い10系統です。

母父着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
ダンチヒ 23- 22- 19- 73/13716.80%32.80%46.70%133112
ハンプトン  6-  2-  3-  8/ 1931.60%42.10%57.90%102109
ストームバード 11- 20- 12- 58/10110.90%30.70%42.60%85107
ロベルト 19- 24- 12- 95/15012.70%28.70%36.70%8298
レッドゴッド  2-  2-  1- 11/ 1612.50%25.00%31.30%3198
ボールドルーラー  6-  2-  3- 14/ 2524.00%32.00%44.00%5896
グレイソヴリン  5-  7-  5- 32/ 4910.20%24.50%34.70%2895
ミスプロ 53- 34- 35-156/27819.10%31.30%43.90%9089
キングマンボ 14-  9- 14- 70/10713.10%21.50%34.60%8289
ヴァイスリージェント 17- 17- 13- 80/12713.40%26.80%37.00%8382

ダンチヒ系・ストームバード系の相性の良さは有名ですが、ハンプトン系は数が少ないながらも走る馬が複数出ていることから、相性は良さそうですね。

やはり上位には米国型のスピードタイプが多くランクインしています。

11位以下は下記をタップしてご覧ください。

【11位以下を見る】

母父小系統別(ダート)

ダートは出走数も少なめなので、10回以上の出走回数で抽出しました。

チェック母父馬着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
ロベルト 2- 1- 1-10/1414.30%21.40%28.60%60166
ヘイロー 1- 2- 0- 8/119.10%27.30%27.30%28121
ダンチヒ 2- 4- 0- 8/1414.30%42.90%42.90%2592
ヴァイスリージェント 5- 3- 4-26/3813.20%21.10%31.60%10084
サドラーズウェルズ 1- 1- 2-10/147.10%14.30%28.60%8674
ミスプロ 2- 2- 5-34/434.70%9.30%20.90%1261
エーピーインディ 1- 0- 1-18/205.00%5.00%10.00%3248
ストームバード 1- 1- 0- 9/119.10%18.20%18.20%6947

ここでもダンチヒ・ヴァイスリージェント系が好相性です。

前走距離別

前走距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
同距離  84-  97-  74- 425/ 68012.40%26.60%37.50%6781
±200以内 166- 179- 151- 848/134412.40%25.70%36.90%7484
±400以内 198- 205- 173- 986/156212.70%25.80%36.90%7485
±600以内 208- 207- 181-1029/162512.80%25.50%36.70%7485
今回延長  60-  61-  63- 328/ 51211.70%23.60%35.90%8392
今回短縮  66-  52-  46- 291/ 45514.50%25.90%36.00%7384
500m以上延長   5-   4-   5-  33/  4710.60%19.10%29.80%72119
500m以上短縮   7-   1-   5-  25/  3818.40%21.10%34.20%8264

回収率の面では延長ローテが最も高くなっています。前走より流れが一気に厳しくなりやすい大幅短縮で成績が悪いのも、なんとなく分かる気がします。(なんとなくね)

まとめ

ディープ産駒はやはり格の高いレースでの強さは別格。

産駒数も多いため、芝ではあらゆる条件で活躍するスーパー種牡馬です。昨年、惜しくも早過ぎる死を迎えましたが、あと数年間はディープ産駒の牙城は簡単には崩れないでしょう。

ここで紹介したデータは2019年だけのものなので、サンプル数としては足りているとは言い切れません。しかし、直近の傾向が馬券に活きるのもまた事実なので、予想の一押しになるようであれば幸いです。

なお、ここでは単勝100倍以下の馬のみを抽出しているので、他のサイト等で掲載されている回収率よりも全体的に高くなっていることには注意してください。

単勝100倍以上には、まったく勝負にならない馬も含まれたり、1頭の激走で回収率が大きく変わることもあるため、データとして分かりづらくなります。

また、最初にも言いましたが、今後の成績を保証するものではないことをご理解のうえ、参考にしていただければと思います。

コメント