【2019年】エイシンフラッシュ産駒の成績

ヘッダーロゴ種牡馬データ

【2019年】エイシンフラッシュ産駒の成績を掲載します。

これらの回収率は単純に競馬ソフトで集計したものなので、今後の回収率を保証するものではないことをご了承ください。

集計期間は2019年・対象馬は単勝オッズ100倍以内の馬です。

スポンサーリンク

エイシンフラッシュ産駒の成績

まず、昨年の産駒の全体成績です。

エイシンフラッシュ産駒の成績

芝・ダートともに回収率は低めで、産駒数のわりには不振と言えます。個人的にも扱い方に苦戦しており、 本命にすることは少ないです。

では、続いて項目別に見ていきます。

枠別(芝)

枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠 4- 3- 2-28/3710.80%18.90%24.30%6657
2枠 3- 2- 4-36/456.70%11.10%20.00%7835
3枠 5- 5- 2-19/3116.10%32.30%38.70%11497
4枠 3- 2- 3-36/446.80%11.40%18.20%4256
5枠 3- 5- 1-41/506.00%16.00%18.00%4554
6枠 5- 2- 3-30/4012.50%17.50%25.00%9062
7枠 4- 3- 2-48/577.00%12.30%15.80%6242
8枠 6- 2- 6-40/5411.10%14.80%25.90%16780

大外枠からの一撃ズドンッ!

エイシンフラッシュ自身はダービーや天皇賞での内枠からズドンッ!というイメージが強いですが、産駒は外枠のほうが向いています。

3枠も好成績ですが、基本的には揉まれないほうが良いということでしょう。

枠別(ダート)

枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠 3- 2- 1- 8/1421.40%35.70%42.90%234130
2枠 3- 1- 0-19/2313.00%17.40%17.40%5728
3枠 2- 3- 1-11/1711.80%29.40%35.30%9696
4枠 2- 1- 1-20/248.30%12.50%16.70%7035
5枠 0- 0- 1-21/220.00%0.00%4.50%042
6枠 2- 2- 2-22/287.10%14.30%21.40%2853
7枠 1- 2- 3-23/293.40%10.30%20.70%841
8枠 0- 2- 1-25/280.00%7.10%10.70%031

ダートでは逆に内枠が良いのな…

私にはこれを説明する理由が見付からないので、各々でお考えください。(丸投げ)

年齢別

年齢着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
2歳  8-  6-  9- 85/1087.40%13.00%21.30%4951
3歳 29- 26- 20-235/3109.40%17.70%24.20%6361
4歳  9-  5-  4-107/1257.20%11.20%14.40%10946

まだ数世代しか走っていませんが、昨年だけでなく全体でも4歳以降に好走率が大きく落ちる傾向にあります。

意外と早熟なのでしょうか。

クラス別(芝)

クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  新馬  0-  3-  2- 49/ 540.00%5.60%9.30%024
 未勝利 14- 12-  7- 88/12111.60%21.50%27.30%7968
 500万下 13-  5-  9- 67/ 9413.80%19.10%28.70%17283
1000万下  3-  3-  5- 46/ 575.30%10.50%19.30%2944
1600万下  3-  0-  0-  7/ 1030.00%30.00%30.00%23682
OPEN特別  0-  1-  0- 12/ 130.00%7.70%7.70%024
  G3  0-  0-  0-  9/  90.00%0.00%0.00%00

切れるタイプではなく、基本的にスピード不足で下級条件が主戦場となります。

エイシンフラッシュ自身は突然変異的なキャラだったんでしょうね。

クラス別(ダート)

クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  新馬  2-  0-  1- 12/ 1513.30%13.30%20.00%9035
 未勝利  6-  7-  4- 75/ 926.50%14.10%18.50%4545
 500万下  4-  5-  4- 47/ 606.70%15.00%21.70%4771
1000万下  1-  1-  0-  7/  911.10%22.20%22.20%6441
1600万下  0-  0-  1-  5/  60.00%0.00%16.70%018
OPEN特別  0-  0-  0-  3/  30.00%0.00%0.00%00

スピード不足でもダート向きというわけではなく、下級条件でも苦戦しています。

場所別(芝)

場所着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  札幌  0-  2-  2-  9/ 130.00%15.40%30.80%081
  函館  1-  0-  0- 14/ 156.70%6.70%6.70%4812
  福島  2-  3-  5- 26/ 365.60%13.90%27.80%1587
  新潟  3-  2-  2- 27/ 348.80%14.70%20.60%9148
  東京  9-  5-  2- 41/ 5715.80%24.60%28.10%8750
  中山  3-  2-  0- 20/ 2512.00%20.00%20.00%9943
  中京  4-  0-  3- 24/ 3112.90%12.90%22.60%8041
  京都  2-  3-  2- 44/ 513.90%9.80%13.70%16364
  阪神  7-  2-  6- 49/ 6410.90%14.10%23.40%8165
  小倉  2-  5-  1- 24/ 326.30%21.90%25.00%6173

回収率で目立つところはありませんが、勝率が2桁を記録しているのは全て坂のあるコース。

勝率のわりに複勝率が低いので、ぺーかパーか…ピンかパーかというタイプが多いということですね。

場所別(ダート)

場所着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  札幌  0-  0-  1-  9/ 100.00%0.00%10.00%013
  函館  0-  0-  1-  6/  70.00%0.00%14.30%024
  福島  1-  2-  0- 11/ 147.10%21.40%21.40%3342
  新潟  2-  1-  1- 16/ 2010.00%15.00%20.00%8957
  東京  3-  3-  2- 33/ 417.30%14.60%19.50%2557
  中山  2-  2-  2- 32/ 385.30%10.50%15.80%2624
  中京  0-  3-  0- 11/ 140.00%21.40%21.40%044
  京都  2-  1-  2-  9/ 1414.30%21.40%35.70%192163
  阪神  1-  0-  0- 17/ 185.60%5.60%5.60%6115
  小倉  2-  1-  1-  5/  922.20%33.30%44.40%98105

一転、ダートで勝率が2桁になるのは平坦コース。とくに京都と小倉はサンプルが少ないとはいえドル箱コースとなっています。

なぜそうなるのかは…やっぱり私には分からないので、これを持って京都・小倉で狙うことはないと思います。

距離別(芝)

距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1000m  0-  0-  0-  2/  20.00%0.00%0.00%00
1200m  3-  4-  2- 44/ 535.70%13.20%17.00%4645
1400m  6-  6-  2- 23/ 3716.20%32.40%37.80%8498
1500m  0-  0-  1-  2/  30.00%0.00%33.30%093
1600m  3-  2-  3- 51/ 595.10%8.50%13.60%3943
1800m  7-  4-  5- 53/ 6910.10%15.90%23.20%8461
2000m 11-  6-  5- 70/ 9212.00%18.50%23.90%8144
2200m  2-  0-  0- 12/ 1414.30%14.30%14.30%580139
2300m  0-  0-  0-  1/  10.00%0.00%0.00%00
2400m  1-  0-  4- 14/ 195.30%5.30%26.30%3042
2500m  0-  0-  0-  1/  10.00%0.00%0.00%00
2600m  0-  2-  1-  5/  80.00%25.00%37.50%0137

スピードのある馬ではないので、1200mや1600mでは苦戦。

1400mでは持続力が求められやすく、それが好成績に繋がっています。

距離別(ダート)

距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1000m  1-  1-  0- 13/ 156.70%13.30%13.30%2043
1150m  0-  0-  0-  2/  20.00%0.00%0.00%00
1200m  1-  1-  2- 24/ 283.60%7.10%14.30%7042
1300m  0-  0-  0-  4/  40.00%0.00%0.00%00
1400m  2-  4-  2- 21/ 296.90%20.70%27.60%4398
1600m  1-  0-  1- 11/ 137.70%7.70%15.40%2426
1700m  2-  2-  2- 15/ 219.50%19.00%28.60%5048
1800m  4-  3-  1- 44/ 527.70%13.50%15.40%5227
1900m  0-  0-  0-  4/  40.00%0.00%0.00%00
2100m  1-  1-  1-  7/ 1010.00%20.00%30.00%55137

好走率が高いのは1400mと1700mと2100m。

とりあえずこの距離では一考してみると良いかもしれません。

馬場状態別

馬場状態着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
芝・ 良 24- 16- 17-217/2748.80%14.60%20.80%7651
芝・稍重  6-  7-  5- 40/ 5810.30%22.40%31.00%8993
芝・ 重  3-  1-  0- 12/ 1618.80%25.00%25.00%23079
芝・不良  0-  0-  1-  9/ 100.00%0.00%10.00%031
ダ・ 良  7-  6-  6- 92/1116.30%11.70%17.10%4649
ダ・稍重  3-  4-  1- 34/ 427.10%16.70%19.00%5034
ダ・ 重  1-  2-  2- 20/ 254.00%12.00%20.00%1867
ダ・不良  2-  1-  1-  3/  728.60%42.90%57.10%171124

芝では良馬場よりもタフになるほうが良いでしょう。

ダートでは不良の成績が圧倒的ですが、芝的な要素が求められたときが狙い目になるのかも。

コース別(芝)

5回以上の出走があるコースで、複勝回収率の高い10コースです。

コース着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
阪神・芝1400 3- 1- 1- 4/ 933.30%44.40%55.60%236174
小倉・芝1800 1- 2- 1- 5/ 911.10%33.30%44.40%181171
福島・芝1800 1- 1- 2- 7/119.10%18.20%36.40%16109
東京・芝1400 2- 3- 0- 6/1118.20%45.50%45.50%40103
阪神・芝2000 3- 1- 1- 9/1421.40%28.60%35.70%10784
福島・芝1200 1- 0- 2- 8/119.10%9.10%27.30%3480
東京・芝2000 2- 2- 0- 5/ 922.20%44.40%44.40%24171
東京・芝2400 1- 0- 1- 3/ 520.00%20.00%40.00%11470
新潟・芝1400 0- 2- 0- 4/ 60.00%33.30%33.30%068
阪神・芝2400外 0- 0- 2- 6/ 80.00%0.00%25.00%057

非根幹距離の1400m・1800mの4コースで複勝回収率が100%オーバー。

距離別では1800mはイマイチでしたが、「ローカルの小回り」という条件なら走れる可能性が高いと言えそうです。

11位以降は下記をタップしてご覧ください。

【11位以降を見る】

コース別(ダート)

5回以上の出走があるコースで、複勝回収率の高い順に掲載します。

コース着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
東京・ダ2100 1- 1- 1- 7/1010.00%20.00%30.00%55137
中京・ダ1800 0- 2- 0- 3/ 50.00%40.00%40.00%076
新潟・ダ1200 0- 0- 1- 6/ 70.00%0.00%14.30%074
小倉・ダ1700 1- 0- 1- 3/ 520.00%20.00%40.00%11660
福島・ダ1700 1- 2- 0- 8/119.10%27.30%27.30%4253
新潟・ダ1800 2- 1- 0-10/1315.40%23.10%23.10%13647
東京・ダ1400 1- 2- 0-11/147.10%21.40%21.40%1246
阪神・ダ1400 1- 0- 0- 7/ 812.50%12.50%12.50%13733
東京・ダ1600 1- 0- 1-11/137.70%7.70%15.40%2426
京都・ダ1800 1- 0- 0- 6/ 714.30%14.30%14.30%10124
中山・ダ1200 0- 1- 1-10/120.00%8.30%16.70%021
中山・ダ1800 1- 0- 1-19/214.80%4.80%9.50%1112

東京2100m以外は回収率が標準以下。

やはり狙いは芝的な要素を求められる状況になったとき…でしょう。

母父小系統別(芝)

5回以上の出走がある母父の小系統で、複勝回収率の高い10系統です。

チェック母父馬着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
ボールドルーラー 2- 0- 0- 4/ 633.30%33.30%33.30%298108
ダンチヒ 0- 0- 2- 4/ 60.00%0.00%33.30%088
ディープ 4- 3- 2-10/1921.10%36.80%47.40%7277
サンデーサイレンス 8- 4- 5-40/5714.00%21.10%29.80%8276
Tサンデー 5- 6- 4-61/766.60%14.50%19.70%18075
サドラーズウェルズ 0- 0- 1- 6/ 70.00%0.00%14.30%071
Lサンデー 0- 2- 2-20/240.00%8.30%16.70%063
Pサンデー 9- 5- 4-45/6314.30%22.20%28.60%7161
Dサンデー 1- 0- 1-10/128.30%8.30%16.70%18156
ニジンスキー 0- 1- 0- 5/ 60.00%16.70%16.70%056

サンデー系との配合が可能ですが、ディープ以外の孫とはイマイチ。と言っても、ディープも好走率が高いだけで回収率は低いですね。

それでもそれ以外の系統では壊滅的な成績なので、サンデーの血がないことには始まらないという感じです。

11位以降は下記をタップしてご覧ください。

【11位以降を見る】

母父小系統別(ダート)

5回以上の出走がある母父の小系統で、複勝回収率の高い順に掲載します。

母父馬着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
Pサンデー 6- 3- 3-20/3218.80%28.10%37.50%118108
フォーティナイナー 0- 2- 0- 6/ 80.00%25.00%25.00%073
ダンチヒ 1- 2- 0- 3/ 616.70%50.00%50.00%5371
サンデーサイレンス 2- 0- 1-20/238.70%8.70%13.00%7860
ロベルト 2- 1- 0-18/219.50%14.30%14.30%10950
Tサンデー 2- 3- 4-26/355.70%14.30%25.70%2140
ディープ 0- 1- 1-12/140.00%7.10%14.30%025
Dサンデー 0- 0- 0-23/230.00%0.00%0.00%00
ヴァイスリージェント 0- 0- 0- 6/ 60.00%0.00%0.00%00
Lサンデー 0- 0- 0- 5/ 50.00%0.00%0.00%00

Pサンデー系が優秀ですが、同じ馬が何度か走ってのものなので、これだけでダートの狙い目とするには厳しいかな…と思います。

前走距離別

前走距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
同距離 23- 13- 12-147/19511.80%18.50%24.60%9258
±200以内 36- 28- 23-295/3829.40%16.80%22.80%6956
±400以内 43- 32- 28-339/4429.70%17.00%23.30%8362
±600以内 44- 34- 30-352/4609.60%17.00%23.50%8162
今回延長 12- 13-  9-100/1349.00%18.70%25.40%11876
今回短縮  9-  8-  9-111/1376.60%12.40%19.00%2651
500m以上延長  1-  2-  2-  9/ 147.10%21.40%35.70%5383
500m以上短縮  0-  0-  0- 10/ 100.00%0.00%0.00%00

短縮が苦手で延長が良い珍しいタイプ。

ダートは延長でも回収率は激低ですが、芝の延長はかなり優秀。

これは覚えておきたい特徴ですね。

まとめ

エイシンフラッシュ産駒は、基本的には芝向きですが、日本ではスピードが足りないので上級条件で活躍することは難しいでしょう。

芝では外目の枠・非根幹距離・タフな馬場・距離延長が狙い目で、ダートでは軽視するほうが無難です。

ここで紹介したデータは2019年だけのものなので、サンプル数としては足りているとは言い切れません。しかし、直近の傾向が馬券に活きるのもまた事実なので、予想の一押しになるようであれば幸いです。

なお、ここでは単勝100倍以下の馬のみを抽出しているので、他のサイト等で掲載されている回収率よりも全体的に高くなっていることには注意してください。

単勝100倍以上には、まったく勝負にならない馬も含まれたり、1頭の激走で回収率が大きく変わることもあるため、データとして分かりづらくなります。

また、最初にも言いましたが、今後の成績を保証するものではないことをご理解のうえ、参考にしていただければと思います。

コメント