【2019】フラワーC・ファルコンSとその他レースの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2019】フラワーCとファルコンS、その他レースの予想です。

最近、午後からの芝レースでやたらと少頭数が多いのは気のせいでしょうか?

阪神なんてほとんど頭数が揃ってないイメージしかないですね。

スポンサーリンク

フラワーCの予想

このレースでは距離短縮馬がよく走ります。

タフなコースで、血統面でもスタミナ色が強いTサンデー系が優秀。

推定1番人気のエールヴォアは血統・ローテ的には問題なさそうですが、前走より流れが厳しくなる可能性が高い点がどうでるか心配ですね。

血統・ローテ的にシャドウディーヴァが良さそうですが、推定3番人気と私には手が出しづらい人気。

ということで、人気薄から手を出してみたいのは短縮ローテのルタンブル

父は中山芝重賞で注目のキングマンボ系で、エイシンフラッシュ産駒は当レースで1頭のみ出走例があり、8番人気4着と健闘。

当馬は新馬から全て牡馬混合戦の中距離に出走しており、その経験がここで活きてくる可能性に賭けます。

エールヴォア同様、前走が少頭数の逃げだった点は不安ですが、人気薄でそんなこと気にしてたらやってらんねぇ!!

ファルコンSの予想

今開催の中京は、今のところ内が有利に思えます。

推定1番人気のハッピーアワーは大外の差し馬。父ハービンジャーが前走から頭数増の短縮で力を発揮できるかは怪しく、ここは危険な人気馬でしょう。

血統的にはサンデーの血が必須ではない芝重賞で、米国型の血を持っている馬の激走が多々あります。

今年の狙いとしては、米国血統保有・内枠・先行馬となりますね。

ということで、全ての要素を満たしそうなのがジャカランダシティ…ですが、本命はダノンジャスティスです。

父Kingmanは欧州の名マイラー。母父Aldebaran(アルデバランⅡ)はダンスディレクターやダノンゴーゴーなど芝短距離でも活躍馬を出した米国血統馬。

Kingman産駒の出走数はまだ少ないですが、なんと1400mではこれまで5回出走して4回馬券になる巧者(複勝回収率238%!)です。

1200mになると8回出走して2回しか好走しておらず、非根幹距離に適性があるのは明白でしょう。

デイリー杯ではハッピーアワーに後れを取りましたが、非根幹距離での対決ならこちらに分があると見ます。

ちなみに、Kingman産駒が1400mで唯一馬券を外したのが当馬の前走でした(*´ω`)

敗因は…休み明け?

その他レースの予想

中京2R…エターナルブレイズ

出走馬の半数近くが初出走という難解な一戦。

中京芝1400mは、とりあえず前に行ける馬を狙いたいです。

初出走馬がどういった位置取りをするか読めませんが、狙いは先行しそうなエターナルブレイズ

能力的にはよく分かりませんが、前走は延長が堪えたとすると、短縮になる今回は巻き返しに期待できます。展開の利にも期待です。

阪神8R…マルモマリア

抜けた馬がいない混戦模様のレースです。

何が来てもおかしくなさそうですが、やはり競馬の基本として前に行ける馬を狙いたい。

マルモマリアは逃げた2戦でいずれも好走し、その次走で凡走。延長になりますが、逃げの手に出る可能性も高く、そのまま押し切りに期待します。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. アサカディフィート より:

    こちらもダノンシャスティスを軸に
    馬連で流そうとおもいます。
    中内田調教師頼むやでぇ!
    相手は
    ローゼンクリーガー
    ジャパンスウェプト
    ヴァッシュモン
    ドゴール
    グルーヴィット
    イッツクール
    ハッピーアワーは消します!

    • hide より:

      ダノンジャスティスは少し窮屈なところがありましたけど、それを抜きにしても厳しそうでしたね…
      にしても、ハッピーアワーがあそこまで楽勝するとは思わず完敗です。
      明日の重賞は狙いたい馬が見つからない(-_-)