【2019年】ゴールドアリュール産駒の成績

ヘッダーロゴ種牡馬データ

【2019年】ゴールドアリュール産駒の成績を掲載します。

これらの回収率は単純に競馬ソフトで集計したものなので、今後の回収率を保証するものではないことをご了承ください。

集計期間は2019年・対象馬は単勝オッズ100倍以内の馬です。

スポンサーリンク

産駒の成績

まず、昨年の産駒の全体成績です。

ゴールドアリュール産駒の成績

芝の出走数が少ないながら好走率・回収率ともに抜群。ダート種牡馬と思われているため、人気になりづらいのでしょうね。

実際、勝ち星の大半がダートなのでダート種牡馬であることに間違いありませんが、自身がダービーでも5着だったように、芝適性がないわけではありません。

では、続いて項目別に見ていきますが、ゴールドアリュール産駒は芝の出走数が少ないため、芝に関してはポイントだけまとめていきます。

芝のポイント

ゴールドアリュール産駒は外枠よりも内枠が得意で、短縮ローテが得意です。

勝率でも短縮はその他ローテの倍ほどあるので、短縮で狙うだけでも効果的かもしれません。

意外と坂のあるコースの成績はイマイチで、勝ち星の多くは1200mでのもの。しかし、穴は1600m~2000mの距離が多いです。

枠別(ダート)

枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠 12-  9-  6- 47/ 7416.20%28.40%36.50%84104
2枠  7-  6-  5- 56/ 749.50%17.60%24.30%8179
3枠  4- 10- 11- 68/ 934.30%15.10%26.90%4292
4枠  5-  9-  5- 65/ 846.00%16.70%22.60%2752
5枠  8- 10-  3- 67/ 889.10%20.50%23.90%2959
6枠 10- 16- 10- 85/1218.30%21.50%29.80%3975
7枠 16-  8-  9- 80/11314.20%21.20%29.20%13390
8枠 12- 11- 12- 67/10211.80%22.50%34.30%115100

最内もしくは外枠が良いですね。

ただ、サンデー系なだけに最内よりも外枠のほうが向いている可能性は高いでしょう。

年齢別

年齢着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
2歳 11- 14-  3- 46/ 7414.90%33.80%37.80%18396
3歳 38- 35- 30-226/32911.60%22.20%31.30%5776
4歳 12- 10- 14-106/1428.50%15.50%25.40%4673
5歳 10- 13-  9- 91/1238.10%18.70%26.00%101117
6歳  3-  7-  5- 42/ 575.30%17.50%26.30%2276
7歳  0-  0-  0- 21/ 210.00%0.00%0.00%00
8歳  0-  0-  0-  2/  20.00%0.00%0.00%00

6歳以上の成績が良くありません。

世代レベルの問題である可能性もありますが、高齢馬の激走は少ない…かも。

クラス別(ダート)

クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  新馬  5-  9-  3- 43/ 608.30%23.30%28.30%13596
 未勝利 22- 30- 19-155/2269.70%23.00%31.40%4871
 500万下 25- 12- 17-145/19912.60%18.60%27.10%9282
1000万下 14- 17- 16-142/1897.40%16.40%24.90%6592
1600万下  4-  4-  4- 32/ 449.10%18.20%27.30%3766
OPEN特別  3-  4-  2- 10/ 1915.80%36.80%47.40%5198
  G3  0-  1-  0-  7/  80.00%12.50%12.50%023
  G2  0-  0-  0-  0/  0
  G1  1-  2-  0-  1/  425.00%75.00%75.00%110105

JRAで行われるダートG1は芝の要素が問われる舞台なので、G1で強さを発揮します。

場所別(ダート)

場所着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  札幌  2-  3-  3- 26/ 345.90%14.70%23.50%1592
  函館  2-  3-  1- 21/ 277.40%18.50%22.20%2339
  福島  1-  8-  1- 23/ 333.00%27.30%30.30%151152
  新潟  6-  6-  2- 26/ 4015.00%30.00%35.00%7876
  東京 12-  7- 16- 93/1289.40%14.80%27.30%104103
  中山 18- 10-  8- 62/ 9818.40%28.60%36.70%124100
  中京  6- 11-  7- 54/ 787.70%21.80%30.80%3799
  京都 10- 19- 12-105/1466.80%19.90%28.10%5667
  阪神 13-  9-  8- 94/12410.50%17.70%24.20%3543
  小倉  4-  3-  3- 31/ 419.80%17.10%24.40%5574

中央のコースでは東京・中山が京都・阪神より圧倒的に好成績。

ただ、東京は関東馬の好走が成績を底上げしており、関西馬の成績は今一つです。しかし、関西馬でも中山は良く走っているという不思議。

中山が最も得意なのかもしれません。

距離別(ダート)

距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1000m  1-  3-  1- 28/ 333.00%12.10%15.20%3543
1150m  0-  2-  0-  9/ 110.00%18.20%18.20%0105
1200m 15- 20- 10- 92/13710.90%25.50%32.80%6581
1400m 11- 11- 13-126/1616.80%13.70%21.70%5460
1600m  6-  1-  6- 32/ 4513.30%15.60%28.90%104120
1700m  8- 12-  7- 63/ 908.90%22.20%30.00%80107
1800m 29- 24- 16-135/20414.20%26.00%33.80%8777
1900m  1-  3-  2- 12/ 185.60%22.20%33.30%45177
2000m  1-  0-  1-  8/ 1010.00%10.00%20.00%2639
2100m  2-  3-  5- 18/ 287.10%17.90%35.70%109122

東京にしかない1600m・2100mが好成績なのは当然として、1400m以下よりも1600m以上のほうが安定感があります。

1000mでは米国型のダッシュ力に及ばないので、人気になっている馬がいても過信は禁物でしょう。

馬場状態別

馬場状態着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
芝・ 良  7-  1-  5- 23/ 3619.40%22.20%36.10%188130
芝・稍重  0-  0-  0-  4/  40.00%0.00%0.00%00
芝・ 重  0-  0-  0-  0/  0
芝・不良  0-  0-  0-  1/  10.00%0.00%0.00%00
ダ・ 良 45- 49- 35-289/41810.80%22.50%30.90%8389
ダ・稍重 19- 18- 14-139/19010.00%19.50%26.80%4075
ダ・ 重  1-  8- 10- 76/ 951.10%9.50%20.00%457
ダ・不良  9-  4-  2- 31/ 4619.60%28.30%32.60%21587

ダート重馬場での成績が良くないですが、不良にまでなると成績が急上昇。

一概にコンディションで決めるよりも、雨でサンデー系が走りやすくなっているかどうかをチェックしておくほうが良いかもしれません。

コース別(ダート)

15回以上の出走があるコースで、複勝回収率の高い10コースです。

コース着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
福島・ダ1700 1- 6- 1-14/224.50%31.80%36.40%226175
札幌・ダ1700 2- 3- 3-16/248.30%20.80%33.30%22130
東京・ダ2100 2- 3- 5-18/287.10%17.90%35.70%109122
東京・ダ1600 6- 1- 6-32/4513.30%15.60%28.90%104120
中山・ダ1800 8- 6- 6-31/5115.70%27.50%39.20%122106
中山・ダ120010- 4- 2-27/4323.30%32.60%37.20%137103
東京・ダ1400 4- 3- 5-36/488.30%14.60%25.00%11790
新潟・ダ1800 4- 5- 1-16/2615.40%34.60%38.50%4888
京都・ダ1800 7- 5- 6-39/5712.30%21.10%31.60%11180
小倉・ダ1700 3- 2- 3-21/2910.30%17.20%27.60%3875

それなりの出走数があり、わりと得意なコースがはっきりしていると言えるかも。

中山の勝率の高さは要チェックです。

11位以降は下記をタップしてご覧ください。

【11位以降を見る】

母父小系統別(ダート)

10回以上の出走がある母父の小系統で、複勝回収率の高い10系統です。

母父馬着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
リファール  2-  3-  4-  8/ 1711.80%29.40%52.90%73210
ダンチヒ  1-  3-  2- 18/ 244.20%16.70%25.00%14154
ダマスカス  2-  3-  1-  4/ 1020.00%50.00%60.00%66133
マイバブー  3-  0-  2- 12/ 1717.60%17.60%29.40%148126
ノーザンダンサー  1-  1-  0-  8/ 1010.00%20.00%20.00%50117
キングマンボ  8-  8-  5- 34/ 5514.50%29.10%38.20%96104
ニアークティック  2-  3-  1- 17/ 238.70%21.70%26.10%34104
ヘイロー  4-  1-  3- 22/ 3013.30%16.70%26.70%199100
ロベルト  7- 12-  6- 45/ 7010.00%27.10%35.70%7691
グレイソヴリン  6-  1-  3- 15/ 2524.00%28.00%40.00%9878

サンデー系の中ではダート適性が高いからか、母父が米国型でなくても走っています。

むしろ、ミスプロ系や米国型ノーザンダンサー系とは合わないくらい。

出走数も多いキングマンボ系やターントゥを持つ馬は成績も良く、注目しておきたい血統です。

11位以降は下記をタップしてご覧ください。

【11位以降を見る】

前走距離別

前走距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
同距離 45- 34- 33-240/35212.80%22.40%31.80%6769
±200以内 65- 55- 50-399/56911.40%21.10%29.90%7581
±400以内 69- 68- 57-461/65510.50%20.90%29.60%6883
±600以内 69- 68- 57-477/67110.30%20.40%28.90%6681
今回延長 10- 16- 12-120/1586.30%16.50%24.10%4578
今回短縮 14- 19- 12-122/1678.40%19.80%26.90%81107
500m以上延長  0-  0-  0- 13/ 130.00%0.00%0.00%00
500m以上短縮  0-  1-  0-  7/  80.00%12.50%12.50%020

延長と短縮では好走率に大きな差はありませんが、回収率には大きな差があります。

延長の場合は人気馬でも少し疑い、短縮で狙いたいですね。

前走が延長ローテで今回が同距離というパターンも、前走が厳しいローテだったので巻き返せる可能性が上がるでしょう。

まとめ

ゴールドアリュール産駒は主にダートで活躍しますが、芝では穴種牡馬として力のいる馬場で狙い目です。

とにかく狙い目は短縮ローテで、内枠よりも外枠のほうが安定感があり、大舞台では今後も活躍が期待できるでしょう。

ここで紹介したデータは2019年だけのものなので、サンプル数としては足りているとは言い切れません。しかし、直近の傾向が馬券に活きるのもまた事実なので、予想の一押しになるようであれば幸いです。

なお、ここでは単勝100倍以下の馬のみを抽出しているので、他のサイト等で掲載されている回収率よりも全体的に高くなっていることには注意してください。

単勝100倍以上には、まったく勝負にならない馬も含まれたり、1頭の激走で回収率が大きく変わることもあるため、データとして分かりづらくなります。

また、最初にも言いましたが、今後の成績を保証するものではないことをご理解のうえ、参考にしていただければと思います。

コメント