【2019】函館記念の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2019】函館記念の予想です。

毎年のように巴賞組が大挙出走する函館記念ですが、実は巴賞の連対馬はここ10年で1度も馬券に絡んでいません。

1~3番人気も多数いたにもかかわらず、なぜ連続好走することができないのかについて考察したので、こちらも併せてご覧ください。

なぜ巴賞好走馬は函館記念で好走できないのか?
2年連続で三連複10万馬券が飛び出している函館記念ですが、荒れる要因のひとつに巴賞で好走した馬がまったく走らないことが挙げられます。 ...

函館記念の予想

洋芝でタフな流れになりやすい函館記念のポイントは、ロベルトや欧州のスタミナ長距離血統などの血を持つ馬。

人気のエアスピネルは、キンカメ×サンデーでこの舞台にはそれほど合わないと思います。大外に入ったこともマイナスですね。

ロベルトの血を持つのはマイネルファンロン(母母父)、メートルダール(母父)、ステイフーリッシュ(母母父)。ポポカテペトルも一応持っていますが、5代前なので影響は少ないと思うので省きます。

本命はマイネルファンロンにします。

前走は大敗しましたが、体調がイマイチだったことと4角でごちゃついた影響が多少なりともありそうなことから、ここで巻き返す可能性は十分ありえるでしょう。

マイネル軍団は過去10年で2勝を挙げているように、中央よりもローカルでこそ華咲く馬たちです。

対抗も巴賞組のマイスタイル(推定1番人気)。

前走は4角でタレた先行馬に巻き込まれ、まったくレースにならない敗戦で気にする必要はなし。

函館実績もあり、重賞でも上位の力を持ち、好走と凡走を繰り返すリズムで今回好走する可能性は高そうです。

函館記念は1.2番人気が不振のレースですが、半数近くが巴賞好走後や前走G1に出走していただけで人気になっている馬。

走らない理由を考えれば、1.2番人気というだけで無条件に消すことはできません。これで見せ場なく凡走したらどうしよう…

◎ マイネルファンロン
〇 マイスタイル
▲ ステイフーリッシュ
△ 2.5.8.13

馬券は◎ー○▲の馬連ワイドをメインに、◎ー〇▲ー印への三連複で高配当を狙いにいきます。

フォローする