【2019年】ヘニーヒューズ産駒の成績

ヘッダーロゴ種牡馬データ

【2019年】ヘニーヒューズ産駒の成績を掲載します。

これらの回収率は単純に競馬ソフトで集計したものなので、今後の回収率を保証するものではないことをご了承ください。

集計期間は2019年・対象馬は単勝オッズ100倍以内の馬です。

スポンサーリンク

ヘニーヒューズ産駒の成績

まず、昨年の産駒の全体成績です。

ヘニーヒューズ産駒の成績

勝ち星の大半はダートにもかかわらず、単複回収率が標準を大きく超えるというとんでもない成績を残しています。

下手に予想するよりも、ヘニーヒューズ産駒だけ狙ってるほうが良いんじゃね?

では、続いて項目別に見ていきますが、芝はサンプルが少なすぎるので、ダートのみを対象とします。

枠別(ダート)

枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠  8-  4-  4- 62/ 7810.30%15.40%20.50%4972
2枠  8- 13- 10- 54/ 859.40%24.70%36.50%245117
3枠  5-  6-  7- 58/ 766.60%14.50%23.70%3882
4枠  8-  7- 10- 48/ 7311.00%20.50%34.20%5293
5枠  9-  6-  9- 63/ 8710.30%17.20%27.60%5771
6枠 16-  8-  8- 57/ 8918.00%27.00%36.00%124103
7枠  9- 15- 12- 68/1048.70%23.10%34.60%4284
8枠 14-  9-  6- 52/ 8117.30%28.40%35.80%13197

外枠が良いですね。

内枠が全くダメという感じでもないですが、最内はちょっと危ないかなという感じ。

年齢別

年齢着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値単勝適正回収値
2歳 20- 17- 13- 72/12216.40%30.30%41.00%106110110.8
3歳 40- 36- 39-250/36511.00%20.80%31.50%1089578.8
4歳 17- 15- 14-140/1869.10%17.20%24.70%536775.9

一目瞭然、ヘニーヒューズ産駒は早熟です。

また、芝で走ることもありますが、狙えるのは2歳戦で、3歳以降は厳しくなっていきます。

クラス別(ダート)

クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  新馬  7- 10-  7- 43/ 6710.40%25.40%35.80%171133
 未勝利 26- 30- 26-152/23411.10%23.90%35.00%7492
 500万下 33- 21- 23-167/24413.50%22.10%31.60%10784
1000万下  7-  6-  6- 64/ 838.40%15.70%22.90%5766
1600万下  2-  0-  0- 15/ 1711.80%11.80%11.80%9847
OPEN特別  1-  1-  3- 16/ 214.80%9.50%23.80%1797
  G3  1-  0-  1-  4/  616.70%16.70%33.30%110170
  G2  0-  0-  0-  0/  0
  G1  0-  0-  0-  1/  10.00%0.00%0.00%00

下級条件で強く、クラスが上がると一旦頭打ちになる馬が多いのでしょうか。

そこを突破した馬は、OP以上でも通用する素質がありそうです。

1000万下・1600万下で走っている馬はピークを過ぎていることが多い可能性もありますね。

場所別(ダート)

場所着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  札幌  5-  2-  2- 20/ 2917.20%24.10%31.00%9048
  函館  4-  7-  3- 12/ 2615.40%42.30%53.80%247138
  福島  0-  7-  0- 37/ 440.00%15.90%15.90%072
  新潟  2-  3-  3- 33/ 414.90%12.20%19.50%4497
  東京 24- 11- 14- 76/12519.20%28.00%39.20%150116
  中山 10- 10-  9- 62/ 9111.00%22.00%31.90%149101
  中京  6-  5-  5- 51/ 679.00%16.40%23.90%4067
  京都 15-  9- 14- 86/12412.10%19.40%30.60%8580
  阪神  9-  7- 14- 64/ 949.60%17.00%31.90%5983
  小倉  2-  7-  2- 21/ 326.30%28.10%34.40%1478

関東圏での成績が良く、必然的に関東馬が良く走っている傾向があります。

生産牧場や育成方法の影響などがあるのでしょうか。

距離別(ダート)

距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1000m  4-  4-  2- 20/ 3013.30%26.70%33.30%8778
1150m  0-  3-  0- 20/ 230.00%13.00%13.00%073
1200m 16- 12- 16-125/1699.50%16.60%26.00%5978
1300m  4-  2-  0-  6/ 1233.30%50.00%50.00%280145
1400m 18-  8- 15-116/15711.50%16.60%26.10%8261
1600m 12-  7- 10- 31/ 6020.00%31.70%48.30%95150
1700m  7- 16-  5- 49/ 779.10%29.90%36.40%8986
1800m 14- 16- 17- 87/13410.40%22.40%35.10%117111
1900m  1-  0-  1-  4/  616.70%16.70%33.30%2145
2100m  1-  0-  0-  3/  425.00%25.00%25.00%1310280
2400m  0-  0-  0-  1/  10.00%0.00%0.00%00

短距離のイメージが強いですが、回収率が高いのはマイル以上。

1600mは東京のみですが、とんでもない好成績ですね。

馬場状態別

馬場状態着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
ダ・ 良 46- 29- 43-269/38711.90%19.40%30.50%10191
ダ・稍重 18- 23- 15-113/16910.70%24.30%33.10%9288
ダ・ 重 12- 14-  5- 53/ 8414.30%31.00%36.90%8286
ダ・不良  1-  2-  3- 27/ 333.00%9.10%18.20%2098

馬場が軽くなるほど成績が下降しています。

重馬場の好走率が最も高いですが、回収率が今一つ(十分ですが)なのは人気馬しか走っていないからです。

コース別(ダート)

15回以上の出走回数があるコースで、複勝回収率が高い10コースです。

コース着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
函館・ダ1700 2- 5- 3- 5/1513.30%46.70%66.70%328178
中山・ダ1800 3- 7- 5-19/348.80%29.40%44.10%320171
東京・ダ160012- 7-10-31/6020.00%31.70%48.30%95150
阪神・ダ1800 4- 3- 4-17/2814.30%25.00%39.30%50122
新潟・ダ1200 0- 2- 2-18/220.00%9.10%18.20%0114
京都・ダ1800 3- 2- 5-19/2910.30%17.20%34.50%41100
中京・ダ1200 0- 1- 1-13/150.00%6.70%13.30%096
阪神・ダ1200 4- 2- 6-18/3013.30%20.00%40.00%12986
京都・ダ1400 7- 3- 6-32/4814.60%20.80%33.30%12477
新潟・ダ1800 2- 1- 1-15/1910.50%15.80%21.10%9576

上位コースの相性の良さは異常ですね。

今後も同じようにいくかは分かりませんが、このコースへ出走してきたらチェックが必要です。

11位以降は下記をタップしてご覧ください。

【11位以降を見る】

母父小系統別(ダート)

出走回数が10回以上ある母父の小系統で、複勝回収率が高い小系統です。

母父馬着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
フォーティナイナー 4- 3- 8-25/4010.00%17.50%37.50%209172
レッドゴッド 0- 0- 3- 8/110.00%0.00%27.30%0170
グレイソヴリン 3- 1- 1- 6/1127.30%36.40%45.50%337155
サンデーサイレンス 9- 5- 6-17/3724.30%37.80%54.10%117145
ミスプロ 9- 5- 7-36/5715.80%24.60%36.80%121127
ヘイロー 6- 1- 2-24/3318.20%21.20%27.30%138118
ニジンスキー 1- 3- 4-10/185.60%22.20%44.40%16102
ダンチヒ 2- 6- 4-27/395.10%20.50%30.80%1893
ロベルト 8- 9- 5-30/5215.40%32.70%42.30%11591
ノーザンダンサー 4- 1- 0-10/1526.70%33.30%33.30%22773

色々なタイプがいますが、米国型ノーザンダンサーがランクインしていないですね。

ヘニーヒューズ自身が米国型ノーザンダンサー系(ストームバード系)なので、配合自体少ないというのもありますが。

ミスプロの血を持つ馬との配合は抜群に良いので、見付けたら積極的に狙いたい。

11位以降は下記をタップしてご覧ください。

【11位以降を見る】

前走距離別

前走距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
同距離 30- 29- 27-197/28310.60%20.80%30.40%5269
±200以内 60- 53- 51-341/50511.90%22.40%32.50%6581
±400以内 68- 56- 58-396/57811.80%21.50%31.50%8386
±600以内 69- 58- 59-409/59511.60%21.30%31.30%8285
今回延長 17- 17- 17-111/16210.50%21.00%31.50%135103
今回短縮 22- 12- 15-103/15214.50%22.40%32.20%8194
500m以上延長  0-  1-  1-  5/  70.00%14.30%28.60%052
500m以上短縮  1-  1-  0-  5/  714.30%28.60%28.60%142105

延長・短縮どちらでも、距離変更で刺激のあるほうが激走しやすいようです。

同距離ではとくに前走好走した馬の期待値が低く、5~9着のほどほどに負けた馬の巻き返しのほうが期待できます。

前走着順別

ヘニーヒューズで覚えておきたいのが、前走の成績による今回の期待度。

前確定着順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走1着  9-  5-  8- 52/ 7412.20%18.90%29.70%6270
前走2着 12- 12-  7- 35/ 6618.20%36.40%47.00%4666
前走3着 11- 12-  6- 40/ 6915.90%33.30%42.00%5670
前走4着  6-  5-  8- 30/ 4912.20%22.40%38.80%4275
前走5着  9-  5-  7- 38/ 5915.30%23.70%35.60%176108
前走6~9着 11- 12- 14-114/1517.30%15.20%24.50%73103
前走10着~  9-  6-  9- 98/1227.40%12.30%19.70%11184

ご覧のように、前走好走した馬よりも、5着以下に敗れた馬のほうが圧倒的に狙えます。

言い換えると、ヘニーヒューズ産駒は反動が出やすいということで、休み明けは得意ですが、そこで好走した馬の次走は疑ってかかるほうが良いでしょう。

まとめ

サウスヴィグラスに代わる新たなダートのメイン種牡馬となりうるヘニーヒューズですが、サウスヴィグラス同様にただ買い続けるだけでも高い期待値があります。

マイル~中距離では人気になりづらいのか、回収率がとても高く、今後も引き続き狙っていきたいところですね。

前走で好走した馬の次走は疑い、前走で走らなかった馬の巻き返しを狙う。キャリアを重ねている馬よりも、キャリアは浅いほうが良いです。

ここで紹介したデータは2019年だけのものなので、サンプル数としては足りているとは言い切れません。しかし、直近の傾向が馬券に活きるのもまた事実なので、予想の一押しになるようであれば幸いです。

なお、ここでは単勝100倍以下の馬のみを抽出しているので、他のサイト等で掲載されている回収率よりも全体的に高くなっていることには注意してください。

単勝100倍以上には、まったく勝負にならない馬も含まれたり、1頭の激走で回収率が大きく変わることもあるため、データとして分かりづらくなります。

また、最初にも言いましたが、今後の成績を保証するものではないことをご理解のうえ、参考にしていただければと思います。

コメント